MBTI

ESFPの恋愛は?ESFPの恋人の特徴

ESFPの性格と恋愛の特徴

外でのアクティビティが楽しく、人生を謳歌しているESFPですが、協調性があり周りの人と一緒に様々な体験を楽しむようなタイプです。ESFPは日常的な喜びから、刺激的な楽しみまで幅広く人生に楽しみを見出せるようなタイプです。ESFPにとって、「人生」とは毎日を楽しむことであり、毎日を真剣に生きていることでしょう。

ESFPは思いやりがあり、恋人を喜ばせたいと常々思っています。ESFPは、恋人の抱えている情緒的な課題をすばやく認識することができ、その問題を対処しようと努めることでしょう。ESFPは恋人と一緒に外に出かけて多くの体験を共にすることで人生を謳歌します。ESFPは周りを励ますような力を持っており、もし恋人が何かチャレンジしようとしている時には励まし合い、協力することができます。ESFPにとって、チャレンジすることも人生の醍醐味ですので、多くのことにチャレンジすることでしょう

しかし、今を生きるESFPは恋人との長期的な関係を築くことには問題を抱えています。ESFPは恋愛関係から家族関係に変わっていく際に乗り越えにくい気質であるかもしれません。もちろん、自己理解を深めることができたESFPは自分自身についてこれを理解しており、うまく長期的関係を築くことができるでしょう。

目立ちたがりのESFP

ESFPは注目を浴びたいと感じており、学校では、一般的にはみんなの中心にいる人気のある学生でしょう。ESFPは陽気でノリも良く、人の気持ちに繊細ですので、いつもパーティーのような人生です。そのようなリア充のESFPですから、すでに結婚していることも少なくないでしょう。しかし、そんな幸せいっぱいのESFPも欠点があります。例えば、周りの意見を気にしすぎることや流されやすいところです。

実は繊細でデリケートなESFP

ESFPは目立ちたがりな性格ですが、非常にデリケートなタイプです。ESFPは自身の表情がや立ち振る舞いが周りの人に対してどのような影響を及ぼすのか常に考えていることでしょう。例えば、相手が少し落ち込んだり、何か気になることがあったりすると、すぐに感知することができるでしょう。そして、ESFPらしい盛り上げ方や、親身なコミニケーションにより励ますことができます。

しかし、敏感であるということはまた、ESFPが言葉を意図した以上に受け取ってしまうようなところがあるという意味合いも持っています。意図しない発言に、ESFPは傷ついてしまったり、激怒してしまうかもしれません。ESFPは時間が経つと、あとで反省することができるタイプですが、その場は感情的になっており抑えきれないこともあるでしょう

体験を好むESFP

ESFPは旅行、食べ物、服、そして外でのアクティビティのような人生の経験を楽しんでいます。ESFPは人と人の集まりが大好きで、会社でも友達でも懇親会や新年会・忘年会、集まりがあるところであれば、どこへでも行くことでしょう。そのため、アクティビティが好きな恋人であると相性がいいことでしょう。ESFPの理想的な日常は、キャンプへ訪れたり、色々な場所で様々な体験をすることです。

ESFPは衝動買いしてしまうタイプ

ESFPは外からの刺激に弱いタイプであるために、その衝動的な性質を克服しない限り、お金を節約したり、管理することが難しいと感じるかもしれません。ESFPは気まぐれで出費をしてしまうタイプであるために、貯蓄することは難しいタイプで、その分体験に投資していることでしょう。独身である間には問題がないことでしょうが、家庭を持つに連れて、克服するべき課題でしょう。

ESFPの恋愛の長所・短所

ESFPの恋愛の長所

  • 愛情が深いタイプであること
  • 情熱的で社交性があること
  • 恋人の情緒に敏感であること
  • 人生に冒険的であること

ESFPの恋愛の短所

  • 長期的な関係を築くことが苦手である
  • 批判を受け取ることが苦手
  • 金銭的に衝動的な傾向がある
  • 落ち着きがない

ESFPが恋愛関係を築くためには

ESFPが恋愛関係を築くには以下のポイントに注意すると良いでしょう。

長期的な関係を築くように恋愛する

ESFPは、物事を長期的に見るのではなく、その瞬間や直面している課題に取り組むことを好んでいます。現在、直面しているような難しい課題に関しては、そのESFPの役割は発揮されることでしょう。しかし、恋愛関係になると、長期的な視野を前提として交際をスタートすることも少なくないことでしょう。ですので、恋愛をする際には始める前に、長期的な関係に移行したいかどうかお互いに検討するのが得策です。

ESFPがただ、友情関係を築きたい、楽しい時間を探しているだけであれば、単にカジュアルデートにこだわることは良い判断かと思います。しかし、ESFPは別れのシーンは苦手なタイプです。別れの時には、ものすごい感情が込み上げてくることでしょう。

批判をあまり感情的に受け取らないこと

ESFPは厳しいフィードバックや批判を受けることは苦手と思うこともあるかもしれません。多くの場合、ESFPはESFPの恋人によって語られる客観的な事実に過剰反応するか、または傷つくかもしれません。しかし、ESFPの恋人は、特に悪気もなく、ただ事実を相手に伝えているだけと鈍感でいることもあるでしょう。

ESFPの人は、事実を特に感情的な問題だとして受け入れることはやめるようにしましょう。ESFPの人とは異なり、特に思考タイプの人は合理的に物事を考え、情緒的な問題として考えていないことも少なくないでしょう。

ESFPの人との恋愛

ESFPは自由が必要です

ESFPには自由が必要です。ESFPは忠誠心を求められることや、何かに縛られていると感じるとストレスを感じることでしょう。そのような環境元では、反抗心を持っていることも少なくないので、対立や衝突を引き起こすことも少なくないでしょう。もし、ESFPとともに過ごすのであればESFPを縛り付けることは避けて、ESFPにある程度の自由を与える必要があるでしょう。

ESFPの繊細に気付く

ESFPは性格的にも明るくて愛情深い性格ですが、感情的には繊細なタイプであり、傷つきやすいことでしょう。ESFPは傷つきやすいタイプであるために、事実を事実のまま伝えた限りでも、深く意味を取ろうとして、傷つき怒ったしまうことがあるでしょう。そのため、否定的なコメントをする時には、はじめにポジティブな内容を持ってくるなど工夫すると良いでしょう。

ESFPの冒険心を大目に見る

ESFPははじめに立てた計画も、途中で大きく変更してしまう傾向があるでしょう。ESFPはその瞬間その瞬間で気持ちや決断がずれてくることもあるでしょう。そして、決断を遅らせることも少なくないことでしょう。特に恋人が計画的であったり、融通が効かないタイプである場合には不愉快に感じることでしょう。ESFPと付き合っていく上では、ESFPの冒険心やその自由さに寛容になる必要があるでしょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。