MBTI

結婚に関するINFP、INTP、ENFPおよびENTPの不安

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

職業や進路、結婚など人生の選択に直面すると場面では人は誰でも悩むものです。とはいえ、性格タイプのなかには、他の性格タイプよりも、ひとつの選択肢にしぼり込むことに苦労します。このように、選択肢を残したままにすることで知られる知覚タイプは、一般的に物事を決めるのが遅く、判断タイプに比較して約束を守る信頼性が低い場合があります。

また、直観タイプは、自由で開放的なので、直観タイプと同様に選択肢を狭くして物事を決定するのに苦労する可能性があることを示唆しています。ですから、知覚かつ直観型であるNPタイプ(INFP、INTP、ENFP、ENTP)は、すべてのタイプの中で最も優柔不断であると言われています。

これらのNPタイプが、物事の決断に苦労する理由としては、その決断がNPタイプにとって利益になるかどうか調べようとするからです。NPタイプが備えている創造的、哲学的、あるいは探索的側面が強調された結果として優柔不断になってしまうのでしょう。

探索への強い欲求

性格タイプ理論によれば、すべてのNPタイプは主機能または補助的な機能として外向的直観を使用します。外向的直観は、自由、創造、そして探検の機能とされています。そんなNPタイプは、興味を引くものは何でも探求したいという衝動に駆り立てられます。

しかし、その内容には一貫性がなく、周囲の人々はNP型が次に何に興味を示すのか全く予測できません。なぜなら、NPタイプは、ある日何かに興奮していたとしても、急に興味を失ってしまうことがあるからです。

ですから、安定した日常はNPタイプにとっては退屈で息苦しく感じてしまいます。そんなNPタイプは、一般的に落ち着きがなくすぐに気が散るなど衝動的であると言われています。ただし、実際にほとんどのNPタイプは、自由に探索し、何かを発見する過程で世界や人々と関わり合うことを心から楽しんでいます。好奇心の赴くままに際限なく探索を続けます。

NPタイプは、どれだけの情報を集めるかという上限を設定しませんし、具体的に何についての情報を集めるのかという目標も設定しません。さらに、知覚型であるNPタイプは可能な限り争いを避けようとする傾向があります。これにより、NPタイプは従順で、外から見ると順応しているように見えますが、相手の言いなりになるのは不愉快に感じます。ですから、NPタイプは、一方では外部との調和を維持し、他方では自分自身に忠実であろうと努めます。NPタイプは、自分の行動を説明したり許可を求めることなく自由に自分の欲求に従って探索したいと願っています。

自由への憧れ

NPタイプは、自分の主観的な欲求に従って、自由に行動するので、何を望むか、または将来のある時点でどこに行くかを前もって予測することは周囲の人々は困難です。しかし、相手との親密な関係性を築くためには、自分の必要とすることを相手に伝えて、相手からも聞き出す必要があります。これは通常NPタイプがパートナーに対して献身的な愛情を注ぐ対象であるときは問題ではありません。

NPタイプの個人的な欲求とパートナーの欲求の間にはほとんど違いがありません。なぜなら、NPタイプの欲求はパートナーの望みを満たすことだからです。ただし、関係が続くなかで愛情が低下すると、NPタイプは相手と自分の異なる要求を調整するという課題に直面します。

そうなってしまうと、今まで心地よく感じられていた関係は、仕事のように見え始めます。そのため、NPタイプは、本能的に相手から遠ざかってしまうかもしれません。NPタイプが相手を理解し関係を良くしようとすると罪悪感や混乱、および不確実性が生じる可能性があります。どれだけ相手に妥協すれば良いのか、自分自身を失うのではないか、物事の本質は何かを深く考えてしまうからです。

もう1つの不安は、NPタイプが一人のパートナーと将来を約束するよりは、独身のままであったり、より幅広く交際範囲を持つ方が、最終的には有意義な人生を送るのではないかと考えるからです。さらに、NPタイプは、パートナーを支えることがそれ程得意ではありません。NPタイプが優柔不断である場合、そのパートナーはおそらく何かしらの決定を下すことになります。NPタイプは、約束された関係は価値がある以上に厄介になりやすいと考えています。そのため、NPタイプは、未婚のままだった生涯を終える人が他のタイプより多いと言われていますが、仕事、友情、家族とのつながりに満足しているようです。

結婚に対する不安

他の性格タイプと同様に、結婚を決意することは、INFP、INTP、ENFP、およびENTPにとって非常に重要な問題です。一般的に結婚は最初の情熱的な気持ちが時間の経過とともに減少する傾向があります。

しかし、情熱的な気持ちを失っても、子供や家族という形を維持することは可能です。結婚を肯定的に捉える人は、家庭を築き子供を育むことが関係を継続する充分な理由であると信じています。NPタイプは他人との関係が与える影響に敏感です。他者との関係が斬新で意味があり、可能性の追求を奨励するものであればそれで良いのです。

ただ、退屈には嫌悪感を抱くので、長期的な関係の中で新鮮な活力を持続できるかを知りたいと考えます。また、知覚型であるNPタイプにとって、1人の相手を選択することなく独身のままで過ごすことは、現代生活の無数の要求とストレスを考慮すると理解できます。同時に、多くのNPタイプは落ち着いてじっと座っていられません。

新しい挑戦を探求し、学び、創造し、取り組むことを楽しんでいます。言い換えれば、緊張感は、必ずしも敵ではありません。実際、NPタイプが最も嫌悪するのは退屈であり、本質的には緊張が不足する状態です。そのため、一部のNPタイプは自分の人生のストレスを減らしたいと思うかもしれませんが、退屈するほど人生が楽になりたくないことは間違いありません。そのためには、最大の自由と最小の義務を特徴とする、邪魔されない生活への欲求です。自由を愛するNPタイプがこの理想の形です。

理想の結婚

一部のNPタイプは、結婚の制度に懐疑的です。結婚を単なる文化的な構築物または社会的統制の道具と見なします。しかし、結婚が社会的構成要素であるとしても、結婚が生涯にわたる約束を前提としているという事実によって結婚を充分に検討する価値があると考えます。すべての結婚が平等である訳ではありません。また、現代の結婚の大部分は愛と善意から生まれますが、多くは時間の経過とともに無関心になってしまいます。そうは言っても、結婚をけついしたNPタイプは、結婚が豊かな意味のあるものであり、生命を与えることを望んでいます。

問題は、これを現実的に達成できるかどうか、どのように実現するかです。高い理想にもかかわらず、多くのNPタイプが結婚を多かれ少なかれ従来の形式と同じように進めることを残念に思っています。結婚において信頼できる関係を築くには、自分の要求を正確に伝えて、相手の要求を取り入れる能力が必要です。両方の要求を明確にし、それに応じて関係を形成することによってのみ、結婚において意味あるものとなります。もちろん、これは簡単ではありません。多くのNPタイプは、意識的に本物の関係の概念を空想し、それを作成することに興味を持っているでしょう。しかし、ほとんどの結婚は、NPタイプに刺激を与えないことを証明しがちです。解決策としてお互いの本物の要求を中心に結婚をすることです。自己実現や本物の自分への愛情を含む目に見えない効果は、一部のNPタイプの結婚に理想的な形となるでしょう。

結婚後の不安

結婚後も相手の要求と生活環境は絶えず変化し進化しているため、持続的な関係には会話が必要です。これは、探求し、議論し、克服する新しいものが常に存在することを意味します。それにもかかわらず、NPは、ある時点で、退屈または単調な関係に閉じ込められていることに気付くかもしれません。この恐怖の根底にあるのは、生涯の一夫一婦制の限界などに対する不安かもしれません。この恐怖はまた、型にはまらない生き方や関係のあり方を探求する自由を持つといった生活様式の不安を反映しているかもしれません。とにかくお互いに個人としての要求を明確にし、関係の文脈の中でそれらの要求が満たされるかどうか、どのように満たされるかについて話し合う必要があります。

おわりに

すべてのNPタイプが結婚に苦労するわけではありません。一部の人にとっては、愛と結婚に対する従来の方法で十分かもしれません。しかし、自由で自発的な探検家であるNPタイプは、結婚後も続く献身的な関係に満足を見つけることが可能でしょうか。どのようなタイプの結婚があるとすれば、NPを満足させることができるでしょうか。結婚は自由、新鮮さ、活力を高めるのかまたは損なうのか。NPタイプは、相手に対して柔軟性を持つことができるでしょうか。明確な答えは何処にもありません。しかし、NPタイプは、どの選択が適切であるかについて、独自の結論を出そうとするでしょう。とはいえ、多くのNPタイプは、結婚という関係から何を望むかをよりも先に個人としての方向性を考えることでしょう。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。