MBTI

【MBTI】16タイプの一貫性に関する考え方

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

一貫性をどのように考えているでしょうか。
重要に捉えている人もいれば、生活な中で起きる出来事は倒しめるアクシンデントと思っている人もいます。
一貫性とはどういうものなのかをタイプ別に見ていきます。

INFJ

どんな場合でも一貫性のある人です。
言葉に出すことも仕事をするときの態度にも、常に一貫性を持たせています。
心の安定も持っていることが一貫性になっています。
大事な存在の人には一貫性を持ってきちんと対応してくのですが、放ちに一貫性のない人とは深い関係をもつことはできません。
世の中には不条理なことだったり、辻褄が合わないことなど多くあるのですが、このタイプの人はこのことが納得できないことが多くあるようですね。
一貫性がないことは良い人間関係を作ることができない原因になると考えています。

ENFJ

人間にはある程度の一貫性を持つことが大事だと考えています。
一貫性というものは、自分自身の行動によって生まれるものであり、また自分自身が一貫性のない態度をとってしまうことは、家族や大事な人をトラブルなどに巻き込んでしまうような出来事が起きてしまうと考えています。
一貫性がない行動をとることで、誰かを傷つけたり辛い思いをさせてしまうからです。
人生は物事が思うように進まないこともあるので、一貫性のないできごとが起こることは必然でもあるのです。
またこのようなことが起きても、できる限り一貫性のある態度を持って対応しようとおもっています。

INFP

このタイプの人はこのごとに一貫性がなくても特に問題はないと思っています。
その時々の状態で物事の価値は変わるものであるとおもっています。
丁寧には進まないことがあったりすることも、その場に応じて対応するこないのができるのです。
変化があることが好きなので、どんな状況でも楽しんでいますね。
自分から大きなアクションを起こしたり、変化を楽しもうと、どんどんと新しいことをしていきます。
強い思いが出てきた時には、一貫性のない行動をとることが出てきます。
大事なことや、大事な人に対してはできるだけ一貫性を持って関わっていこうと思っています。

ENFP

いつでも新しいことを考えていて、どんどんと行動を起こしていきます。
同じ場所に居続けることはつまらなくなり、新しい環境や状況へ飛び込んでいきます。
新しいものや今まで見たことないものやことに興味を持って飛びつくので、一貫性のないように見えてしまうところもあります。
変化を求めることで一貫性がないと思われてしまうんですね。

INTJ

一貫性を大事にしており、根拠や物事の核になるものを大事に考えています。
物事が滞ってしまったり停滞したり、行き詰まることはとても残念なことだとおもっています。
簡単なことで、元になる情報と事実、そして真実が一貫していることを大事におもっています。
言動に一貫性がある人を信用して、友人関係を築くことがあります。
一貫性を持つことはとても大事なことであり、人間関係をより良いものにしてくことができるのです。

ENTJ

一貫性がなく、心がすぐに変わっていくような人とは付き合いを続けることができないとおもっています。
自分から友人に対しても友人から自分に対しても、お互いに一貫性のある行動があれば信頼関係は築いて行けると思っています。
一貫性のない人と関わることで心が穏やかでいられないこともあります。
苛立ちを感じるようですね。
お互いに心を開いて頼れ理解がし会える人を求めています。
気まぐれな人は避けていきます。
一貫性を持つことがとても重要なことと思っています。

INTP

変化を楽しんでいるので、多少の一貫性がない言動は毎日の中で起きていることになります。
この人のことをよく知らなければ、一貫性がなく、矛盾をしている遠思うかもしれませんね。
しかしこの人の中では、心の動きにしたがっているので矛盾にはなっていないのです。
状況に合わせることができるので、一貫性のない行動をとった人に対してもその時に必要な態度でうまく対応することができるのです。
何度も同じようなことが起きると、どんどん距離が離れていくことになります。

ENTP

色々な可能性をいつも探しています。可能性は時に矛盾を生むことでもあるので、大きな問題とはおもってません。
どんな時も可能性を求めて、新しいものを見つけようとしているのです。
人生に矛盾を感じることがありますが、それも人生には大事な経験や学びと考えています。
どんなことでも学びと考えるのはこのタイプの人良いところでもありますね。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。