MBTI

【MBTIタイプ別】意思決定に際しての特徴【SP & SJタイプ編】

あなたは、データの詳細を知らない、または将来の影響を明確に予測できなかった、もしくは関係者の心情を鑑みることを疎かにしたがために、判断を誤って後悔をしたことがあるでしょうか?

意思決定を下すとき。取得した情報を理解し、それをどう扱うかを判断するために、私たちは使い慣れた心理機能についつい依存してしまうという傾向を持っています。

たとえば、あなたがENFJであれば、将来の影響と大局を見てから(直感)、関係者が求めているものを見て(感情)、それから妥当だと思われる判断を下すことになるでしょう。ただしENFJは、事実や詳細を十分に詳しく調べること(感覚)、および客観的に分析してメリットとデメリットを把握すること(思考)を疎かにしてしまい、それが誤った決断に繋がることがあります。

なので意思決定を下すとき、特にそれにより人生や仕事に於いての局面が激変するであろう重要な決断をするときには、主要な心理機能「優勢機能」と「補助機能」だけでなく、苦手とする「第三機能」と「劣位機能」も活用して、より他面的に物事を見ることが重要となってきます。

とはいえ、やはり人には得手不得手があるものです。あなたにとって苦手なことを、逆に得意としている人もいるでしょう。そういうときは、それを得意としている人々に頼るというのも一つの手段です。――そういうわけで今回は、パーソナリティタイプ別「意思決定をするにあたっての特徴」をご紹介します!

……そして本題に移る前に。4つの心理機能について、おさらいしておきましょう!

「感覚(タイプコード: S)」

このタイプは、過去に実証されている事実、および自分が経験してきたことを尊びます。詳細にこだわり、現実的です。また、可能性に賭けることを良しとしません。

外向的感覚、もしくは内向的感覚が優勢なタイプは、以下のような言葉をよく発します:

  • 「それは事実なのか?」
  • 「具体的な詳細を知りたい」
  • 「それについて、君は経験があるのか?」
  • 「それは現実的だとはいえない」
  • 「今、何が必要とされているのか?」

「直感(タイプコード: N)」

このタイプは、閃きで思いついたアイディア、および未知の領域への挑戦を尊びます。大局を見て判断し、夢想的です。また、可能性に賭けることが大好きです。

外向的直感、もしくは内向的直感が優勢なタイプは、以下のような言葉をよく発します:

  • 「それは可能なのか?」
  • 「将来の展望を知りたい」
  • 「それについて、君はどのようなビジョンを持っているのか?」
  • 「それは将来に悪影響を及ぼしかねない」
  • 「未来のために、今の何を変えるべきなのか?」

「思考(タイプコード: T)」

このタイプは、客観的な視点から物事を観ます。どちらかといえば合理的であり、思いやりに欠け、情緒は控えめな傾向があります。

外向的思考、もしくは内向的思考が優勢なタイプは、以下のような言葉をよく発します:

  • 「それぞれの選択肢がもたらす結果は何?」
  • 「その案の、メリットとデメリットは?」
  • 「その決断に至った理由を、論理的に述べなさい」
  • 「客観的になりなさい」
  • 「非合理的な感情の為に、リスクを冒すべきではない」

「感情(タイプコード: F)」

このタイプは、主観的な観点から物事を観ます。どちらかといえば非合理的であり、思いやりに溢れ、情緒豊かな傾向があります。

外向的感情、もしくは内向的感情が優勢なタイプは、以下のような言葉をよく発します:

  • 「この決定は倫理的に如何なのでしょうか?」
  • 「計画を実行するにあたり、どのように感じていますか?」
  • 「他の人はこの決定に、どう感じているかを聞きましたか?」
  • 「これは関係者に、何らかの悪影響を与える決定ではありませんよね?」
  • 「合理的になるあまり、感情を蔑ろにしてはいけない」

【MBTIタイプ別】意思決定に際しての特徴【SP & SJタイプ編】

ESFPの意思決定について

ESFPは、その決断が現実的であるか、実行可能であるのかの判断がつかない場合に必要とされる人々です。ESFPは現実主義者であり、人間の感情や信頼性レベルを理解する能力も備えています。

そして彼らは「計画だけを見れば実行可能であるが、はたして人々がこの計画に協力してくれるのだろうか」という視点から、状況を鑑みる能力の持ち主です。そのうえで計画に携わるメンバーに情緒的なサポートを行うことができるのも、ESFPの強みです。

また、誰を信頼すべきか分からない時には、ESFPに頼るといいでしょう。彼らは人を見る目が優れているので、不正を働きそうな人物や嘘を吐いている人物をふるいに掛けて落とすことができます。とはいえESFPには飽き性で気まぐれなきらいがあり、まずは彼らを信用することができるかどうかから検討を始めるべきかもしれません。

ESTPの意思決定について

ESTPは、危機的状況において客観的に状況を分析することに長けているパーソナリティです。そもそも彼らは、難題にチャレンジするということが好き。ゆえに多くの人々がパニックに陥っているような状況において「全員を救う」ようなことが大好きなのです。

とはいえESTPは非常に現実的な視点を持った、地に足のついた人物。もしも下そうとしている決断が現実的、または実行可能かどうか分からない場合は、ESTPに意見を求めるといいでしょう。彼らは素早い機転と論理的な思考から、速やかに最適な答えを示してくれるはずです。

以上のことから、ESTPは危機的状況において救世主になり得る人材といえます。ただし彼らにはリスクを恐れないどころか、自ら危険に飛び込んでいくことを楽しいと感じる傾向があるため、彼らの無謀な行動に歯止めを掛ける人物が必要となるでしょう。

ISFPの意思決定について

ISFPには、周囲の人々の感情と忠誠心のレベルを完璧に把握する才能があります。

彼らは、誰が信頼できるかを知っていて、誰が信用できず、そして誰が裏切り者で、または誰が最も清い心の持ち主なのかを、本能的に見分けることが出来るのです。そんなISFPは、誰を信用し誰を信用すべきでないかを見極めるべき時に、頼りにすべき存在といえます。

また、彼らは常に本質を見抜く目を持っています。人々が最悪のシナリオにばかり気を取られ、それ以外のものが目につかなくなっている時に、ISFPは「本当に注目すべき、根本的なポイント」を示してくれるでしょう。ただしISFPの視点はどこか浮世離れしていることも多く、時として現実的ではない意見が彼らから飛び出てくることもあります。

ISTPの意思決定について

常に冷静で客観的、そして非常に論理的な思考を持っているISTPは、現実に発生している危機的状況において必要とされる人々でしょう。このタイプは、多くの人々が見逃したであろう詳細を把握し、それらをつなぎ合わせて、実用的な解決策を即興で作ることに優れています。

フィクションで例をあげるなら、ドラマ「冒険野郎マクガイバー」の主人公、様々な危機を優れた科学知識とアーミーナイフで乗り切るアンガス・マクガイバーが、まさにこのタイプの象徴だといえます。ISTPは模範解答のない異常な状況を、優れた機転により打破してみせるのです。

客観的で現実的、そして多くの物事にある長所と短所を比較検討できる優秀な人材が必要な場合は、ISTPを探すといいでしょう。ただしISTPは非常に客観的であるため、情緒的なサポートは望めないでしょう。

ESFJの意思決定について

ESFJは、仕事を成し遂げるためには欠かせない人間関係の調和を作り出すこと、及び人々を組織することに長けています。彼らは現実に基づいて考える、真正の現実主義者です。彼らは状態の安定化を図ること、ないし安定している状態を維持することが最善だと考えるため、リスクをはらむ大規模な改変を望まないことが多いでしょう。

またESFJは物事を整理することを得意とする人が多く、最低限のコストでより効果を挙げる方法を考えることが得意でもあります。そのため、コストカットを検討する際には相談したい人材です。

そんな彼らは、平和と快適さを作り出すことをある種、使命と感じているところがあります。その使命感により彼らは、複雑な社会問題やジレンマに直面した時には、まず犠牲を強いられている立場の人々に共感を示し、そこから改善へ向けた計画を考案することができるでしょう。

ESTJの意思決定について

ESTJは、効率化のスペシャリストといえるでしょう。達成しなければならない大きな目標があり、それらを順序立った段階に分解して、それを基に計画を立案するために支援が必要な場合、このタイプは必要不可欠な存在です。

彼らは論理的に状況や物事を分析し、長所と短所を見極めることや、情報を基に事実と現実を見るのが得意です。なので彼らは、その計画や決定が論理的であるかどうかを教えてくれるでしょう。そして視点が現実的ではない時には警告し、仮説を裏付ける事実が信憑性に欠けている時には、もう一度検証するよう促してくれるはずです。

実用的な意思決定を望むなら、ESTJという存在は欠かせないでしょう。ただしESTJには絶対的な自信があるため、自分の意見を曲げない上に、過ちを認めないという弱点があります。

ISFJの意思決定について

ISFJはどのような状況でも、人々の心を落ち着かせるような存在感を放っているでしょう。そんなISFJは通常、周囲の人々が抱えているニーズを満たすことや、人々が抱える懸念に対して冷静な助言を与えることを得意としています。

彼らは一般的に現実に根付いていることが多く、常識と良識を備えている善良な人々でしょう。また彼らは、事実が何であるか、状況の背景に何があるのかが分からないときに、その答えを出す能力に長けています。

そんな彼らは優れた共感性を用いて、現在にある問題点を発見することができます。そして過去に在った実例などを基に、洗練された知性によって現実的な決断を下し、調和を図ることができるでしょう。しかし他者の感情に左右されるあまり、優柔不断になりがちな傾向があります。

ISTJの意思決定について

ISTJは揺るぎない信頼性と、整合性のとれた論理的思考が特徴です。このタイプは、過去に実証済みの方法を確認し、そして現在の状況に至った経緯を分析して、どういった決定が最も確実に結果を挙げるかを判断することができるでしょう。

彼らは冷静さを保つのが得意であり、時間をかけて状況を細やかに分析することができ、そして感情に左右されることはありません。焦りや混乱から、見当違いな判断を下すこともあまりない、冷静沈着なタイプです。

なのでISTJは、徹底的な分析が必要とされる状況において、求められる人材だといえます。ただし「過去に実証済み」というポイントにこだわるあまり、可能性に賭けることを極端に拒むという、融通が利かない一面も持ち合わせています。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。