MBTI

【16タイプ】性格タイプ別、未解決の問題に対処できる人

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

とあるタイプにとって閉塞感や解決策の欠如はイライラするものであり、これら未解決の問題が状況が改善されるまで頭の中を占拠してしまう可能性があります。一方、他のタイプにとっては、すべてが解決できるわけではないことを理解しているので、未解決の問題があることはそれほどストレスではありません。性格タイプに基づいて、未解決の問題に対処する方法をみていきましょう。

INFJ

INFJは、未解決の問題が明らかに嫌いであり、これは非常にストレスになる可能性があります。未解決の問題のすべてが終えられていないときにはいつでも、不安を感じてしまいます。INFJはおそらく、未処理の仕事に対する考えを頭から追い出すのに苦労し、常に頭の中で考えてしまうでしょう。また特に、この方法で物事を未解決のままにしてしまうミスを犯したと感じる場合はなおさら、未処理の事柄や状況を無視するのに苦労します。

ENFJ

ENFJは、自分たちの生活をより整えることを好むので、未解決のままにするのは好きではありません。ENFJにとって、問題の完結は本当に価値があるので、未解決な問題を残しておくことはストレスになります。自分たちの人生において多くの責任に対応できることを確認したいので、物事を解決することはENFJが快適に感じるために必要なものなのです。なんらかの解決策がなければ、ENFJは物事の進路に不安と困難を感じるでしょう。

INFP

INFPは、未解決の状況を必ずしも好んでいるわけではなく、ストレスがかかることもあります。INFPは物事を考えすぎてしまう可能性があるので、解決されていないために頭を悩ませている何かがあれば、それは確かにINFPが思考から取り除くのに苦労しているものであるかもしれません。INFPは、状況と解決策を見つけるのに苦労していることに完全に左右されてしまいます。ただしそれが深く気にかけている問題であるならば、手放すのに苦労しますが、非常に重要であると感じないならば、ゆるい完了でも気にしません。

ENFP

ENFPが未解決の問題に完全に対処するためには、特定の状況に依存します。ENFPは、未解決の問題、特に個人的に力を入れていないものは気にしないでいることができます。特に、すべてが平和的な結論に到達できるわけではないこと、それほど重要ではない、または制御できない問題について理解しています。ENFPが何かを深く気にかけるとき、終わりがないことに苦労するかもしれませんが、通常、これを乗り越えて、価値ある気晴らしを発見しようと最善を尽くすことができます。

INTJ

INTJは、単に大目に見ることのみによって未解決の問題を実際に処理するのではなく、これを修正する方法を見つけたいと考えています。INTJに未解決の問題があると、イライラして神経質になるだけでなく、とりあえずやって先に進むことはほとんどありません。INTJにとって、自分が始めたものをすべて仕上げることに集中すること、そして人生で最も重要なものの答えを得る方法を見つけることは重要なのです。INTJは何かが適切に解決されていないときに問題解決に最善を尽くし、さらに修正することにも最善を尽くします。

ENTJ

ENTJは物事を未解決のままにするのが嫌いで、代わりに物事を成し遂げるために一生懸命働こうとしています。ENTJは、特定の状況に問題があるとわかった場合、問題解決に懸命に取り組み、この状況が修正されていることを確認します。ENTJは解決が重要であると信じており、特定の未解決の問題がある場合、単にこの方法で処理を続行し、そのままにするのではなく、調整するために必要なことを行います。

INTP

INTPはすべてをすぐに解決する必要はありませんが、最終的には決着をつける必要があると考えています。INTPはすぐにすべてを終える必要を感じることなく特定のプロジェクトを始める傾向があります。INTPはさまざまなことを開始することができ、瞬時に解決する必要性を実際には感じてはいません。INTPは人生の中で最も重要なことへの解決策を見つけるために最善を尽くしますが、すべての物事がこのカテゴリーに当てはまるわけではないのです。一部のプロジェクトや物事については、INTPは本当に解決を必要とせず、また物事にかかりきりにならずに、より快適に感じることができるでしょう。

ENTP

ENTPは、人生の中ですべてを完全に解決する必要はなく、特に、重要度の低いものは必要ないと考えています。ENTPは気が散りやすいので、しばしばすぐに完成することができなくてもプロジェクトを始めてしまいます。ENTPは、人生や選択の自由度を高めたいと考えているため、すべてを完結することは必ずしも主な目標ではありません。ENTPは、特定の事柄、特に人生の中で適切な人間関係を持っていることを保証することに関しては、解決が必要であると信じています。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。