MBTI

【16タイプ】INFPが孤独を感じる理由

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

孤独は誰もが感じるものです。孤独をあまり感じない人もいれば、果てしなく続く戦いのように感じる人もいます。

孤独はひとりだから感じるわけではありません。多くの人々に囲まれていても孤独を感じる人もいます。なぜなら、人と会話していても、心がつながっているという実感が持てないからです。
このように、孤独は非常に複雑なものです。ですから「この人は、私の考えを完全に理解してくれる!」そんなふうに感じられる人との出会いを永遠に探している人もいるかもしれません。

INFPはとても親切で愛すべき人々ですが、孤独に苦しむことがよくあります。
INFPは、多くの人々に囲まれている時でも孤独を感じることがあります。特に「自分のことを理解されていない」と「自分の方が間違っているのでは」と思ってしまいます。
INFPにとって、本当の意味でのつながりを感じられて、嘘偽りのない評価をされることが重要です。

1.INFPは誤解されている?!

INFPは世界人口の4パーセント程度なので珍しい性格タイプといえるでしょう。それだけでも誤解されやすかもしれません。
そのためINFPは「誰も自分のことを理解してくれない」または「本当の自分を表現できない」という自分だけが周囲の人々から切り離されたように感じています。
しかも、INFPは愛する人が周囲にいる時ですら、この孤独を経験します。なぜなら、無条件に相手から愛されているとは思えないからです。
INFPは、確かに周囲の人々を愛しているのですが・・。自分のことを理解してもらえないという思いが強いでようです。そして、INFPはさらに周囲の人々から距離を置いてしまいます。

INFPが自分の本当の気持ちを共有するのは危険なことのようにすら感じてしまいます。
そんなことを繰り返すうちに、さらに強い孤独を感じて、INFPは、人々から遠ざかろうとします。出来れば、そうはしたくないのですが、何度も周囲の人々から拒否されたと感じたとき、それが唯一の選択肢であると感じてしまうのです。
INFPが個性的であり、他のタイプと大きく異なることは、時には大きな負担となります。
なぜINFPが他のタイプと異なっているのかを知らなければとても本人も辛いでしょう。
特に幼い頃のINFPは「自分が悪いんじゃないか」「自分が何かを間違ってしまったのではないか」と感じて苦しみます。ですから、INFPが自信を持つためには、自分自身を理解することが非常に重要です。

2.INFPは愛情を必要としています!

INFPはひとりの時間と場所を必要としていますが、それは、人を自分から遠ざけたいからではありません。
例え同じ場所に一緒にいなくても、信頼関係を構築できるようにしたいと考えています。
INFPが一人でいるからといって、孤独を感じることはありません。他人と親しく会話したり、楽しい時間を共有することは、それほど必要とはしていません。表面的なものではなく、心の中で深いつながりが欲しいと思っています。
また、INFPは自分自身に多くの時間を必要とするため、それを理解していない人々を遠ざける傾向があります。

特に外向的なタイプは、なぜINFPが一人になりたがっているのか分かりません。「もしかして嫌われているの?」そんなふうに誤解して去っていくかもしれません。
幼いINFPであれば、尚更、なぜ自分が誤解されてしまうのかが理解できません。人生を通じて苦労する可能性もあります。
ですから、INFPが自分ひとりの時間と場所を必要としていることを理解して評価してくれる人を見つけるのはとても重要です。
そして、INFPが依然として他者と親しくなりたいと思っていることも理解してくれる人であれば更に良いでしょう。
「愛しているならいつでも一緒にいたて欲しい!」そんなふうに考えるタイプは、INFPを混乱させますし、お互いに良い結果を招かないでしょう。

3.人間関係の構築が難しい!

INFPは、意味のない友情は必要ないと思っています。控えめで、自分の気持を打ち明ける相手を慎重に時間をかけて選びます。そのため、よそよそしい、無口で内気などと見られる事があります。
これは、INFPが単純に人間嫌いとかいうわけではなくて、関係を築くのが苦手なのです。
INFPは、人の感情を敏感に感じます。そして、心から共感し、相手の事を深く理解しようとします。表面上のつきあいは好きではありませんが、自分の価値観を時間をかけて理解してくれる人は大切にします。
ただ、やはり、心を許せる相手に巡り合い、さらに関係を築くのは難しいので、孤独を感じてしまうかもしれません。

4.孤独の解決方法

INFPが孤独から抜け出すための最も重要な解決方法は自分自身をよく理解することです。
「自分が一体何者なのか!」「自分が他人に比べてどれほど個性的なのか」を知ることは、INFPにとって大きな一歩です。
INFPは、なぜ自分が他人と違うと感じるのか、そしてなぜ孤独は取り除くのがとても難しいのかを理解する必要があります。
そうすることで、自分が間違っているとか、自分の責任なんだと落ち込んでしまったり、自分の殻に閉じこもるのを助けてくれるでしょう。
INFPは変わる必要なんてありません。そのままで良いのです。自分の心を少しだけ解放して、本当の友達や恋人を探せば良いのです。

いつでも親切なINFPは感謝してくれる人を見つけるのは簡単かもしれません。でも、その相手に心を開くのは、やはり大変だと思うかもしれません。
そんなINFPにとって、インターネットは素晴らしい道具になります。
そこで知り合った人は、近くに住んでいないかもしれませんが、同じ趣味や個人的な悩みを共有できるかもしれないからです。
志を同じくする独創的な人々は、たとえ直接会うことはなくとも、INFPの存在を歓迎するでしょう!

それは、INFPが現実の世界でつながりを築くことができないのではなく、インターネットを通じて孤独を感じさせない人々がいることに気づかせてくれることを意味します。
こうして、INFPは自信を取り戻すでしょう!
そして、他人との違いを受け入れて、自分に問題がないことを学ぶでしょう。
そうすれば、INFPは、深いレベルでお互いを理解できる相手に心を開けるようになります。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。