MBTI

【16タイプ分類】効率化に対する考え

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

タイプ別物事の考え方の違いある特定の人たちはあらゆる物事を自然に考え見直し、行動して成し遂げることが得意です。作業中の効率を上げるために、必要な部分だけを抜粋して他を省略しても問題はありません。これから紹介するのは物事をより効率的にするために修正することを知っている人たちです。タイプ別の物事の考え方の違いを紹介していきます。

INFJタイプ

このタイプは、物事に対して常に考えていることが多く、全体を把握する作業が得意です。ただ、考えることに時間を費やしてしまい、さらに悩むことも多いので完成しても何かが足りないように感じるかもしれません。完璧主義者の人が多いので、自分の目標レベルまで達成しようと努めます。常に高いレベルを守るために、彼らは物事を考える上でとても優れた人たちです。

ENFJタイプ

このタイプは、物事の細部にまで注意を払うことが得意で、多くの場面で、物事を考えるということに優れた人たちです。彼らは間違うということをとても嫌がり、努力することで完璧を目指せると信じています。完璧に物事を成功させるために、彼らは自身に相当なプレッシャーをかけます。何事においても細かい部分まで正しく仕上げられていることを確信するために、彼らは考えるということが重要だと認識し、常に物事に対して一生懸命取り組みます。彼らが十分に考え確認できたのなら、物事の手順や方法はとても意味のあるものになります。

INFPタイプ

このタイプは、ある特定のもので、自身が興味を持ち情熱を注いでいることに関した物事に対しては考えるということに優れています。物事の対応にマイペースな人たちと思われることがあるかもしれませんが、実際は完璧主義者な側面があります。例えば彼らのアートに関して言うなら、情熱を持って作成したものでも完成したと思えることはありません。彼らはこういった形で苦労する場合、あらゆる角度から物事を考え、完成させるために時間を費やそうとします。ただし、自身のために考えたり時間を費やすことに優れているだけで、他の人のために考えるということはしません。

ENFPタイプ

このタイプは、物事を柔軟な考えで判断するのが得意なので、彼らにとって硬い考え方で作業しなくてはいけないことがとても難しいことです。彼らは物事の全体像がまだはっきりしていない段階で、細部にまで注意深く目を通すということが無意味なことだと思っています。深く考えるという作業がとにかく疲れてしまうので、彼らにとっては省きたい工程の1つです。このタイプはむしろ彼ら自身の創造性に富んだ部分に焦点を当て、あらゆる物事に対してユニークさや情熱を組み合わせて考えることを楽しんでいます。

INTJタイプ

このタイプはあらゆる物事を考える上で、他のどのタイプと比べても特に優れた人たちです。彼らは効率的、かつ正確に物事を考え行動できます。完璧でないと感じた時、彼らはマメに確認することでほんのすこしの間違いまでも認識できます。効率を上げるためには考え、そして必要なことだけを取り入れる要領の良さがあり、物事を達成することに優れています。完璧にするために一直線に進むことを気にする人ではありません。

ENTJタイプ

このタイプは効率的な人たちで、そのためには、最初から正しく工程を進めることを好んでいます。彼らはあらゆる物事を考え、成立させるのが得意ですが、考えることがあまりにも多い作業をしなくてはいけない時、イライラしてしまうことがあります。彼らは小さな間違いにも気づくことができるので問題解決が非常に得意です。それにより、一連の流れで彼らが時々苛立ちを表したとしても、あらゆる物事に対して効率よく考えられるということが彼らを素晴らしい人にします。

INTPタイプ

このタイプはあらゆる物事に対して常に考えることが必要とは思っていませんが、間違っていることがあると簡単に理解することができます。時折自分の世界で考え事に集中することを好むので、とても創造的な人たちです。彼らは物事の細部にまでこだわることはなく、とにかく初めてのことを体験して回るのを楽しんでいます。物事の工程が自身の気にいるものではなかったとしても、それでも物事に対して考えるという作業を行う場合もあります。しかしそれが彼らの楽しめる作業ではないと、後回しになることがあるかもしれません。

ENTPタイプ

このタイプはほとんどが、知性的で有能な人たちで、これは多くの物事を上手く手がけていくのに役立ちます。彼らは間違えを認識した時に考え修正することができますが、時折考えるという工程を嫌がります。このタイプにとって間違えを正すためにやり直すという工程は、骨の折れる退屈な作業になります。彼らは物事の一連の流れの中で、考えなくてはいけない作業になると、別の工程に移りたいと思ってしまいます。

 

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。