MBTI

【MBTI】各人格タイプにおける1対1の付き合いの重要性

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

グループでの付き合いを楽しんでいる人もいれば、1対1の付き合いを強く望んでいる人もいます。外部の要因や他人の仲介なしで誰かと知り合いになることは、本当に報われることです。他人から見ると、このタイプの親密さは少し驚くほどです。ここに、各自の人格タイプに基づいて、1対1の付き合いがいかに重要であるかを以下に示します。

INFJ型

INFJ型の人々は、実際に1対1の付き合いを強く望んでおり、グループでの付き合いよりも好みます。時たま、彼らは、1人の人に会うことに興奮することがある一方で、グループで行動する時は落胆することがあります。INFJ型の人々はあまりにも多くの社会的な付き合いに流されるかも知れませんが、1対1の付き合いについては異なった感情を抱きます。誰かとただ話し、物事を共有できることが、とりわけその人が自分の魂と本当に結び付いていれば、確かに報われることがあります。INFJ型の人々は、友人としても他人としてもお互いに両立できれば、本当にそういう人物を見つけ出し、明らかにするための時間を惜しみません。

ENFJ 型

ENFJ型の人々はグループに参加して社会的な付き合いに飛び入ることを楽しんでいますが、そこで本当に報われるとは感じません。彼らは確かに1対1の付き合いを大事にし、本当に誰かと知り合いになるこの時を愛しています。ENFJ型の人々は、グループでの付き合いは、完全に人を理解し結び付くことが難しいことを悟り、それで、彼らにとっては1対1で付き合う時の方が価値があるのです。ENFJ型の人々の場合、両タイプの社会での付き合いが楽しい場合がありますが、1対1の付き合いだけが本当に意欲や満足感を覚えます。

INFP型

INFP型の人々は、確かに大規模なグループでの付き合いを嫌い、1対1の付き合いに本当に満足感を覚えます。彼らは結び付きを特に望み、より深いレベルで人々と知り合いになりたいと思っています。INFP型の人々にとって、このレベルの親密さによって、彼らが人を理解し動かすことを知ることができます。INFP型の人々は、グループでの付き合いは、しばしば会話に深みを欠いてしまいます。特に、彼らが自分をさらけ出し、他人と知り合いになろうとする時は、1対1の付き合いを楽しみます。

ENFP 型

ENFP型の人々は、本当にグループでの付き合いを気にしませんが、それは短い間だけです。彼らは新しい人と出会うのを楽しみ、そのタイプの付き合いを時々懇願しています。ENFP型の人々は様々な付き合い方を体験したいと思っていますが、彼らにとっては1対1の付き合いが最も報われます。彼らは、特にその人との結び付きを感じる時、誰かが心から彼らに関心を寄せているように感じるのが好きです。ENFP型の人々は誰かと知り合いになりたいと願っています。そして彼らにとって1対1の付き合いが本当に価値があるのです。

INTJ 型

INTJ型の人々は、確かにあまり社会的な関わりを望みません。特にそれが、より大きなグループになる時は。彼らは、出来るだけ一人でいることを好み、自分自身のために多くの時間を割くことを楽しみます。INTJ型の人々は通常、より大きなグループでの付き合いはさほど望まず、信頼できる1対1の対人関係に満足を感じます。彼らにとっては、より1対1の付き合いで人と知り合うことが重要なので、その人が誰であるかが大事になります。INTJ型の人々は、彼らが結び付きを感じられる人と一緒にいれば、1対1の付き合いで真に満足を得られます。

ENTJ 型

ENTJ型の人々は、しばしば、グループの貴重なメンバーとして感じられる社会人です。彼らは、少数の人々が参加する社会的な付き合いは好きですが、一方で彼らは1対1の付き合いを避けてはいません。ENTJ型の人々は、実際に相手をより信頼する前に、より深いレベルで知り合いになることを尊重します。彼らは、相手が信頼できるか確かめたいと思っており、相手をより良く知るためにしばしば1対1の多くの会話を求めます。

INTP型

INTP型の人々は、しばしば1対1の付き合いに惹き付けられますが、同時にその親密さは時々他人を少し驚かせます。これは、彼らが心から望んでいることですが、同時にこれらの状況で避難されやすいことを心配しがちです。INTP型の人々は、特に結びつきを感じている人とは確かに1対1の付き合いを好みます。これには、満足もすれば、少し失望もするかも知れませんが、それは彼らが探求しているものでもあります。

ENTP 型

ENTP型の人々は、グループでの付き合いに反対はせず、実際に新しい人々と知り合えることを楽しみます。彼らは、社会的活力に関わることに興奮しますが、同時に1対1の付き合いも同様に楽しみます。ENTP型の人々にとって、それは、実際に付き合いに集中するために時間をかける価値があるかどうか、その人如何に依ります。彼らが興味を持った人に会う時、その付き合いに集中し、時間をかけて楽しむことができます。

ISTJ型

ISTJ型の人々は確かにグループでの付き合いよりも、1対1の結びつきを好みます。ISTJ型の人々は、深く愛する人と関わっていてさえも、過度の親密さに戸惑うことがあります。彼らは、他人の感情を簡単には理解できないので、確かにこれらの状況を維持するのが大変でしょう、ISTJ型の人々は、1対1の付き合いを好みますが、感情的になり過ぎると少し不快になることがあります。

ESTJ 型

ESTJ型の人々は、とても親密な人を相手にする限り、1対1の付き合いを気にしません。彼らは、しばしば共同体を好み、愛する人と少しでも長く一緒にいることを望みます。親密に一緒に時を過ごせる家族が近くにいることは、ESTJ型の人々にとってとても報われることです。彼らは、グループでの結び付きを特に望みますが、本当に特別な人と1対1の付き合いを楽しみます。それは、ESTJ型の人々が信頼し、結び付きを感じている人を持つこと、すなわち彼らにとって本当に1対1の付き合いを楽しむことを意味します。

ISFJ型

ISFJ型の人々は、状況がどうであれ、彼らの家族や愛する人に甘えることを楽しみます。彼らは、家族と一緒にグループで集まるのを楽しみますが、また1対1でいることを特に望んでいます。ISFJ型の人々にとって、それは愛する人と結び付くことができ、見返りに愛を受けることができるということです。彼らは、一緒の時を過ごした人に近づきたいと感じるものがある時、1対1の付き合いを楽しみます。

ESFJ 型

ESFJ型の人々にとって、家族と一緒にいることは本当に重要であり、お気に入りの人々と一緒にいる機会を与えられると、彼らはグループでの付き合いを楽しみます。ESFJ型の人々は調和を尊重しており、それで平和的な付き合いで一緒に愛する皆を連れてくることを本当に大切にしています。ESFJ型の人々は、これらのグループの集まりを評価していますが、また個人同士も重要であると信じています。彼らは、愛する人とより密接になるのを楽しみ、結びつく時間を大事にしています。

ISTP型

ISTP型の人々は、より大きなグループの付き合いよりも1対1の付き合いを楽しみます。ただし、ISTP型の人々にとって、それは、この個人的な関係が何に依存しているかが重要になります。彼らは、長い情緒的な会話では本当にうまくいかず、もう少し知的なものを好みます。ISTP型の人々は、自分の感情を常に議論したい人によってすぐに省かれる恐れがあるので、1対1の付き合いは向きません。

ESTP型

ESTP型の人々は、しばしば、お気に入りの人々で構成されるグループでの付き合いを好みます。彼らは大きなグループとはあまり一緒に過ごしたくなく、親密で小さなグループの方が良い場合が多いのです。ESTP型の人々は、彼らのお気に入りの人々が皆一緒にカップルでいるだけで、しばしば本当に報われるでしょう。彼らは、これらの人々が自分を気にかけているように思いたいので、時々彼らの1人と一緒にいると他の人々から忘れられてしまうように感じることがあります。彼らは、愛する人々との親密さを感じられる限り、1対1を楽しみます。

ISFP 型

ISFP型の人々は、大抵グループでの付き合いよりも1対1の時を楽しみます。彼らは、あまりにも多くの社会的活力に圧倒されることがありますが、同時に彼らは結び付きを特に望みます。ISFP型の人々にとって、1対1の付き合いは最も向いており、満たされた経験を持ちます。彼らは誰かと結び付き、自分の人生で最も大切な人と身近になるのが好きです。ISFP型の人々は、このタイプの社会的結びつきを必要としています。これは、より大きなグループの時のように疎外感を後に残さないためです。

ESFP型

ESFP型の人々は1対1の付き合いを楽しみますが、また大勢のグループでの付き合いも求めています。ESFP型の人々は、全ての愛する人と時間を過ごすと報われ、皆が一緒にいるような感覚を楽しみます。ESFP型の人々は、最も愛する人々に囲まれている時、喜びと一体感を覚えます。彼らは、自分達にとって大切な人々と結び付くことを望み、彼らが周りにいないと、自分を見失いがちになります。彼らは1対1の時を楽しんでいますが、またより多くの社会的結びつきも特に望んでいます。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。