MBTI

ISTPのリーダーの特徴とは?上司になったISTPのリーダーシップについて

ISTPのリーダーは、一見物静かに見えますが、最小限の努力で可能な限り最も大きな効果を得るように物事を成し遂げようと行動に移すリーダーでしょう。ISTPのリーダーは親しみやすく、状況の判断や方法論に柔軟であり、常に目の前の問題や状況に対応しようと思考を張り巡らせていることでしょう。

ISTPのリーダーは非常に機知に富んでいます。現実を深く理解しており、どのような方法論を取ることで、最大限の効果を得ることができるのか理解していることでしょう。

ISTPのリーダーの特徴

ISTPのリーダーシップ

ISTPは一般的には未来や過去を意識することではなく、現在を強く意識して生きているタイプです。ISTPは自分たちの価値観や信念をいかなる状況にも、強制しようとはしないことでしょう。むしろ、ISTPは現実をそのまま受け入れ、それに適応することでしょう。

ISTPはまた、人から・そして仕事から拘束されることを好まず、誰かがISTPのやり方や人間関係を拘束しようとすると、強く抵抗することでしょう。これは例えば会社の中で、必要な場合でも同様のことが起こることでしょう。

同様に、ISTPは長期的な目標を立てるために、自分の「今」の喜びを犠牲にすることは難しいかもしれません。ISTPにとって、将来の利益のために今日の楽しみを犠牲にするという考えは、ISTPにとってありえない考え方でしょう。手を使ってコツコツと目の前にあるタスクを処理することが、ISTPが成功するポイントでしょう。ISTPは目標を持っていなかったとしても成果を残すことでしょう

ISTPのビジョン設計

組織の方向性を議論したり、設定する際には、ISTPのリーダーは柔軟で適応力があることでしょう。ISTPは現在の状況についての、熱心に観察し、現状に基づいてどのように前進するべきかについて決めることができ、ISTPは状況が変化するに応じて常に自身の方向性を変えることでしょう。

しかし、ISTPは長期的な目標を設定したり、チームに対して大きなビジョンを投げかけることが得意ではありません。ISTPにとっては、問題の根本になっている核を解決することは得意ではなく、すぐさまに問題を解決しようとします。また、ISTPは絶えず変化するタイプであり、ある程度の確実性や安定性を望むメンバーは、ISTPのリーダーに対して不安を感じることがあるでしょう。

ISTPとチームのつながり

ISTPのリーダーは、民主的な方法で舵を取り、カジュアルな雰囲気のリーダーシップを取ります。ISTPは新しい提案やアイデアを柔軟に受け入れているタイプなので、とても親しみやすいリーダーでしょう。したがって、ISTPは一般的には、思考・アイデアなどが自由に共有される仕事環境の雰囲気を作り出すことができるでしょう。 

しかし、ISTPのリーダーは、仕事の過程で他人の気持ちや求めていることに気付かないかことも多々あるでしょう。ISTPは感情には実は鈍感なタイプです。ISTPはもし情緒的課題に気づいても、仕事のプロセスを複雑化すると分かった時には、無視し、仕事を優先することでしょう。

ISTPは内向的な性格で仕事に焦点を絞っているので、ISTPで職場で友好関係を築く必要性を感じていないことも多いでしょう。その結果、同僚やチームのメンバーはISTPのリーダーが冷酷だったり、厳しい人だと勘違いすることも多々あるでしょう。

ISTPは行動主義

ISTPは非常に行動を大切に思っている行動主義であり、実際に行動に移すこと、すぐさま話すことを好むことでしょう。ISTPのリーダーは長い会議を好まないタイプであり、リーダーとして、様々な方法を議論したり話し合うよりもすぐにタスクに取り掛かることを優先します。仕事している間に、ISTPは自身が見て観察したものに従って計画を柔軟に変更する特徴があります。

しかし、ISTPのリーダーは、仕事の中で与えられた人的・物的リソースを管理することは得意ではないタイプです。ISTPのリーダーはまずは自分が行動するタイプであり、どんどん自分で決定していきます。しかし、その決定は状況に応じて変化していくもので、チームメンバーにとっては困惑することも少なくないでしょう

ISTPのリーダーシップを育てる

ISTPがリーダーシップを育てるためのヒントは次のとおりです。

周りの人を励ますこと

周りの人たちは、ISTPの実際に行なっている方法で物事を理解していなかったり、ISTPと同様にスキルを持っていない可能性があります。そして、ISTPが所得するほどの速さで、スキルを習得していないことも多いでしょう。そのためにISTPは周りの人に期待しすぎないようにすることが大切でしょう。

そして、周りの人に対してもっと我慢強くあるべきであり、周りの人がどのように学ぶか理解し、そして周りの人が理解できる形で伝えることが大切です。その中で、気づかぬうちに相手を傷つけないように言葉を選ぶことが必要です。その代わりに積極的な励ましの言葉を相手に使うことが良いでしょう。

タスクのスケジュール管理を徹底する

タスクやプロジェクトに対して締め切りを柔軟にすることは、満足をする人も一定数いることでしょう。その一方で、タスクをスケジュール管理し、優先順位を付けることで、確実性を求めている人もいます。そのようなタイプの人にとって、約束を守らないリーダーとして映ることもありますので、設定したタスクの期限を守り、優先順位を大切にすることで、リーダーとしての信頼性を高めることができるでしょう。

戦略的思考を鍛える

ISTPの人は一度長期的視野や戦略的思考について考えてみると良いでしょう。ISTPの人が対応しているその直面している問題は最も大きな問題の症状にすぎないことが多いでしょう。虫歯を治療することが問題の解決ではなく、虫歯になる前に歯磨きをすることが根本的な問題の解決です。もしISTPの人が問題を感じるのであれば、一度根本的な問題を疑ってみると良いでしょう。例えば、業界のトレンドや人気のパターンを観察してみましょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。