MBTI

【16タイプの性格別】自分の中にある汚い部分について

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

誰しも自分の心の中を全てさらけ出すのではなく、内面に留めておきたい人もいます。
俗物的な考えを持ってもこの面を人に見せようとはしない人もいます。
では個性別に汚れた考えについてどういった考えを持つかを紹介しましょう。

INFJ

INFJの性格は多面的で、殆どは表面に現れますが内面的には驚くほど想像力に満ち溢れています。
INFJは汚い心を持っていますが彼らはいつも内面にある汚れた考えを外に表現するわけではありません。
身近な人に対しては内面の殻を破って、暗く汚い考えを表面に出すかもしれません。

ENFJ

ENFJは社会において適切なものを確実に見分ける力があります。
このタイプの人は、周りの人に間違った道を選択させないためにユーモアを持って物事に挑みます。
彼らは周囲を観察して、他の人がどのような反応示すかを把握することができます。
このタイプは豊かな想像力を持っているため、ユーモアのセンスや想像力が俗物的な発想につながることも多いでしょう。

INFP

INFPは、驚くほど豊かな心を持っており想像力とアイディアに満ち溢れています。
豊かな心を持っているという事は、汚い一面を持つと言う意味もあります。
INFPは甘く、のめり込みやすい外面と暗くて倒錯的な内面を持つことがあります。
INFPは内向的な人々のため、全ての物事を把握できている事を好む傾向があります。
心を許せる相手を見つければ、このタイプの人は心の中の歪んだ感情を見せて共有するでしょう。
INFPは一般的には善良で優しい人であるため、そういった彼らの意外な負の側面は彼ら自身を魅力的に見せるでしょう。

ENFP

ENFPは特に想像力が豊かで情熱的な人が多いため、内面に汚い心を持つことが多いでしょう。
彼らはユーモアのセンスがあり、笑うことが大好きであるため、彼ら自身の内面の汚い部分をユーモアにに取り入れることもあるでしょう。
ENFPの周囲の人は彼らのこういった一面を評価して楽しんでいます。
このタイプの人たちは他の人が思いつかないような汚いジョークを思いつきます。
ENFPは情熱的な人のため、汚い側面を出すことで心の中の汚れを解き放っているのです。

INTJ

INTJが汚い心を持っているかどうかは二分割されます。
一部のINTJは性的な発想は幼く、無意味であると考えるでしょう。
それとは別に、積極的にリビドーを満たすINTJもいます。彼らは身体との繋がりを感じた時に自分の想像力を追求するでしょう。
このタイプの人の内面はとても豊かですが、その全てを外に出すとは限りません。

ENTJ

ENTJはユーモアのセンスがあり人を喜ばせるために汚れ役になることもあるでしょう。
彼らは、仕事については熱心な働き者ですが、同時に遊ぶことにも一生懸命です。
彼らの汚れた一面をを出したジョークは周囲を笑わせることには優れているかもしれません。
ENTJは実際に行動して考えるため、内向的な人よりも汚れた一面を広げることを探求することができるのです。

INTP

INTPはとても外交的な人で、新しいアイディアや可能性を追求することを好みます。
彼らは優れた想像力を持ち、また内面にも豊かな一面を持っていますが、それを外出したり、下世話な冗談を披露することは少ないでしょう。
INTPは心を許すことができる相手に限りこの内面を見せるため、とても素敵なパートナーとなるかもしれません。
彼らは汚い一面を持っているかもしれませんが、それを内面に留めておくことが多いでしょう。

ENTP

ENTPは汚い一面を持ち、それを隠すことはしません。
彼らは正しい冗談の言い方を知っており、実際に下世話な冗談を言うことでカリスマ性を持っています。
彼らは常に新しい可能性を探求するのでそれが性生活に反映されることもあります。
彼らの心は想像力と豊かな思考で満たされています。

ISTJ

ISTJは非常に控えめな人が多く、物事を達成するために集中することを好みます。
彼らにとって納得のできる環境でない限り、彼らは汚い考えを外に出す事はないでしょう。
彼らは自らの考えを心の中に秘めており、周囲の人に邪魔されることも好みません。
INTJは周囲の人が思っている以上に心の中に汚い考えを持つこともありますが外に出す事はしないでしょう。

ESTJ

ESTJは、周囲の人を笑顔にすることを好みます。
彼らは外交的でその場を指揮するのを得意とします。
ESTJは状況をよく見て、相手を非常に不快にさせる場合には不適切なことを言うのを控えるでしょう。
このタイプの人は「大切な人」の要求に応えるのを好むため、汚れた考えを心の片隅においておくこともあります。

ISFJ

ISTJは汚れた考えを外に出すことも内に秘めていることも両方できるタイプの人です。
彼らは控えめで、適切な行動をとり家族や周囲の人の要求に応えるために気遣うことに努めます。
彼らは適切なリビドーを持っていますが、もし彼ら自身が「より大切」だと思うことがあった場合には、そちらを優先するでしょう。
ISFJの性格は裏表があり、側から見ると内向的見られますが、親しい人には自身の内面を現すかもしれません。

ESFJ

ESFJは周囲の環境に合わせて控えめです。
しかしESFJの人生の中で彼ら自身を受け入れる人が人生に現れれば、彼らは笑いを得るために下世話な冗談を言うこともあるでしょう。
このタイプの人は、自分の「大切な人」とつながりを持つため健康的な性的欲求を持ちます。
彼らは自分を深く気にかけてくれる人がいれば、自らの内面をさらけ出すかもしれません。

ISTP

ISTPは自らを倫理的だと考えているため、他人の目を気にしません。
彼らは自我が独立しており、自身の望むものが何なのかをよく知っています。
このタイプの人は、内面を常にオープンにしているわけではありませんが、誰かと深くつながりを持つときには内面を出すこともあるでしょう。

ESTP

ESTPは汚れ役として最適で、進んで性的な冗談をいう傾向にあります。
このタイプの人は健康的に性的欲求をオープンにし、新しいことをしようとする傾向にあります。
彼らは自分の中でのみ汚れた気持ちで満たすのではなく、そのような欲求を周囲の人に積極的に表現するでしょう。

ISFP

ISFPには人の内面がどれほど汚れているかを知らされることがあります。
彼らは一見落ち着いて見えますが、内面的には驚くほど刺激に満ち溢れた考えを持っています。
彼らは自分の目の前の世界の美しさに視覚的に浸ることがありますが、その中には性的な目で見ることも入っています。
ISFPが視覚から入るタイプだという点は、彼らが性的な欲求に繋がる思考を持つことに強く関わります。
彼らは信頼のおける人以外に自分の内面の汚れた部分を見せることには慎重になるのもその要因があるからでしょう。

ESFP

ESFPは、他の人が彼らを評価するほど汚れた心を持っているわけではありません。
このタイプの人は人を笑わせるのを楽しむため俗物的な冗談を言うでしょうが、最終的には自分自身が楽しみたいことのために行動します。
彼らは自分の内面を見せ、前向きであることを自己表現するのです。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。