MBTI

【MBTI】各性格タイプは職場でどのように評価されるか P型編

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

私達は職場では皆、違った振る舞いをしますが、十分に評価されていないように感じることがあります。ここからは、各人格タイプが仕事環境でどのように評価されているかを示します。

INFP

INFP型の人々は、とても厳しく管理された職場では評価されるのに苦労するかも知れません。INFP型の人々が本当の才能を発揮することができないと、彼らは自分達の環境に挫折感を味わうかも知れません。彼らは知的な人々ですが、空想するくせがあります。もし、INFP型の人々の仕事が自分達の感情的な要求を満たさないと、彼らは構造的環境に合わせるのに苦労するかも知れません。このことで、人々は職場でINFP型の人々を軽く見過ぎて、過小評価するでしょう。

ENFP

ENFP型の人々は通常、仕事環境で非常に評価されています。彼らは超人的な人々で、時々しばしば上長や同僚からさえも好意を受けます。ENFP型の人々が他人と仲良くなるための生まれつきの能力は、職歴において本当に助けになります。もし、彼らが自分達の技量を披露する仕事に就いているなら、周りの人々を感動させることが明らかになるでしょう。彼らは、あちこちで些細なミスを犯すかも知れませんが、それは彼らが別のより興味深いことに気をそらしているからです。ENFP型の人々の適応能力は、彼らが仕事環境で成功するのを助けるでしょう。

INTP

INTP型の人々は、職場でいつも評価されるとは限りません。特に、上長に押さえつけられていると感じていれば。INTP型の人々は、多くの知的自由と新しいアイデアを探求する機会を要求しています。もし、彼らが窮屈に感じると、彼らはできる限りのことをせずに、それほど迅速には作業を果たさないかも知れません。INTP型の人々は、自分より賢い人の命令に従うのにしばしば苦労します。これは職場で問題になる可能性があります。INTP型の人々は、彼らの創造的な才能と将来を分析する能力を十分に理解される所での仕事を見つけた場合に評価されます。もし、彼らが堅苦しい職場や厳格な職場にいると、適切に評価されません。

ENTP

ENTP型の人々は、しばしば職場でとても良く評価されます。彼らが十分に長く続けられれば。彼らはとても熟練した存在ですが、また極めて超人的な存在でもあります。人々は彼らの存在と知性を嬉しく思い、このことは、しばしばENTP型の人々が逃げるのを大いに助けます。もし、ENTP型の人々が生まれつき得意な仕事に就いていれば、彼らは自分の技量を周囲の全ての人に披露することに興奮を感じるでしょう。ENTP型の人々の唯一の苦労は、かなり容易に圧迫されることです。彼らは、別の職業に移っても、そこで多分同様に良く評価されるでしょう。

ISTP

ISTP型の人々は、自分達の能力について自慢することなく、自分達の技量が評判になるのを好みます。もし、彼らが自分の能力をたやすく強調する仕事に就いていれば、確実に彼らは職場で評価されるようになるでしょう。彼らは多くの自由と場所を必要とします、そして、もしこれを許されるならば、彼らは輝くでしょう。堅苦しい上長を持つことはISTP型の人々にとって困難なことかも知れませんが、こだわりのない他人には容易に好かれます。

ESTP

ESTP型の人々は、しばしば職場でとても良く評価されます。特に、彼らを成功に押し上げる仕事に就いている時は。ESTP型の人々は成功することを楽しみ、そうしなければならない時に一生懸命働く方法を知っています。彼らの気力と超人性は、彼らを職場でとても楽しい存在にします。彼らの上長は度々最高の成果を見るだけで、彼らの仕事ぶりをとても倫理にかなったものとして評価するでしょう。

ISFP

ISFP型の人々は、ただ発言しないという理由だけで、仕事環境で過小評価されることがしばしばくあります。ISFP型の人々は他人々の仕事をしているかも知れませんが、彼らは最初にこのことを明らかにするのを恐れています。しかし、やがて、このことがISFP型の人々をイライラさせる可能性があり、彼らはこの欲求不満を全部片づけざるを得ないことに気づくでしょう。彼らは自分の技量を輝かせ、休息するのに十分な余地を与えられる場所にいる必要があります。

ESFP

ESFP型の人々は、自分の技量を披露できる仕事環境で最善を尽くします。もし、ESFP型の人々が幸せに感じられない環境にいると、彼らはもがくでしょう。一方、もし、ESFP型の人々が快適だと感じれば、彼らはしばしば仕事環境でとても評価されるように見えるでしょう。彼らは友好的な人々であり、この点は度々上長や同僚よりも勝ります。他人を笑顔にしたり笑わせる能力は、大抵高く評価されます。彼らはまた、仕事環境で自分達の優れた性質として、とても重要な時にいつ真剣になるべきかということを知っています。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。