MBTI

【MBTI】性格タイプによる恥ずかしさ

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

INFJ

INFJは特に若い場合、かなり簡単に困惑する可能性があります。他人とのつながりはINFJの原動力となることができます。INFJは特にほかの人が彼らを注意深く観察していると感じた場合、赤面してしまいます。その空気感はINFJを困らせる事があります。ほかの人の感情を敏感に認識することは、INFJが恥ずかしいと思う傾向がある大きな理由です。また、彼らは完璧主義なので、基準に達していないと恥ずかしく感じるかもしれません。INFJは時々、これらのぎこちない瞬間に対処することに苦労することによって彼らの心の中で何度も考えるかもしれません。INFJの恥ずかしさとは彼らが望んでいた人に充分に対応されていないと感じることで恥ずかしさを感じます。INFJが年を取るにつれてリラックスすることが増えて、恥ずかしい感情を乗り越えられるようになります。彼らはそれについて何も自覚がないようです。

ENFJ

ENFJは多くの場合、注目の中心でも気にしません。しかし、ENFJはよく知覚されていないと感じることに恥ずかしくなることがあります。ENFJはその場の空気をうまく読むことができ、物事がうまく行かないことを感知するのが得意です。ENFJは通常、雰囲気の快適さのレベルを緩和することを期待して、指示を出します。ENFJはその場の独自の基準を達していないと恥ずかしく感じることがあります。彼らは期待に応えたいと思っていますが、それによってしばしば圧力を感じます。ENFJは社交的な生き物ですが、ロマンチックな考えを持っている人の前でぎこちなく感じると少し恥ずかしくなります。

INFP

INFPはしばしば自分の失敗に困惑し、自分自身に大きなプレッシャーをかけることがあります。INFPは良いことを望み、自分たちの道徳規準を守るために何でもします。INFPが期待に応えられないと感じた場合、それについてはずかしく感じますが、ぎこちないことには対応することができ、受け入れることが可能です。INFPは通常、はずかしいことに不快さを感じることはありませんが、それらについては独自の基準があるようです。自分が望まない状況に追い込まれると、ぎこちなく感じることがあり、その場におかれてしまうとはずかしく感じることが多いようです。

ENFP

ENFPは言動について考えた場合、物事が終わった後で再び恥ずかしくなることが多いようです。ENFPは人々と関わることを楽しんでおり、とてもカリスマ的です。それらは物事に困惑しているように見えないかもしれませんが、単に隠しているようです。状況が悪化することで人が不快になったり、気分が悪くなることを嫌がります。ENFPは褒められることで恥ずかしさを感じ、それが過度であればあるほどその傾向が現れます。このような状態になるのは、ENFPが神経質になったと感じる時に起こります。ENFPはしばしばこの風変わりな側面を受け入れるようになります。ENFPは最終的に、本当に気にかけている人が恥ずかしいことをしていてもそれを理解するようになります。

INTJ

INTJが若い場合、成長することによってより恥ずかしく感じることがあります。INTJは、幼年期または成人初期に不快に感じることが多いです。彼ら自身の基準を守ることができなければ、特に恥ずかしくなるでしょう。INTJがテストや学術的な状況でうまくいかない場合、より一層恥ずかしく感じることが多いようです。しかし、年をとるにつれて恥ずかしくなることの真の意味を理解してくるようで、その恥ずかしさは誰にでも起こることで、先に進むべきであることを論理的に理解することができます。それはINTJが単に感情を理解し、それを手放す必要があるだけということを理解します。成熟したINTJはこれらのやっかいな状況に慣れてくるようになり、それらを受け入れ、学ぶことができるようになります。

ENTJ

ENTJは恥ずかしいと思われることをしても、めったに恥ずかしくなることはありません。ENTJは自分の雰囲気に慣れていることが多く、馬鹿げたことを気にしません。ENTJは社会的な人間であり、しばしばやっかいな瞬間に遭遇することがあります。自分自身に高い期待をしていますが、それによってさらに不安を感じるようになるでしょう。ENTJはほとんどの物事を学習機会と捉えており、さらなる成長のために分析を徹底します。しかし、ENTJは何かにこだわるわけでもないので、後になって時間と労力の無駄使いだと感じることがあります。

INTP

INTPは状況を拡散するためユーモアを交えることで周囲の人を困惑させることがあります。INTPが注目の的になることを余儀なくされたり、何らかの理由で目立つようになると、恥ずかしく感じます。INTPはほとんどの場合、傍観者であることを好むため、優れた観察者になります。INTPは周囲に気を配ることに優れており、その情報を利用して多くの問題を解決します。INTPはその状況下にいることを嫌っています。これはINTPが控えめな性格であるからです。INTPはほかの人が間違いやぎこちない判断をしたように感じるといらいらしてしまうようです。

ENTP

ENTPはやっかいな状況には滅多に困惑せず、不快なものから前に進んでいくことに優れています。ENTPは普段からユーモアを利用して、恥ずかしい気持ちをそらし、その場をうまく整理します。ENTPは人前で賞賛されると恥ずかしくなり、時にはこれによって不快な感情を抱きます。それ以外にENTPは恥ずかしいことにさらに身をさらし恥ずかしい状況に追い込もうとします。ENTPは限界に押し込めることを楽しんでおり、多くの場合、予告なしに自分を新しい環境に投げ込みます。その情熱的な探究心はENTPが混乱するのを防ぐことにも効果的です。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。