MBTI

MBTIの16タイプの比率は?

MBTIとは?

MBTIとは、アメリカの心理学者のマイヤーズ氏とブリックス氏により開発された心理学に基づいた性格診断テストで、大手企業や軍事組織などで用いられているような信頼できるテストになります。MBTIでは人々の性格を、内向/外向・感覚/直観・感情/思考・判断/知覚の分岐により、16種類に分類します。

MBTIの基本的姿勢として、人は片方の心理機能を使う傾向があるが、完全にもう片方の心理機能を使わないというわけではないということです。すなわち、あくまで思考的判断をとる傾向があるわけで、感情的判断を取らないという読み方をするのは間違いです。

また、優劣ではなくどちらに寄っているかというような見方をすることで自己理解・他者理解を深めるような診断テストであることがマイヤーズ氏とブリックス氏により、言われています。

MBTIについて、詳しくは以下を参考にしてみてください

あわせて読みたい
【MBTI】MBTIとは?【MBTI】mbtiとは? 1.MBTIについて 2.4つのアルファベットについて 3.外向的(E)・内向的(I)の違いとは 4.外向型(E)の特徴 5.内向型(I)の特徴 6.感覚型(S)・直観型(T)の違いとは 7.感覚型(S)の特徴とは 8.直観型(T)の特徴とは 9.感情型(F)と思考型(T)の違いとは 10.感情型(F)の特徴とは 11.思考型(T)の特徴とは 12.知覚(P)・判断(J)の違いとは 13.知覚型(P)の特徴 14.判断型(J)の特徴 ...

MBTIタイプの人口比率・分布

タイプ 全体比率
ENTJ 2.57%
ESTP 2.62%
ISTP 2.87%
ESTJ 3.39%
ISTJ 3.57%
INTJ 3.70%
ENTP 5.19%
ENFJ 5.59%
ESFP 6.02%
ISFP 6.74%
ESFJ 6.75%
INFJ 6.79%
ISFJ 6.82%
INTP 7.19%
ENFP 13.78%
INFP 16.44%

引用:16personalitiesより

上記が最も受講者が多い無料診断テストの公開している、タイプ別の比率の結果です。

2019年現在の日本における各タイプの分布は上記のようです。傾向としては、内向型(I)が外向型(E)よりも多くなっており、直観型(N)よりも感覚型(S)がやや多いこと、感情型(F)が思考型(T)よりも多く、知覚型(P)が判断型(J)よりも多いことがわかります。

ただ、これは16personalitiesを受けた受講者の結果による傾向であることと、ネット上でのインターネットアクセス数にタイプごとにより偏りがあることを加味すると、一概にこのパーセンテージが実社会で適応できる、というわけではないようです。

(実際にインターネットで検索する量が最も多いタイプはINFPタイプで、他のタイプの倍以上のトラフィックを持っていたりします)

また、16persinalitiesの他の情報源として、

タイプ 全体比率
INTJ 1.88%
INFJ 2.07%
ENTJ 3.22%
ISTP 3.60%
ENFJ 3.66%
INTP 4.09%
INFP 4.68%
ISFP 5.14%
ESTP 6.48%
ESFP 6.90%
ENTP 7.86%
ISFJ 8.08%
ISTJ 8.28%
ENFP 10.08%
ESTJ 11.84%
ESFJ 12.15%

出典:日本版MBTIマニュアル P.80
2011.10.3 (株)PDS総合研究所

こちらもあります。こちらのテストは、MBTIの協会が独自調査の元に算出されたデータであることから、ネット上によく現れる傾向とは異なるタイプが多いという見方をすることができます。どちらかといえば、現実社会ではこちらを参考にするのが良いと思われます。

次に世界のタイプ分布に関する図を以下に引用します。

mbti population

MBTIでも権威あるMBTI Manualより公表されているデータですので、こちらも信頼できるようなソースかと思います。

 

タイプ 海外(MBTI Manual) 国内(MBTIマニュアル)
国内(16personalities)
INFJ 1.50% 2.07% 6.79%
ENTJ 1.80% 3.22% 2.57%
INTJ 2.10% 1.88% 3.70%
ENFJ 2.50% 3.66% 5.59%
ENTP 3.20% 7.86% 5.19%
INTP 3.30% 4.09% 7.19%
ESTP 4.30% 6.48% 2.62%
INFP 4.40% 4.68% 16.44%
ISTP 5.40% 3.60% 2.87%
ENFP 8.10% 10.08% 13.78%
ESFP 8.50% 6.90% 6.02%
ESTJ 8.70% 11.84% 3.39%
ISFP 8.80% 5.14% 6.74%
ISTJ 11.60% 8.28% 3.57%
ESFJ 12.30% 12.15% 6.75%
ISFJ 13.80% 8.08% 6.82%

上記の結果をそれぞれまとめたのが、上記の表になります。

世界と国内を比べても大きく差があるタイプはいませんが、やはりNT型(xNTxのタイプです)が最も少なく、次にNF型(xNFx)、大多数はSP型(xSxP)やSJ型(xSxJ)に分類されるみたいですね。

国内でも国外でも最も多いタイプは、ESFJタイプである、ということもわかりました。

ESFJタイプは、規律正しく周りの人の面倒見が良い人間関係がうまい頼れるリーダータイプと言えます。部活動のキャプテンや、サークルの部長、会社では新人を育成するマネージャーなど、人間関係を円滑にする時にピカイチの働きをするタイプです。

一方少数派のNTタイプは、協調性こそSP型やSJ型、NF型と比べれば劣ってしまいますが、論理的思考力が高かったり、問題解決能力が高いことから、頼れる切り札的存在になれることも多いでしょう。

先ほどにも話しましたが、INFPタイプのネット上のトラフィック量は他のタイプの倍以上だったりするため、必ずしもこのデータが現実世界に応用できる訳ではないという風に考えていただけると幸いです。

また、テストの手法によりタイプが異なって算出される可能性もありますので、別のテストと評価基準も混合している可能性があるので、あくまで、傾向がある、という理解が良さそうです。

世界中のMBTI

世界中のMBTIタイプについても少し調べてみました。

今回とったデータでは、16personalitiesより引用します。

アメリカのMBTIタイプ

https://www.16personalities.com/country-profiles/united-states

上記を参照しました

アメリカの16personalitiesは、INFPが最も多く、時点でENFPが多いことがわかりました。日本同様の結果で、MBTIMannualの統計とは異なるデータになっているようです。

韓国のMBTIタイプ

korea mbti

引用: personalitiy cafe

2004年のもののようですが、韓国では、ISTJやESTJといったタイプが多いようです。これは面白いデータだなと思いますが、ISTJやESTJといえば、規律正しく伝統を重んじるタイプで行動力もあるタイプです。韓国らしさと言えば韓国らしさを感じる結果ですね

 

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。