MBTI

ESFPと他タイプの相性や人間関係

ESFPの人間関係

ESFPは思いやりがあり、活動的で、趣味も仕事も楽しんでいるようんタイプです。ESFPは特に将来的な目標を立てることで、生きているタイプというよりも、「今」を真剣に生きるタイプです。そのため、仕事だけではなく、趣味にも没頭していることも多く、出世欲がないこともあるでしょう。

何より、楽しいことを誰よりも追求しているタイプと言えるでしょう。ESFPは周りの人と他愛もないことを雑談することを好んでおり、周りの人が何を望んでいるのか、周りの人がどのような感情を抱いているかに敏感です。そのため、ESFPは実用的な問題に直面したとき、人間関係の問題の解決には優れています。一方で、衝突や対立を嫌う点も目立つでしょう。

友達や恋人としてのESFP

ESFPが恋人や友達の関係にある場合には、友好的で親しみやすく、共に笑い共に泣くことができる愛情深いタイプであることでしょう。ESFPは友達や恋人のことを喜ばせたいという気持ちから、行動を取るために、楽しく協調性のある関係性を作ることができます。ESFPは家族を大切に思っており、まず第一に恋人や家族、友達との付き合いを優先するタイプです。

ESFPは問題が起こった際にも、衝突や対立は避けたいと考えており、不快感のある議論はすぐにやめてしまいたいと考えています。その為、何かしら困難な問題を解決するよりも、周りのサポートを行ったりする立場につくことも多いでしょう。

ESFPは周りの人たち、友達や恋人を大切にしようとしている反面で、刺激を求めているところがあります。ミーハーなところもあり、活動的で、ときには責任を逃れようとすることもあるでしょう。自発的で、型にはまりたくないタイプです。

ESFPは恋人や友達と、楽しく生きることをとことん追求したいと考えているので、そういった価値観に寛容的であり、愛情深さを持っている友達や恋人を求めていることでしょう。

両親としてのESFP

ESFPが両親になった場合には、ESFPの親は特に愛情深く、そして楽しいことを子供にも一緒にさせることでしょう。ESFPが親である場合には楽しい家庭の時間を作ることができるでしょう。そして、ESFPは家族が何を求めているのか、にも敏感であるためにそういった子供や家族のニーズにも答えることでしょう。

しかし、ESFPは理屈では説明できないタイプであり、本人も真剣に物事を考えることは苦手であることが多いです。ESFPが親である場合には、子供にも楽しいことや刺激的な環境を提供するでしょう。

ESFPと他のタイプの相性

ESFPと相性のいいタイプ

ESFPと最も相性の良いタイプは、ESFP、ISFP、ENTJ、INTJの4タイプになります。

これらの4タイプは、根本の価値観や思想が似ています。そのために、導かれる結論や最終的な結果が似ている傾向にあるでしょう。そういった近い世界観からこれらの4タイプは特に親密になる可能性が高いと言えます。特にESFPにとって、ESFPやISFPは思考や行動から親近感を感じることから、早く共通点を見つけることができるでしょう。

一方で、ESFPと対照的に思えるENTJやINTJは情報の受け取り方や、情報の使い方が異なるので、対立関係にあるかと思えるでしょう。しかし、根本的に帰結する先が一致することから、距離を近づけることができれば、一気に親密な関係へと導かれることでしょう。

ESFPと場合による関係のタイプ

ESFPと場合による関係のタイプは、ESTP、ISTP、ENFJ、INFJの4タイプになります。

これらの4タイプは、根本的な価値観が似ていることが多いです。そのため、近づきやすさはあるでしょう。しかし、少しだけ価値観が異なる部分を持っており、長く居ると疲れてしまうタイプであるかもしれないでしょう。

異なる部分から衝突を起こす可能性があるタイプで、一見距離を近づけることが容易に感じるかもしれませんが、異なる価値観をどう捉えるかがポイントになってくることでしょう。

ESFPと補完関係

ESFPと補完関係にあるタイプは、ENFP、INFP、ESTJ、ISTJの4タイプになります。

これらの4タイプは、自身の価値観や哲学的立場と対極的な立場でしょう。そのために、距離を感じていたり、対立していることもしばしばあるでしょう。一方で、近い点もあります。ESFPは自身を主観的に考えますが、これらの4タイプも同様に自身の立場を主観的に考えます。

近い共通点を持ちながら、対極的な立場を取っているタイプのために、自身の価値観を広げてくれる素敵な関係にもなるでしょう。

ESFPと対立的な関係

ESFPと対立関係にあるタイプは、INTP、ENTP、ESFJ、ISFJの4タイプになります。

これらの4タイプは、自身の価値観や考え方、思想が正反対であり、対立や衝突が起こる可能性の高いタイプです。正反対の価値観ともいえるこれらのタイプは、どこを取っても理解しにくさを感じるでしょう。その分、学ぶことが多いタイプであり、豊かな価値観を形成する上では大切なタイプになってくるでしょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。