MBTI

【MBTI】16タイプごとの敵意の受け止め方

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISTJ

最も重要なのは相手に敬意を払い、払いあえる関係と考えています。
理性を持ち関係を作ることができることが大切に思っ投稿一覧ているので、人を悲しい気持ちにさせる様な人や失礼な態度の人とは、関係を築こうとしません。
感情の起伏の激しい人ではなく穏やかに過ごせる人を共に時間を共有したいと望んでいます。
敵意を持っている人が周りにいると気がついた時には、この穏やかな生活と人間関係から追い出します。
それは2度と関わりを持つことができないほどのシャットダウンとなるのです。
礼節を重んじるタイプでもあります。

ESTJ

敵意を持つ人を恐れることはありませんが、その感情の原因とその行為を意味を話し合うことを望み、心から理解し合えるように語りかけるでしょう。
他人へ攻撃する様な人を快く思っていないことはもちろん、その人の人となりをよく見ています。
人と人との関わりを大切にするので、人と人の間で起こる対立する様な状況を良い方向へ進んでいくことを望んでいるのです。
しかし、話し合いがうまくいかない時には心を決め、2度と振り向くことはないでしょう。
大切な想いは自分自身の大切なものだけに向けて生きて行くのです。

ISFJ

敬意を払うことを大切にしているこのタイプは、露骨に悪意や敵意を感じることを嫌いです。
時には、その状況をただし落ち着かせようと心を砕いて、周囲の人々と状況の改善をしようと努力します。
このタイプの人は人間関係を良いものにし、それを大切に日々を送りたいと心から願っているのです。
誰かが怒りを持っていたり感情的になってしまうと、それを落ち着かせて根本からの改善をしようと努力をします。
他人の感情にとても敏感で、環境の変化には過敏に反応するところもある様です。
互いに敬意を払い合えれば敵意などの感情は生まれないということです考えているのです。

ESFJ

敵意だけでなく、様々な人の感情にとても敏感に感じるがこのタイプの人。
もし、誰かに悪意や敵意を向けられてしまうと、とても大きなストレスになり心に大きな不安を抱えてしまいます。
思いやりがあふれているので、優しい穏やかな感情を持つ人と敵意などのストレスを感じない生活を望んでいるのです。
敵意や悪意などを感じたならば、不安やストレスを取り除くためにその関係を断ち切ることさえ選択するのです。
また、人の悪事などでも同じ様な感情を持ち、悪時には厳しく対応するでしょう。
それぞれの感情を大切にし、ストレスのない穏やかな笑顔でいられる日々を望んでいると言えます。

ISTP

敵意を向けられたなら、それに怒りさえ感じてしまうかもしれません。
人間関係の中で尊重し合うことを大切にし、自分自身もとても大切にしています。
勢いや深い考えもなく悪意や敵意を感じることがあっても、それを学び教訓の様に成長の糧になっていたはずです。
このことから歳を重ねてからは敵意や悪意に対してとても厳しい判断をしますので、残念なことに関わることや対立することもなく、すぐに離れていってしまうでしょう。
怒りの感情や敵意は人生には必要のないものと考え、自分や愛する人を守る行動が最も重要と思っているのです。
尊重し合うことで、お互いに敵意を持たずに生きて行くことができる方法だと思っているのです。

ESTP

とても魅力的で友好的なこのタイプの人は、敵意を感じることをとても嫌います。
怒りは人を悲しませ傷付けることを知っているのです。
理論的な考えを持っているこのタイプですが、この様な怒りや敵意に対しては、感情的になってしまうこともあるのです。
自分自身や大切な人がて敵意や悪意にさらされた時には、感情的になり同じ様な対応をし、議論をし、自分自身の思いを伝えます。
ネガティブな感情は人を不幸にし、どんな時でも人を幸せにしないと知っているのです。

ISFP

病的とも言えるくらい、攻撃的な敵意思っている人を嫌います。
繊細な心を持っている部分もあるので攻撃されることを嫌い、その様な行動を取る人も同じ様に距離を持ち避けて行くのです。
信頼のおける人がいることで自分の信念に自信を持ち、敵意とは一定の距離を持ち過ごすことができるのです。
敵意を持っている人からは距離を持ち、離れた場所で穏やかに暮らしたいと願っているのです。
距離を持つことで、悪意や敵意から身を守ろうとしています。

ESFP

感情が豊かなこのタイプの人は怒りや敵意対し、同じ様に怒りを感じてしまうかもしれません。
友人などからの、悪意や敵意などには感情的に答えてしまうこともあります。
また敵意を持った人との関係は良いものと思わず、自分自身を守るために距離を置くことをします。
自分自身の感情にもとても敏感で、向かい合うこともできるので、敵意や悪意といった人を傷つける感情にはより感情的になってしまうこともあります。
感情を大切にするので、悪意などの感情に対しても毅然とした対応を取るのです。
敵意にも感情豊かに反応をしてしまうのかもしれません。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。