初めての性格分析はこちらから👇

【MBTI】ENFJ型(主人公タイプ)の7の特徴

ENFJタイプは自らの行動力と、周りを広く見て強い人間関係を構築できる力を持っているので、主人公タイプと言われています。情に厚く、そして目的にも計画的で、着実に事をなしていくタイプと言えるでしょう。

ENFJタイプが職場にいた場合には、積極的に仕組みづくりに参加したり、新しいことを取り入れたりとどんどん自分から仕事をこなしてくれます。そんなENFJへの周りのみんなの評価は、厚い信頼を獲得していることでしょう。

どんなMBTIのパーソナリティータイプにも、4つの心理機能があります。
そのような4つの心理機能は、情報を取り入れたり判断したりするために使用します。
思考(N)と感覚(S)は情報を認知する時に使用しますが、一方で感情(F)と論理(T)は情報を処理する時に使用します。

心理機能には色々と説がありますが、最も得意な心理機能から順に並べられます。
ENFJ型は、Fe Ni Se Tiと言う順に心理機能を使います。
ここで出てくるアルファベットは心理機能と呼ばれ、どのように情報を処理するかを意味しています。
アルファベットの順番には意味があり、左にあるほど得意であり、右にあるほど不得意と言われています。

【MBTI】MBTIとは?

【MBTI】ユングのタイプ論について

ENFJは人に影響力を持つことができる

ENFJの最も大きな特徴は外向的感情(Fe)です。この外向的感情は、他者を巻き込んだり、他者の気持ちをうまく汲み取ったりと、他者に対する共感性の心理機能です。ENFJは俯瞰的の人間関係を客観視することができることから、上手く人間関係を構築することができ、そして、信頼を獲得することができます。

ENFJはアーティストのようなカリスマ性もあることも重なって、魅了される人も多いでしょう。理屈じゃなく、共感を生み出すタイプと言えるでしょう。

ENFJは達成者でもある

ENFJの人望の厚さや、人間関係構築能力が優れていることは話しましたが、その裏側で、しっかりと仕事を着々とこなしていくような達成者としての特徴もあります。これはENFJは第三機能に外向的感覚を持っていることと、第二機能に内向的直観を持っていることが起因していると言えるでしょう。

内向的直観とは、漠然とした中でもゴールを明確に定めることができるような能力であり、1つのことを確実に達成する為には必要な資質と言えるでしょう。そして、外向的感覚は地震では苦手な感覚こそあるものの、よく使っている機能であり、それも相まって、初動が早いことがENFJの特徴です。総じて、実行力も兼ね備えており、計画的なタイプと言えます。

ENFJは必ずしも利他的ではない

ENFJは達成者であり、確実に物事を成し遂げようと挑戦し、努力することができます。その一方で、ENTJタイプのように効率性を重要視することで、仲間を切り捨てたりすることができないような側面があります。ENFJが最も大事にするのは人と人のつながりであり、効率性ではないのです。

その為、ENFJは達成者ではあるものの、効率や利他を追求することは必ずしもするわけではないということになります。

ENFJは複雑な思考をすることは苦手

ENFJは考えることよりまず計画し行動するタイプと言えますが、複雑な物事を考えることは苦手な傾向にあります。これは劣勢機能が内向的思考(Ti)であり、当たり前のことを疑ったり、答えそのものを疑うように、想像力には欠けてしまうことが多いです。

ENFJが好きなタイプ

  • 人と人に思いを持っている
  • 批判しないで暖かく見守ってくれる人
  • 話を最後まで聞いてくれるタイプ
  • 嘘をつかず、誠実であること

ENFJの長所

  • 人を巻き込むリーダーシップ
  • 最後までやりきる実行力
  • 主体性のある社会適合力
  • 人一倍ある思いやり
  • 共感を生み出すようなカリスマ性
  • 人々に調和を生み出す

ENFJ短所

  • 繊細で批判に弱い
  • 想像力に欠けることが多い
  • 人のことを考えすぎる傾向がある