MBTI

【MBTI】16タイプごとの集団の感じ方

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

あなたの性格タイプに基づいて人々についてどのように感じるかここに示していきます。

多くの人は集団を楽しみまず、誰もそれにイライラしている理由を自分で決めてしまいます。あなたの性格タイプに基づいて、集団についてどのように感じるかここに示します。

INFJ

INFJは大勢の人がいることを好みません。他の人の感情を読み取ったり、周りの人に敏感になってしまうことがあり、周りの人を少し不安にさせてしまうことがあります。IFNJは自らのスペースを好むので集団の中では距離感を維持することが苦手です。人とぶつかったり、他人が近くにいると感じることはストレスになることがあります。彼らは小さなグループを好み、大勢の人に対応するようなことは嫌います。

ENFJ

ENFJは集団に対応出来ますが、実際には周囲の人々に多少敏感です。ENFJは多くの場合、愛する人や親しい人のグループに属することを好み、その環境下で楽しんでいます。彼らは確かに大勢の人に対応でき、新しい状況で友達を作るのに優れています。EFNJはコンサートやイベント会場など自分の興味を示すイベントで人々と会いこれらのつながりを作ることを好みます。感情的なエネルギーを取り戻すために集団に属してから再度時間が必要になってくる場合があります。

INFP

INFPは大勢の人を嫌うことが多く、非常に多くの人と密接に近接していることが苦手です。彼ら愛する人の周りにいて何より1対1の時間を楽しみます。この理由からINFPはパーティーが好きでないことが多く、少し不快に感じるかもしれません。集団の中にいると個人の考えの中にいる人から気の散らすものがない限り、INFPが少し不安になる場合があります。集団のなかで過ごした後、再び充電して一人の時間を大切に過ごします。

ENFP

ENFPは多くの場合、短時間で集団を気にせず人々と仲良くすることを好みます。彼らはしばしば、コンサート、スポーツゲーム、またはエキサイティングなテーマパークに行くなど特定のイベントでの集団活動を楽しんでいます。ENFPが楽しめるイベントに参加している限り、周りを全く気にせず新しい友達との出会いを楽しめるかもしれません。用足しのようなストレスの多い状況下ではENFPは少しいらいらしてしまうかもしれません。

INTJ

INFJはあまり大勢がいる環境下では楽しむことが出来ずあまりにも多くの人が自分のスペースに入ると少し不快になります。彼らは他人との間に距離感がないと不安を感じます。彼らはほとんどの人、特に何も関わりのない人と密接に関係することを好みません。INTJはほとんどの場合一人でいるのを楽しむため、集団の中にいることが苦手です。IFTJが周囲の人を影響させる行動を起こす動機となるのは、彼らが本当に楽しんでいる趣味に関するイベントや集会のみです。

ENTJ

ENTJは自分自身を主張することを恐れないため普段は集団の中にいることを気にしません。彼らは時々、新しい人と騒ぎながら交流を楽しみます。EFTJは特に彼らに刺激を与え失礼な立ち振る舞いをする人を嫌い、そういう場合、結局は自分に時間を費やすか、または特定の友人のみと過ごすことになります。

INTP

INTPは間違いなく集団生活を楽しんでいません。単に、周りに人がいるのが嫌いで、彼らはしばしば1人でいることを好みます。INTPはお気に入りの趣味や集会のために群衆を動機付けすることがあります。INTPは参加しているイベントに触発されたと感じる場合、群衆の不快感に対処することが可能です。そして、その後には自分の時間を必要とし、自分自身の存在を感じるようになります。

ENTP

ENTPは、周りの人を楽しませます。それは彼らが多くのことを体験し、何でも引き受けられるからです。特にイベントや集会などではそこにいる観客を楽しませています。ENTPは自ら快適な環境から脱却すべく努力し、新しい体験を出来ることを楽しんでいます。時にこれは大勢の人でイベントに参加し、新しい人に出会うことを意味します。ENTPは人々と繋がることができ、様々な人と知り合うことができます。

ISTJ

ISTJは集団行動を一切好まず、あまりにも見知らぬ人がいると不快になる場合があります。彼らは自分のペースで物事を進め、これに他人が関わるとストレスがたまってしまいます。

集団のなかでは他人との距離感を維持するのが難しく、これによって集団行動を楽しみません。集団行動には何とか対処出来ますが、単純に楽しめないのです。彼らはそれよりむしろ、知り合いだけの小さなグループを好みます。

ESTJ

ESTJは短期間での集団は気にしませんが、長時間になると次第にいらいらしてきます。他人が遠慮なく関わってくるのを嫌い、知り合いや信頼する人の周りにいることを好みます。ESTJは効率性を重視しているため、集団の中では非効率な人間に出くわす可能性がありますが、これらの周りにいることで、彼らを本当に悩まし、最終的に自分自身の時間を必要に求めていきます。

ISFJ

ISFJは普段から他人の感情を読み取ることに長けているため、大勢の人の中だと不快感を覚えてしまいます。大集団の中にいることは時々彼らを不安にさせてしまうかもしれませんが、彼らはその感情をあまり外に出しません。ISFJは愛する人と一緒に時間を過ごし、知り合い、信頼している人とグループを構築します。集団の中に自身をなじませることは、たとえそれが短時間であっても、神経を消耗させます。

ESFJ

ESFJは社交的ですが、それと同時に見知らぬ人よりも愛する人の周りにいることを楽しみます。大勢の人といると、ESFJは他人の感情を敏感に察知できるため、それによって少し気分が悪くなってしまいます。他にも常に騒音や不安にさせる人々が周りにいることで同様な感情を与えてしまいます。おそらく彼らにエネルギーをあたえるような誰かと時間を過ごすことによってまた行動出来るようになります。

ISTP

ISTPは集団をあまり気にしませんが、しばらくするとイライラする可能性があります。彼らは単に自分ということを強く認識し、自分の時間を楽しんでいます。ISTPは特に楽しめるような機会があるのならば、集団が関わるような状況でも積極的に引き受けます。彼らは自分の快適な環境に押し込める傾向があります。

ESTP

ESTPは新しいスリルを求めています。しかし、大勢の人数が悩みの種となるようなことがあるようです。彼らは単に失礼な人と関わるのが好きではなく、最終的にはこれらの状況では短気になります。しかし、ESTPは新しい体験を楽しんでおり、あまり長く停滞していると退屈になります。新たなことに挑戦し、楽しむ機会があれば、集団に耐えることができます。

ISFP

ISFPは周囲の人間の感情に敏感であり、大勢の人がいることに不安を覚えます。ISFPは知っている人や愛する人がいるグループの中ではで機能します。そのため見知らぬ人が周りにいることはかなり苦手です。むしろ、大多数の人と交流するのではなく、信頼する人と一緒になって、楽しむことに時間を費やします。

ESFP

ESFPは多くの場合、集団を気にせずに簡単に対応できます。彼らは新しいことを体験し、新しい人との出会いを楽しんでいます。ESFPにとって、多くの人が彼らから元気を貰っており、彼らの経験に興奮しているようです。コンサートやテーマパークなど彼らを興奮させ、刺激をあたえるイベントを体験している場合、集団に対処することができるでしょう。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。