MBTI

【MBTI】あなたの性格はどのように育つのか?

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

自分の人生をかえりみて、自分の間違いや行動に飽き飽きしていませんか?10代の頃、私は明日がない暮らしをして、たくさんの失敗をし、危険なことをして、反りが合わない10代の集団とうまく付き合っていこうとしました。私は孤独の中で成長しました。

神経質で、友達をたくさん作ろうとせず、自宅で学習するような子供でした。10代の頃、私はギアを切り替え、社会的に「かっこいい」ものだと思うものに自分自身を寄せていき、「自分」として偽った嘘の仮面を作りました。たぶん、あなたからすれば、私が負け犬のように見えるでしょう。そして、その思考はあなたの思い違いでもないでしょう!私はこのことについて、こうして記事にすることさえ恥ずかしくて戸惑っています。

「かっこいい」と感じるものになりたいと努力して、細いくて綺麗になるために痩せ、その時の流行の服や小物を身にまとい、友達が希望することには何でも協力していました。私は、自分が抱いている強い希望を簡単には手放すことができずにいました。

そして、それは友達をうんざりさせており、いつも私は自分がよそ者であるかのような気がしていました。私は意味ありげな10代の頃から逃げ出し、残酷な関わり合いを残し、私が何者であるか分からなくなりました。10代の頃の若い時のようにみんな誰しもが没頭するわけではないのですが、ほとんどの人は「自分は今何を感じ、考えているのでしょうか」と問いたださなければならないことがあります。

一部の人々からすれば、「気が狂っている」年齢は10代くらいであって、その他の人々からすると中年が危ないです。私はよく、人間にどんなことが起こるのか、彼らがこういった人生の階段を踏んで上っていくためにどんな変化があるか分からないと考えていました。明白に、医学的な問題や、周りの状況、緊張感や圧、体内で分泌される物質の変わり方などにたくさんの物事が関わっています。ですが、あなたの人格の型は、こういった変わり方について何か言いたいことがあるでしょうか?

あなたの年齢と認識する機能の成長

主機能と第二機能

生まれてから13歳くらいの頃まで、あなたは自分自身の抑制的な働きを成熟させることができます。この働きは、子供たちにとって一番明らかなことであり、彼らが彼ら自身の暮らしの中で最も抑制することを覚えさせるものです。あなたはこれらの補佐する働きを覗き見ることも可能ですが、それはまだ成熟していないものであり、均衡がうまくとれていません。

13歳から21歳くらいの頃まで、補佐する働きを成熟させます。この関数は、抑制的な関数を助けます。あなたが内向の性質であれば、あなた自身の補佐する働きはあなたが外部の世界で振る舞うものであり、あなたの抑制的な働きは普通よりもっと隠されているものです。
抑制的で補佐的な働きは、あなたの性格の「型」のおよそ90%を占めており、始めから終わりまで一番頼られている働きになっています。

ほとんどの人々にとって、10代の頃は何らかの物事が起こり、激動する時期になります。この時期の一部分は、あなたの脳の成長に深く関連しているのです。研究の結果によると、20代前半の頃までの成人期に、人間の脳は完全に成熟しないことが分かりました。

10代で、衝動を抑制し、事前に計画することに対して責任がある脳の働きが成熟するのは最後であることも分かりました。また、体内で分泌される物質の変わり方、人生における緊張感や圧(どの大学に行くのかを決めること、センター試験で良い得点をとること、友達や仲間と良好な関係を築くこと)があって、緊張感と混沌の温床になります。ですが、誤解しないでください。10代は、希望や夢で満ち溢れる時期です。10代であることは、浮き沈みの激しい乗り物に乗っているような気持ちになります。MBTIの型と10代になると、補佐する働き、三次的な働きや下位の働きがまだ成熟していないので、あまり均衡がうまく取れていません。

第三機能、劣等機能の働き

21歳から40代中盤まで、三次的な働きを成熟させることができます。このことが抑制的で補佐的な働きくらい力が強くなることはないと思われますが、相応しい発達をすれば、均衡を維持することができます。

40代から70代の頃まで、あなたは劣化した働きをもっと成熟させます。この関数は、抑制的または補佐的な関数と同様に使い勝手の良いものになるのはあり得ないので、いつもあなたの性格の欠点になってしまいます。ただ、相応しい訓練を積めば、かつての人生よりも単純に使うことができます。

あなたの劣化した働きが成熟している年齢に至った場合、あなたは今までに見たことがないあなた自身の新たな一面に驚愕するでしょう。頑なで理論的な思想を持つ人は、自身が保険広告を見て泣きそうになることに驚愕します。

いつも感情が出やすい方であった女性の人は、いきなり整備士または「思想家」の活動に注目して関心を持ち始めます。このことは、彼らが抑制的で補佐的な働きを見なかったことにするという意図があるわけではありませんが、全部の働きを相応しい方法で抑制し、それらを全部より良くに使うことができるようになったことを示します。抑制的で補佐的な働きは、いつもあなたの性格において、重要な使い手となりますが、現在では、あなたの三次的な劣化した働きの補助を受けて、新たな均衡を体感して享楽を味わうことができます。

課題が見つかったとき

働きを上手に発展させることに熱中しない人は、いつどの時もいるでしょう。一部の人は、その他の働きを完璧に排斥することに着目しているので、彼らの抑制的な働きにとても関心を示しています。このことが、全部の働きを使うことと話し合いをすることに尽力する一番の理由になっています。当然、あなたは自身の抑制的な働きに一番不安がなくなり、あなたが持つ大きくて強い力を利用できる活動と趣味を必ず見つけることができます。体に良く均衡の取れた生活を実際に行うために、その他の働きを見い出し、それ行う時間を少しとるようにしてください。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。