MBTI

【MBTI】性格タイプによる恥ずかしさ

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISTJ

ISTJは多くの場合、恥ずかしい瞬間を避けるために一生懸命に働き、可能な限り準備することを好みます。ISTJは物事に取りかかる前にそれを研究するでしょう。そしてこれはISTJが多くの場合、やっかいな場面を回避することに役立ちそうです。ISTJは準備できていないことを嫌い、彼らが実行できていないと感じると恥ずかしく感じます。ISTJがそういう場に置かれると恥ずかしくなり、このような状況を回避します。しかし、ISTJは年をとるにつれて度胸が付き、自分の性格に慣れてくると、やっかいな状況から前進することができます。

ESTJ

ESTJはめったに当惑せず、通常、やっかいな状況を回避するのに優れています。ESTJは過去のことを動かすのに優れており、物事を良い状況にするために会話を大切にします。ESTJは恥ずかしくなることよりも自分の過ちに不満を抱く傾向があります。ESTJはぎこちないと思われることをしても気にならず、起こったことからすぐ気を散らそうとします。ESTJは自分の性格に慣れており、恥ずかしい瞬間は素晴らしい学習体験であると認識しています。

ISFJ

ISFJはその場の状況に置かれているように感じると恥ずかしくなる場合があります。彼らは他の人々の要求や感情に応じることを好み、注目されすぎると嫌になります。ISFJは成功するために自分自身に多くのプレッシャーをかける可能性があり、充分に仕事をしていないと感じた場合、恥ずかしくなります。ISFJは厄介な状況を回避するのに優れており、惑わされないように物事を深く考えることを好みます。ISFJは恥ずかしい瞬間を完全に無視し、次に進むためにそれが決して起こらなかったふりをしたいと思うかもしれません。

ESFJ

ESFJはかなり恥ずかしいと感じるフェーズを通過できます。時には他人に裁かれていると感じるかもしれません。これによってESFJはぎこちなくさせ、動揺させます。ESFJは愛する人を喜ばせたいと思っており、他人の感情に敏感です。ESFJがその場に置かれ、適切に実行できていないと感じると、恥ずかしくなります。ESFJはおそらく、後でそれを克服するかもしれません。ESFJは本当に誰かを感動させたいと思うと恥ずかしくなる傾向があり、自分自身に大きなプレッシャーをかけるでしょう。ESFJはまた、簡単に物事を手放す傾向があり、それによって悩みを吹き飛ばします。ESFJは他の人が恥ずかしくなり、誰かが調子に乗ったり、ぎこちなく感じる場合は不快に感じるでしょう。

ISTP

ISTPはぎこちない瞬間にめったに当惑せず、リラックスした性格です。ISTPは恥ずかしいことや異常なことをするときに他人から受け入れられることに充分満足しています。ISTPは社会的規範に適合することはありませんが、多くの場合、この特性が一部の人にとってはとても魅力的になります。彼らは自信に満ちた人間であり、不完全であることを快適に感じています。しかし、ISTPはその厄介な瞬間に気がつけない可能性があり、これらのことに細心の注意は払いません。それは時間と労力の浪費であるため、おそらくISTPは否定的なことは考えたくないのでしょう。

ESTP

ESTPは多くの場合、人々が素早く対応できるように恥ずかしさを解消するのに優れています。彼らはぎこちない瞬間を対処する方法としてユーモアを使う事ができ、気にしないふりをします。ESTPが厄介な状況にいることを嫌い他人に知覚されたいと思っています。ESTPは当惑する可能性がありますが、それからかなり迅速に移行する可能性があります。彼らは人々にそれらを誤解されたくないし、親しみやすいことを好むでしょう。ESTPが厄介なことをした場合、彼らはおそらく、将来に何か良いことが起きると考えそこから何かを学ぶでしょう。

ISFP

ISFPはその場の緊密な設定に置かれるとしばしば恥ずかしくなります。ISFPは他人が裁かれていると感じた場合、ISFPはイライラし、不快になります。彼らは今現在を楽しみ、どんな厄介な状況でも先に進むことを試みます。ISFPは特定の方法でしか感じることのできない気持ちを嫌い、自分自身の個性を大切にします。ISFPは年をとるにつれて、自分の性格に慣れ、恥ずかしく感じることは少なくなります。

ESFP

ESFPはめったに当惑することがなく、多くの場合、物事を笑い飛ばすのが得意です。彼らは完璧であることを期待していませんが、それによって人々を笑いさせられたのなら問題ありません。ESFPは自分が楽しんで楽しませることもでき、周囲の人が幸せになることを望んでいます。ESFPは人生が必ずしも完璧でないことを理解しており、物事が完璧でない場合でも先に進むことが出来ます。ESFPは過去にとどまるのではなく、現在の瞬間に生きることを好みます。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。