MBTI

【16タイプ別】会話の中断に対する性格タイプ

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISTJ

時間や共有することを大事にしています。
これは自分も他人も同じように考えています。
プライバシーを大事にすることは互いを尊重することでもあるので、できない人に対して我慢がならないこともあります。
互いの尊重があると、会話を中断させるようなことはなくみんなが快く過ごせるものだと考えているのです。
自分の気持ちを伝えることを大切にしていて、恐ることはありませんね。

ESTJ

効率的に物事を進めていこうといつも思っています。
自分のペースで進んでいる事を邪魔をされたり、スムーズに行かなくなる事で我慢ができなくなることもあります。
繰り返し起きてしまうことは大きなストレスになるようです。
喧嘩も嫌い、穏やかな会話を楽しもうといつも考えています。
もし、誰かが空気を悪くしたり状況を把握できないようなことがある時は、きちんと根本を解決して2度と起きないようにと考えています。

ISFJ

礼儀のある人で、マナーを重じています。
会話などでも、マナーが悪い人に対して悩んでしまうようなこともあります。
優しい面をあるのですが、誰かに注意をすることが好きではないので、何かトラブルが起きてもそのまま何も言わないこともあるかもしれません。
平和が何よりもの大切なことだと感じていますので、強い言葉を使うより静かに離れていくことでしょう。
それでも何か邪魔をすると感じた時には、強い言葉で話すこともあるようです。
その時は愛する人や家族のことを一番に考えての行動になります。

ESFJ

大事なことをしている時には、どんな人からでも邪魔されたり中断しなくてはならない事をとても嫌います。
一度成し遂げようと思った事を邪魔をされることは避けようと思っています。
大事な人がその進行の邪魔となるようなことは、とても心配するでしょう。
関係の中でも、強引な人や礼儀を大事にしない人へ注意を払っています。
このようなことがなければ、誰かの邪魔をしたり行動や会話の中断をさせることは起きないと思っています。

ISTP

人には十分な一人の時間が必要だと思っています。
自分の時間に誰かが入ってくるようなことがあれば、きっと避けるような行動を起こすでしょう。
このタイプにとってそれぞれのプライベートな時間は、人との関係をスムーズぬ進めるものだと思いっています。
どんな人にもプライベートな時間を大事にすると、誰かの話にきちんと耳を傾け、心を向わせて聴くことができることにつながるのです。
パーソナルな時間は他人と関わるためには大いな時間となるのです。

ESTP

もし会話やミーティングを中断されるようなことがあるとこのタイプの人は面白い行動に出るのです。
中断されていることを後回しにするのです。
中断されたことを無視するという言い方では、あまり良くないかもしれませんが、特に取り合わず会話を進めてしまうのです。
特に仕事に関わることとなると、無駄に止まっている暇はないと思っているのです。
エネルギーの注ぐべき場所やそこがどこであるのかを自分ではっきりとわかっているので、何事もスムーズに進んでいく事を良いことと思っています。

ISFP

本当に疑問を感じたり、質問があって話が中断されることは当然のことと考えます。
しかし、悪意や冷やかしのようなものが見えた時には、少し厳しい態度をとるようです。
生活の中で何かによってリズムが中断されることで、自分を含めた家族が不安になったり動揺したりすることがないようにと思っています。
何かが起きてしまった時には、少し時間を開けて平和な時間が取り戻せるように調整していくのです。
誰かに自分のライフスタイルを崩されることがなくなれば、余計なロスタイムはなくなるでしょうね。

ESFP

会話を楽しむこのタイプの人は、中断されることで会話がまた深く掘り下げられコミュニケーションが取れていくと感じています。
物事はシンプルに考えていくものですので、この途切れることも大事な時間だと思っています。
誰もが会話に参加できることが1番のことだと思っているので、中断を問題とはしません。
話を中断することは心を開いて会話ができることだと思っています。
これは誰にとっても失礼なことにはならず、ぎゃくに心を近づかせることができるアクションだと思うのです。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。