MBTI

ISTJのリーダーの特徴とは?上司になったISTJのリーダーシップについて

ISTJのリーダーは、勤勉で組織に忠実なリーダーになることでしょう。ISTJは、その誠実さと仕事ぶりから非常に信頼できる献身的なリーダーであることでしょう。ISTJはコミュニケーションの取り方や仕事の方法はシンプルであり、チームワークができるように設計されていることでしょう。つまり、役割と責任がわかりやすく分別されるということです。

ISTJは自身の生活の中で、上下関係を深く尊重することができ、自身の部下も同様に上下関係を尊重してほしいと考えていることでしょう。

ISTJのリーダーの特徴

ISTJのリーダーシップ

ISTJのリーダーは、効率志向の考え方を持っており、仕事優先の生活を行なっていることでしょう。ISTJはスケジュールを計画すること、期限を設定し、設定した計画を実行することが得意であり、その遂行のためには全力を尽くすことでしょう。

ISTJはチームに対して献身的であり、努力を積み重ねることを得意としています。ISTJはプロジェクトを開始することと同じように、プロジェクトを終了することを大切に思っています。

ISTJは効率的であることを追求しているので、健康・経歴・人間関係に至るまで、自身の掲げた目標を達成する為、高いレベルの習慣化のスキルを持っていることでしょう。ISTJは別名習慣化モンスターとも言えるでしょう。

ISTJは仕事を優先しているタイプではありますが、プライベートな時間では音楽鑑賞したり、映画鑑賞をすることで、リラックスした時間を過ごすタイプです。

ISTJのビジョン

ISTJは長期的なビジョンを設定することは得意なタイプではないタイプです。ISTJのリーダーと得意とするのは、チームの目標を掲げることよりも、チームが目的を達成する上でより効率的になるようにするために、プロセスや手順を修正したり追加することでしょう。ISTJのリーダーはチームに方向性を伝える際には、具体的で分かりやすさを意識することでしょう。そして、役割と責任を全員が公平になるように割り当てすることでしょう。

しかし、ISTJが方向性を設定した場合、大きなチャンスを見逃す可能性があります。ISTJは短期的な問題に気を取られ、日常のルーティンや行動が長期的にどのような影響を及ぼすか、軽視してしまうことがあるでしょう。

ISTJとコミュニケーション

ISTJは仕事において職務関係を重要視するタイプであり、ISTJにとっては公私混同は理解できない傾向があるでしょう。そして、ISTJは周りに対しても、職務関係を重要視してほしいと考えていることでしょう。ISTJは基本的に一人でタスクを淡々と熟すことを好んでいたり、コミュニケーションをとることは避けたいと考えている傾向もあります。

その一方で、ISTJはチームに対して協力的にサポートすることも多いタイプです。ISTJのリーダーは、スポットライトの当たった他のリーダーとは異なり、舞台裏で淡々と仕事を熟すことを好んでいることでしょう。

ISTJは忍耐力がある

ISTJのリーダーは、チームが設定したルールの中で目的を達成するため、最も効率的な方法とその手順を発見することが得意でしょう。ISTJは一般的には勤勉な性格で、頑固なタイプであり忍耐力がありますが、チームメンバーにも同じように忍耐力を求めていることでしょう。

そのようなやりきる力を持っているISTJですが、決定した後は計画や方法の変更について非常に厳しいタイプです。ISTJは他の人からの提案や意見に対して受け入れにくい、難しい印象を受けるかもしれません。また、ISTJのリーダーは、チームメンバーの能力が低いと感じた場合には、異常にマネジメントしようとしてしまう傾向もあるでしょう。

ISTJのリーダーシップを育てる

ISTJがリーダーシップを育てるためのヒントは次のとおりです。

個人の強みや弱みを引き出す

チームメンバーの誰がどんな仕事をすることが得意であるか、そして苦手であるかについて考えてください。真のリーダーシップとは、多くの場合、人々の強みを引き出し、弱みを理解し、それを加味してチームで補強し、作り上げていくことが求められるでしょう。個人の強みを見つけてチームを作成することができれば、チームを今よりも生産的に、そして効率的にすることができるでしょう。

周りの価値観を考える

ISTJは決断力のあるタイプですが、その決断を下す前に、関連する情報を具体性のみを追求しないように注意すると良いでしょう。例えば、人々の思考や感情のように言葉にできない具現化できないものもあります。ISTJはそのような形のないものや抽象的なものを相手にすることが得意ではないので、考えてすらいないことも多いでしょう。実行力のあるISTJですが、気付いたら周りから人が消えているかもしれないので、注意する必要があります。

未来を提示する

ISTJは将来について考えることはあまり得意ではないタイプですが、どのようにするとチームのメンバーと理想的な未来を描けるか考えてみると良いでしょう。

その理想をチームメンバーと分かち合い、その理想にたどり着くために、ISTJ自身がとらなければならない行動に対して、細分化するプロセスを意識してみてください。人に未来を共有できるということは時に周りの人をやる気にさせる力になることにもなります。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。