MBTI

【16タイプ別】それぞれの性格の二面性について

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

二面性について二面性とは、相反する二つの特徴や性質という意味ですが、人の性質または性格においては、表面的には分からない裏の性格・特徴という意味にもなります。周りの印象と自身の本来の性格に大きな違いが生じる場合もあります。このような二面性が引き起こす矛盾から、自分自身が引き裂かれているように感じるタイプもいれば、上手にバランスを取るタイプもいます。MBTI性格タイプに基づいて、どんな二面性が潜んでいるかを検証します。

INFJ

INFJは、周囲の人々から二面性があると思われることが多くあります。例えば、話し方は穏やかですが、非常に強い意志を持っていて、自分が信じる思想のためには休むことなく闘い続けます。また、INFJは、他の人々が見えないものが見えたり、他の人々が頑に偏見を持つような場面でも、柔軟な姿勢で様々な角度から考察し理解することができます。
このように、複雑で豊かな内面を持っていますが、自分の考えを親しい人にしか伝えず、比喩や複雑な表現を好むので、よく分からない人と思われる事が多くあります。そのため、INFJは周囲の人々からの誤解に苦しみます。

ENFJ

ENFJは二面性に苦労しています。ENFJは、豊かな感受性と優れた直観を持っていて、二つのバランスを保つのに苦労しています。また、このような相反する二面性を他人から隠そうとします。具体的に言えば、ENFJは、人々をよりよい未来に導きたいと考えています。それはとても良いことなのですが、同時にENFJは、理想主義者です。目標を完璧に達成するために効率的な方法を徹底的に模索します。ENFJにとって周囲の人々の気持ちに寄り添うことと、自らの目標を達成することの適切なバランスを保つことに苦労します。そして、ENFJは、多くの場合、周囲の人々の要求を大切にします。

INFP

INFPは自分自身の中で常に二面性の感覚に苦しんでいます。INFPは、自分のなかの理想や信念の間で葛藤していますが、最終的には道徳によって導かれます。INFPは、成長して自分自身に自信を持つようになると、かなり強い内面の道徳を発達させます。これらの道徳は、INFPの人生において非常に重要な役割を果たします。なぜなら、INFPは、理想を追い求めるあまり、時に実現不可能なほど高い目標を自分に課してしまいます。そのような場面においても、自然に道徳に引き寄せられ、バランスを維持します。

ENFP

ENFPは、感情思考の二面性を感じて苦労します。ENFPは、多くの異なるアイデアを探求することを楽しむ創造的なタイプです。しかし、これは時には内部の道徳的感情と矛盾を生じる場合もあります。ENFPは常に新しい刺激を探しており、それによって最高の幸せを感じます。時には、この好奇心がENFPの道徳的感情によって排除されることあり、葛藤に苦しみます。

INTJ

INTJは、自分自身に驚くべき二面性があると感じていて、心の中で戦っています。INTJの頭の中では、他のタイプでは考えられないほど多くのことが行われています。最も論理的な選択に集中するために、それ以外を排除することもあります。さらに、その決断に対して道徳的な観点から反対をすることもあります。道徳的に正しい事と論理的に賢明な事との間で決定を下すことは、INTJにとって最大の二面性の葛藤となします。INTJは、しばしばこの葛藤を繰り返しますが、周囲の人達は、全く気付きません。

ENTJ

ENTJは常に物事に集中して取り組み効率的に結果を出しますが、心の中では、対立する感情を持っています。ENTJの二面性は、道徳的な正しさと、自らが大切にする効率や理論との両者が戦うことで生じます。時には、最も論理的で実用的な選択は、道徳的に健全ではなく、矛盾する場合があります。ENTJは、これら2つの事柄のバランスを取りたいと思っていますが、これはとても苦労することになりENTJは疲弊します。

INTP

INTPは、思考と感情の二面性が引き起こす混乱に耐えています。普段のINTPは、独創的かつ論理的な考え方をします。 物事の本質を見極めたり、難しい抽象的な問題を考えるのが得意です。ただし、時として、周囲の人々から論理的思考を否定されることもあります。そのような場合に、衝動的でせっかちになり感情的につまらないことを騒ぎ立てます。まるで悲劇の主人公になったかのような妄想に取り憑かれるでしょう。INTPは、このような自分の中の二面性によって引き裂かれているように感じることがあるでしょう。

ENTP

ENTPは好奇心旺盛で情熱的です。常に新しいものを探求しようとしています。このようなENTPの好奇心旺盛な性格と相反するような安定したいという欲求によって、自分自身の中で対立することがあります。ENTPは新しくて興奮するような情報を探求したいのですが、時々自分の安定を求める心に引っ張られていることにも気づきます。ENTPは、自分の人生を共有できる人を見つけたいと思っています。このようにENTPは、論理的な思考と情熱的な感情によってしばしば対立します。

 

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。