MBTI

ESFPのリーダーの特徴とは?上司になったESFPのリーダーシップについて

ESFPは、社交性に溢れており、社会でも馴染みのある王道の性格タイプであり、リーダーになったESFPは思いやりのある周りの人にフレンドリーで人間的に魅力的なリーダーであるでしょう。ESFPは基本的に注意深く、自分のチームメンバーが抱えている問題点や要求に敏感であり、チームの誰かが問題を抱えていたり、助けを求めている場合には、最初に気付くことができるでしょう。ESFPのリーダーは人間関係に敏感で気を使っているために、非常に好意的なリーダーでしょう。

ESFPのリーダーの特徴

ESFPのリーダーシップ

ESFPは今を楽しむタイプであり、特に計画を持つことなく、今の感情や状況に応じて人生を生きているタイプです。そのため、ESFPは約束することによって縛られるのを好みません。ESFPにとっては、今この瞬間を生きていることが楽しいのであって、楽しいことを追求したいと考えているのです。そのため、ESFPは過去に起きたことに執着するわけでもなく、未来の問題を特に議論するわけでもないでしょう。そのため、仕事も常に現在に焦点を当てたものに向いていることでしょう。

ESFPの「今」へのこだわりは、時に時間を要する中朝的な計画などのシーンでは問題を起こしてしまう可能性があることでしょう。ESFPは目標設定や、中長期の戦略設計などが根本的に得意なタイプではありません。ESFPは目標を設計する必要を感じておらず、その状況の積み重ねで生きているタイプであり、人生の目的は「現在」を必死に生きることです。

ESFPのビジョンについて

ENFPが持っている社会への自発的な性質は早いペースで環境に適応することができるタイプであり、そして変化する環境に素早く・柔軟に適応することができるタイプです。そしてESFPが持っているそのような魅力は、その瞬間直面している課題に対して実用的な方法で解決することができることができるでしょう。

ESFPのリーダーは、チームの方向性を設定する際に、周りの人々の意見を募集し、そのような提案を柔軟に受け入れることができるでしょう。

しかし、ESFPのリーダーは、現在直面している問題に対して、長期的な解決策を考えることを避け、原因を考察することなく、その場しのぎの問題解決をすることでしょう。ESFPにとって抽象的な問題を議論することは得意ではなく、具体性を重要視するためです。ESFPのリーダーは、長期的な目標や長期的な戦略を少し軽視しがちであり、チーム全体にも強要しない傾向にあるでしょう。

ESFPのリーダーシップ

ESFPのリーダーは親切で思いやりのあるタイプたちであり、自身がひきているチームがきちんと管理されていることを確認することでしょう。ESFPのリーダーたちは周囲の人々の直面している問題や求めていることに敏感であり、強く意識しており、可能であればそれらの求めていることを満たすために行動に起こすことができるタイプです。ESFPのリーダーは社交的であり、非常に好意的であるため、周りの人が上手く付いてくることでしょう。

ただし、ESFPのリーダーは、集中力がなかったり、一人で居ることが得意ではなく、常に雑談やおしゃべりをしているようなタイプでありますので、その点は注意が必要でしょう。ESFPは、仕事を始めるよりも、雑談に集中してしまうことが多々あり、趣味を楽しむタイプであるためにその点仕事面では注意が必要です。

ESFPのリーダーシップにおいて、無意識のうちにより社交的な人々を評価し、その一方でもの静かな人を過小評価する傾向があります。物静かな人を過小評価するような環境下は仕事においては有害になることも多いでしょうから、その点警戒が必要です。

ESFPの目標達成

ESFPは現実問題を解決することや、五感を研ぎ澄ませながら問題を解決することが得意なタイプです。ESFPは仕事に直面すること問題に関しては、多くの場合チームを先導し、問題解決に導くでしょう。ESFPのように適応性があるということは、状況がどのように展開されているかに応じて、柔軟に施策を打ったり行動することができることでしょう、

ただし、目標を達成するために与えられたリソースを使い、人を上手くマネジメントすることはあまり向いていないことでしょう。ESFPにとって、このようなのリソースを最適に使用する方法や、戦略的な決定は最善とは考えておらず、その結果、リソースの無駄遣い、または実行力が欠けていることを原因としてチームに迷惑をかけてしまう可能性があるでしょう。

ESFPのリーダーシップを育てる

ESFPがリーダーシップを育てるためのヒントは次のとおりです。

事前に計画を立てる、仕事の準備をする

ESFPの人は会議やミーティングに対して準備をすることが苦手であり、事前の計画や準備をしない傾向にあるでしょう。ESFPは確かに、機敏な思考力を持っており、物事に柔軟に対応ができる特徴があり、即興で話したり問題解決することができます。しかし、このESFPのやり方は必ずしも社会の中でうまくいくわけではありません。チームワークを行う中で、会議を設置したり、事前の必要知識を身につけることは大切です。リーダーとしては特に重要な性質ですので、真剣さを伝える意味でも、事前の計画性は大切にしましょう。

批判的な意見を受け入れる

ESFPはポジティブな意見は積極的に取り入れることでしょうが、その一方でネガティブな意見を柔軟に受け入れることができないタイプです。しかし、ネガティブな意見はポジティブな意見と同様に大切です。

そして、ネガティブな意見を感情的に捉えることは辞めると良いでしょう。ネガティブな意見の伝えたい意味を理解し、合理的な問題として扱うことがESFPにとって必要になってくることでしょう。

戦略性を持つ

ESFPは今日直面している問題には戦略的な視点を持つことができることでしょう。どのような傾向を持っているか、どのようなパターンがあるかは受け入れることができるタイプです。しかし、ESFPの人は長期的な問題になった途端にそのような戦略的視点を欠けてしまうタイプであり、チームをどのように運用し活用するか、といったマネジメントは得意ではないことでしょう。リーダーとしては一歩後退し、プロジェクトを客観視するように努力することが良いでしょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。