MBTI

【MBTI】16タイプの高校時代

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

高校時代、あなたはどんな風に過ごしていましたか?

高校時代は誰にとっても新鮮で新しい経験が待ち受けているものです。
社会的な関係が築かれる最初の環境ですね。
外に出て人と関わることが楽しみになる人、また新しい環境の戸惑いを覚える人など様々です。
あなたの高校時代はどのようなものだったのか、タイプ別にみていきましょう。

INFJ

とてもシャイな高校生ではなかったですか?
ときには一人でポツンと本を読んでいることもあったと思います。
友達とうまくいかなかったわけではなく、ただ一人の時間も大切にしていたのです。
高校をいう環境にすぐに馴染めなかったのかもしれません。
勉強の面でも、とても努力をしていて、高校時代のノートには色々な書き込みがあったことでしょう。
それは授業の内容だけでなく、思春期の思いも書かれていましたね。
成績もよく周りからも一目置かれるような存在でした。
高校時代は勉強とともに音楽や遊びでも楽しんでいた時間を送っていましたね。

ENFJ

高校ではとても人気者でした。
必ず学校に一人はいた、お勉強もできてスポーツもできて、人気者。まさにそのタイプだったのではないでしょうか?
誰もが羨む優等生ですね。
また、学校内の役員などを務めていたりと、大活躍の高校時代だったでしょうね。
学校内で行われていたイベントを率先して運営したりと、大活躍な高校時代だったと思います。
これまで培ってきたものが高校時代で花開いたということですね。

INFP

高校時代は何をしていたでしょう。きっと読書から知識をたくさん得ていたのではありませんか?
本からイマジネーションを得て、これからの人生を空想したり自分で組み立てていたのです。
お友達と楽しい時間は過ごしていましたが、高校で勉強から何かを学ぶ必要を感じていませんでした。
勉強とは自分で学ぶものと考えていたのかもしれませんね。
自分の才能や、活躍する場所は高校生活ではなく今後、続いていく人生にあると考えていたのです。
高校を卒業するとともにこのタイプの人は本当の意味で活動が始まるのです。
友達と何かをしたいと思うのですが、そのタイミングをいつの逃してしまったり気が進まなかったりとなかなか行動につながらなかったこともあったと思います。
高校時代に読書から得た知識はこの先の人生でとても役に立ったことは実感しているはずです。

ENFP

エネルギーに満ち溢れているこの人は、高校内での活動だけでは物足りなかった10代だったでしょうね。
もっともっと、広い場所と人間関係で活動していました。
高校生でありながら、広い社会生活を送っていて、そこで新しい才能を発揮しました。
社交的で、学校内の友達だけではなく同年代の多くの友達が出来ていたと思います。
こうした外での活動が大好きな反面、読書の大切なものと考えています。
自分だけの時間も大切にして、読書やまさにイマジネーションを培う時間を持っていたのです。
これにより、エネルギッシュに多くの活動をこなすことができたのです。

ENTJ

社交的な人です。
これは高校時代で社交的であることの楽しさなどを知ることができたからですね。
学校の教員や指導者などともとても良い関係を結んでいます。
関係の築き方も高校時代の学び、これは大学や社会人になってから大いに役立っている部分ですね。
高校時代は成績もよく、人慕われることが多かったですね。

INTP

学校生活に興味が湧かなかった覚えはまりませんか?
学校に行かずに、好きなこと、例えばスケボーをしたり、、自分が興味を持てることばかりしていた日々でったかもしれませんね。
だからと言って勉強ができない人ではないので、学校や教師から一目置かれていました。
テストなども、授業に出ていないのに、きちんと結果を出せるのです。
これはクラスメイトからも羨ましがられ、羨望の眼差しで見られていたかもしれません。
賢いからゆえ、学校の授業が効率が良くないと感じていたのかもしれないですね。
高校で学ぶことより、要領よく過ごすかわす方法を見つけ出したようです。

ENTP

自分の意見を持ち、それを伝えることが大切だと思いっています。
討論やディスカッションが好きなので、なにか問題が起きると喜んで意見の交換をします。
また意思も強く意見はっきり言うので、少し敬遠されていたこともありました。
これは先生などに対しても同じように意見をしていました。
とても真面目な人なのでその意見はとても大切に扱われていました。
日々のこの人の行いと言えますね。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。