MBTI

【MBTI】16タイプ別の無知との付き合い方

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

無知というものは、確かに人々をがっかりさせ、苛立たせるものかも知れません。各々の人格タイプが無知についてどのように感じているかを以下に示します。

INFJ 型

INFJ型の人々は、確かに自分自身が無知でありたいとは決して思わず、知識を理解し吸収することを強く望んでいます。INFJ型の人々は、無知であると感じることを嫌いますが、少々の程度情報に疎いぐらいの他人にはそれほど厳しく当たることはありません。彼らは、単に人を批判することを好んではおらず、他人に対してはかなり優しく接することができます。INFJの人々は、他人を傷つけるつもりはないのですが、時々理解力や知識が不足している人々に苛立つことがあります。INFJ型の人々は、十分に理解しようとすることをただ信じており、恐怖のあまり頭を砂の中に突っ込むという考えを嫌います。

ENFJ 型

ENFJ型の人々は、実際に無知であるとは考えたくもないので、可能な限り調査して理解しようとします。彼らは、特にグループでの会話においては、十分理解できることを楽しみます。ENFJ型の人々は無知であると感じることを嫌いますが、時には情報が不足している他人をサポートしようとします。彼らは批判的に見られないように心掛け、そしてこれだけが温かく親切に見える方法です。ENFJ型の人々は、厳しく当たりたくはないのです。他人が困っている時に安全な場所を提供できることを喜びます。

INFP 型

INFP型の人々は、誰からも無知な人と見られるのを避けようとしており、調査をとても楽しみます。同時に、彼らは自分達が避けようと観察していることを批判されたり強要されたと感じたくありません。INFP型の人々は自分で選択する自由を持つのが好きで、他人が自分に科す義務をさほど気にしません。彼らは、他人がそのために彼らを下手に扱うことなく、自己の信念や思想を形成しようと努めています。また、INFP型の人々は、他人の選択を批判したくはありませんが、かなり無知の程度が進んでいるような人々に対しては随分と神経質になりがちです。

ENFP型

ENFP型の人々は、決して無知であると自覚したくないので、可能な限り学び、理解しようと努めるでしょう。ENFP型の人々は教養の高い人になりたいので、調査に多くの時間を費やします。彼らは知的で観察力の鋭い人々であり、いつも新しいものを探求して理解し、自分のものにします。一方で、情報に関心を示さないような無知な人々に苛立つことがあります。ENFP型の人々は、人を監督しようとはせず、自分自身を自由気ままな存在として自覚したいだけなのです。

INTJ型

INTJ型の人々は、無知であることを非難し、罪作りであるとすら見なします。彼らは、人々はいつも新しい知識を学び、吸収し続けるよう努力するべきだという信念を持っています。INTJ型の人々は、どんな状況でも無知だと思いたくないので、絶えず未知のものに注目し、探求しています。往々にして、他人がかなりの無知である時、INTJ型の人々は大抵彼らに知らせようとしますが、最も困るケースは、聞く耳を持たない人々がいる場合です。強情な人の無知は、彼らを最もイライラさせる種の一つなので、大抵そうした人々を見限るでしょう。

ENTJ型

ENTJ型の人々は、確かに無知を享受しておらず、決してそのように見られないように一生懸命働いています。彼らは、可能な限り自分の周囲の状況を把握しようと試み、良い教育を受けた人になるよう努力しています。ENTJ型の人々は、本当に無知な人々の周りにいる黙認者ではなく、彼らを教育するために最善を尽くそうと試みるでしょう。もし、真実を学ぼうとする人々がいないと、ENTJ型の人々は彼らに極めて苛立つるようになるでしょう。彼らは、一生懸命働いて、できる限り有能になることを信じているので、彼らにとってはよく認識することが大切なのです。

INTP型

INTP型の人々は、確かに無知を享受していないので、出来る限り多くの調査と学習に大半の時間を費やしています。INTP型の人々は、常に知識を吸収し、周囲の状況を把握しようと積極的に探究することを心掛けている知的な人々です。INTP型の人々は、わざと無知に甘んじる人々には失望させられがちですが、胸襟を開いて学ぼうとする人々のことは理解しています。彼らは、無知な人々のせいで悩まされることがよくあるので、最も多くの人々から距離を置くように心掛けています。

ENTP 型

ENTP型の人々は、絶えず自分の人生において無知を省こうと心掛けているので、絶えず調査し、学習しようと努めています。ENTP型の人々は、本当に情報を観察して理解できるように、いつも新しいことに挑みます。彼らは、しばしば新しい理解に到達するために、情報に十分熱中する方法として、新しい冒険に挑みます。ENTP型の人々は、いつも彼ら自身の限界を探り、押しのけようとしています。ENTP型の人々は、断じて完全に無知な人、特に心を開きたがらない人は全く歓迎しません。

ISTJ 型

ISTJ型の人々は、確かに無知の愛好者ではなく、出来る限り教育を受けることを望みます。彼らは、より優れた認識力を保持できるように努めており、いつも事実を確認し、理解しようと心掛けています。ISTJ型の人々は勝手に無知な人々の愛好者ではなく、彼らにはよく裏切られる恐れがあります。彼らは、物知りでありたい、また真実を探求しようとする人々に共感します。ISTJ型の人々は、時々教えを受け入れることができる人々に対して喜び、学習する人々と同じように感じたいのです。

ESTJ型

ESTJ型の人々は、無知であることを本当に受け入れておらず、自分の周りで何が起きているのかをよく知りたいと思っています。彼らは、出来る限り有能であるように努めており、機会あるごとに情報を吸収し教育を受けることを求めています。ESTJ型の人々は、出来る限り最良の方法で物事を成し遂げようと努力している本当に勤勉な人々です。ESTJ型の人々は、自分自身が無知であることを享受していませんが、全く知らないでいる他人に完全に苛立ちます。ESTJ型の人々は、特に彼らが忠告しても聞かないような人々にイライラしがちです。

ISFJ 型

ISFJ型の人々は、確かに無知であることを自覚するのを嫌っており、それは人生における大事な主題ではないのです。彼らは、愛する人々が確かに幸福になれるように一生懸命努力します。それは、彼らにとって最も大切なことです。ISFJ型の人々は、他人の無知を批判したり、軽蔑することは好まず、むしろ彼らの立場を理解し、同情すらしようとしています。彼らは、自分たちの周囲の平和が維持されるように努めており、周りの人々を皆幸せにしたいと思っています。

ESFJ型

ESFJ型の人々は、自分達の周囲の世界は調和が保たれていると認識しており、愛する人々をできる限り幸福にしようと望んでいます。彼らは、無知であることを感じることを享受しませんし、事実に対して素直に耳を傾けようとしない人々には相当苛立つことがあります。ESFJ型の人々は、無知な人々の近くにいることに楽観はしていませんが、好き好んでそうしているわけではありません。ESFJ型の人々にとって最も大切なことは、他人の幸福を保証することで、彼らは単に自分が愛する人々に尽くすために出来ることをしたいだけなのです。

ISTP 型

ISTP型の人々は、決して無知であることを受け入れようとはせず、出来る限り沢山の知識を習得するために努力しています。彼らは、自分の目前にある情報をよく把握したいと望んでいます。ISTP型の人々は、無知な人々に囲まれていると苛立ち、しばしば一人でいることを好みます。彼らは、他人に知らせることができる以上の存在ですが、ただ他人と極力接触したくないと感じる時があります。

ESTP 型

ESTP型の人々は、確かに、特に聴くことを拒む人々といると、彼らの無知に苛立ちを覚えます。ESTP型の人々は、事実と情報を吸収することを望み、学んだことを他人に伝えるように努めます。彼らが物事をよく認識していると、ESTP型の人々はやや拍子抜けするでしょう。彼らは、完全に無知で誤った情報を広めている人々を目撃すると、必ずと言ってよいほど介入して、そうならないように取り計らいます。

ISFP 型

ISFP型の人々は、他人の無知を矯正しようとはさほど強く考えていません。ISFP型の人々は、批判的な人々ではなく、自分の信念を他人に押し付けようとする人に苛立ちます。ISFP型の人々は、本当に無知であることを自覚したくはないのですが、同時に興味を持ったものは何でも自由に調べることを心掛けています。彼らは、人生において出来るだけ自分自身で選択することを心掛けており、本当に自由で元気な人々です。

ESFP 型

ESFP型の人々は、自分の知識を他人に押し付けようとしている人々をあまり気にしません。彼らは、人生における選択は自分自身が自由に行えるように心掛け、選択の中身を何でも探求しようと望んでいます。自分自身を律し、我が道を進もうとする人々は、本当にESFP型の人々を苛立たせます。彼らは、情報不足のせいで人々を愚かに感じさせることを無視できず、大抵正直になることに熱中し過ぎている人々を嫌います。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。