MBTI

【MBTI】ISTJ型(管理者タイプ)の8の特徴

ISTJは、世界中では、最も一般的な人格タイプと言われています。ISTJに属する人は、おしとやかで、優しく、そして包容力のあるような人と言われる事も多いでしょう。

どんなMBTIのパーソナリティータイプにも、4つの心理機能があります。
そのような4つの心理機能は、情報を取り入れたり判断したりするために使用します。
思考(N)と感覚(S)は情報を認知する時に使用しますが、一方で感情(F)と論理(T)は情報を処理する時に使用します。

心理機能には色々と説がありますが、最も得意な心理機能から順に並べられます。
ISTJ型は、Si Te Fi Neと言う順に心理機能を使います。
ここで出てくるアルファベットは心理機能と呼ばれ、どのように情報を処理するかを意味しています。
アルファベットの順番には意味があり、左にあるほど得意であり、右にあるほど不得意と言われています。

あわせて読みたい
【MBTI】MBTIとは?【MBTI】mbtiとは? 1.MBTIについて 2.4つのアルファベットについて 3.外向的(E)・内向的(I)の違いとは 4.外向型(E)の特徴 5.内向型(I)の特徴 6.感覚型(S)・直観型(T)の違いとは 7.感覚型(S)の特徴とは 8.直観型(T)の特徴とは 9.感情型(F)と思考型(T)の違いとは 10.感情型(F)の特徴とは 11.思考型(T)の特徴とは 12.知覚(P)・判断(J)の違いとは 13.知覚型(P)の特徴 14.判断型(J)の特徴 ...
あわせて読みたい
【MBTI】ユングのタイプ論についてユングのタイプ論とはなんでしょうか?そもそもユングとは、内向性・外向性など説明します。 1.ユングとは? 2.外向性と内向性 3.補償という考え方 4.タイプ論における感覚・直観・思考・感情 5.タイプ論における8タイプ 6.外向的直観(Ne)について 7.内向的直観(Ni)について 8.外向的感覚(Se)について 9.内向的感覚(Si)について 10.外向的思考(Te)について 11.内向的思考(Ti)について 12.外向的感情(Fe)について 内向的感情(Fi)について ...

ISTJは正しく仕事をする

ISTJは仕事をしっかりとするタイプであり、適当な仕事をする人は稀でしょう。ISTJは自身の仕事に大きな誇りを持って取り組んでいます。ISTJは「正しいことを正しくやるだけだ」というモットーの元に動きます。そんなISTJは忍耐力と正確さを兼ね備えており、仕事に取り組みます。

ISTJは約束を守るタイプ

ISTJが何かをやろうとしていることを宣言するときに、ただ宣言するだけではありません。 たとえ、その挑戦に個人的な犠牲があったとしても、ISTJは最後までやり遂げることができます。ISTJは出来ない約束をし、口ばかりの約束を破棄する人が苦手であることが多く、怠惰で不誠実であることが許せないでしょう。

ISTJはときに冷酷

ISTJは実は仕事が出来ない人に対して、優しさや忍耐力がない事も多いでしょう。ISTJは与えられた問題を解決するために、問題解決に必要な実用的な計画を設定することができます。しかし、周りの人々がそういった計画を無視する時や、非現実的なアイデアを話している時間にはイライラしてしまうかもしれません。

ISTJは一人での仕事を好む

ISTJは基本的には周りの人とコミュニケーションを取るよりも一人で黙々と仕事をする方が得意なタイプです。チームで作業する場合は、組織の中で明確に確立された役割の元で仕事することを優先します。誰が誰に責任があるのかを明確にして、仕事に取り組むでしょう。ISTJにとって、最高の仲間は、一貫性があり信頼性のあるチームメイトです。

ISTJは言葉ではなく行動で周りと協調する

多くの場合、ISTJは自身の感情を表現するのに苦労していることでしょう。F型の人のように、華やかな言葉や壮大なコミュニケーションの代わりに、ISTJは自身が気にかけている人たちのために、物事を円滑に実行できるように熱心に働く「行動」によって周りの人や社会と協調することができます。

ISTJにとって規則は重要

最近ではネット上でも規則やルールが生まれているので、そういった規則を変更する必要があることはわかりますよね。しかし、そういった規則や構造によって社会には生産性や一貫性がもたらされることも事実です。これにより、最終的にみんなの生活が向上します。一方でISTJの嫌う適当さや怠惰さとは、期限を逃したり予期せぬ障害を起こしたりすることです。

ISTJは信頼されるリーダーにも

ISTJは責任感も強く、行動力があり、信頼できるので、周りの他の人が彼らの責任をISTJの人々に移そうとすることも多いでしょう。そういった人たちは、必ずしもISTJを利用しようとしているわけではなく、そういった信頼感からなのです。

ISTJは物事を扱うのがとても得意です。その一方で、責任が大きすぎると燃え尽きることになるのもまた事実です。ISTJにとって、責任転嫁の中で憤りを和らげるのではなく、自分自身のことも考えることが大切でしょう。

ISTJは地に足ついている

ISTJは理論的な概念や抽象的なアイデアに対して、議論することには、ほとんど興味を持っていません。加えて、空想的な想像力のあることを考える事もあまりないでしょう。

ISTJの神経はもっと実用的なことについて向いており、そういった現実的な話が好きです、そして、ISTJは特に何かをする方法を説明すること、または事実に基づく知識に対して経験を織り交ぜながら話すことを好みます。会話相手が、ISTJにとっても実用的な情報を提供するときに嬉しく思うでしょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。