MBTI

【MBTI】16タイプごとのパーディー大好き度

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISTJ

ISTJは、実際にはこの種の社会的相互作用によって疲れ切ってしまうため、めったにパーティーアニマルにはなりません。ほとんどの場合、一人でいること、または誰かと1対1でつながることを好みます。ISTJはパーティーの状況で人々にイライラしてしまう可能性があり、派手な行動や不愉快な行動を好みません。ISTJは確かに楽しい時間を過ごす方法を知っていますが、パーティーはめったに本当の楽しみのようには見えないのです。ISTJはもっと考えられていて、実際にリラックスできる、より小さな集まりを好むでしょう。

ESTJ

ESTJは、特に若いときは、パーティーアニマルになることができますし、周りの人に好かれるために社交と交流を必要とする状況にいるときには、確かにこれに応えることができます。ESTJは社交的で外交的な人であり、グループの一員でありたいだけです。またパーティーの生活がどのようなものなのかを知っていますが、しばらくするとイライラすることがあります。ESTJは、より親密な関係にあることを好み、1対1の会話を楽しむのです。

ISFJ

ISFJは通常パーティーアニマルではなく、ウォールフラワーになりそうです。ISFJは愛する人のためのパーティーやイベントを主催するのが得意ですが、あまりにも多くの社会的な交流の後に、単純に疲れ果ててしまいます。ISFJは、愛する人のために最善を尽くし、できる限り幸せにしたいと考えています。ゆえに社交的で外交的になるために一生懸命働きますが、しばらくすると疲れ果てます。ISFJは実際にはパーティーアニマルではないので、しばしば自分より少し上を行くパーティーアニマルな人たちを見つけるのです。

ESFJ

ESFJは通常パーティー多き生活には惹かれませんが、非常に社交的な人になる可能性があります。ESFJがパーティーを楽しむ友人や愛する人の近くにいる場合、この人気のあるパーティーアニマルの役割に適合しようとするかもしれません。ESFJはしばしば適合できますが、通常それほどこの役割に長くはしがみつきません。普段はより個人的な意味で人々と交流することを好むので、いつもパーティアニマルである必要はないのです。ESFJは必要に応じてパーティーアニマルの役割に適合することができますが、しばらくすると少し退屈になってしまうでしょう。

ISTP

ISTPは、特に楽しい時間を好むので、時々パーティーアニマルになることがあります。ISTPは楽しい時間を過ごすのが好きですが、長い間社交的であることは好きではありません。少しの間はパーティーに参加して楽しむでしょうが、他の人たちに疲れると抜け出してしまいます。ISTPは、自分自身に多くの時間を必要とするだけで、そうしないと、疲れ果ててうちひしがれてしまいます。つまり社会的な人になることができても、それは長時間にわたって好むことではないのです。

ESTP

ESTPは、その瞬間の人生を楽しんでいるため、特にパーティーアニマルになり得ます。ESTPは楽しい時間を過ごしたいと思っており、その過程でいくつかのリスクを冒すことを恐れてはいません。ESTPは非常に社交的な人であり、他の人を楽しませることが好きです。また社会的な状況に熱中しているとき、それほど緊張することなく確かに注目の的になることができます。ESTPは、特に若い時、人生の中でしばしばパーティーアニマルの段階を経るのです。

ISFP

ISFPは、初対面の人に対して少し恥ずかしがり屋なので、通常はパーティーアニマルの部分はありません。ISFPは楽しい時間を過ごすことを好んでいますが、快適になるにはしばらく時間がかかる場合があります。面白くて外交的な側面を引き出すことができる人もいるので、ISFPにとっては周囲にだれがいるかがより大事なことなのです。ISFPは自身のパーティーアニマルの側面を引き出すことができる人々の周りにいることを楽しみ、初対面の人々が周りにいてもより安心できます。ISFPが自分自身でいられることを安全に感じられる状況であるときには、社会的な人になることができるのです。

ESFP

ESFPは、特に若いときは間違いなくパーティーアニマルになることができます。ESFPは注目の的であることを楽しんでおり、多くの場合この役割にうまく適応しています。ESFPは単に楽しい時間を過ごすことを望んでおり、期待に遅れをとりたくありません。また、今この瞬間に生きていることは、時には注目を浴び、ちょっとしたパーティーアニマルになることを意味します。ESFPはこの瞬間に正しいと感じることを実行し、これはパーティーに飛び込んで、必要に応じて少しワイルドになることをも意味するのです。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。