初めての性格分析はこちらから👇

【MBTI】16タイプ別の退屈する理由(内向型編)

INFJと退屈

INFJは、長期的な展望や人生における目的が不足していると退屈を感じます。INFJは、ひたむきで理想主義的な傾向があり、常に人生における自分だけの使命を探しています。人生において何を目的地とするのか、その目標が何なのかわからないときは、先延ばしに苦しむことになります。繰り返す日課を日々こなすことが必要がある仕事では疲れ果ててしまいます。また、表面的なレベルの現実に焦点を当てた会話を長々と聞かされると落ち着かないことがあります。INFJは、長期的な目標、または自分に向かって取り組む展望がある場合、直観と閃きを駆使して長期間働くことができます。しかし、同じことの繰り返しで、主に短期的な利益に焦点を合わせている仕事であれば、やる気を維持することがより困難であることがわかります。

INTJと退屈

INTJは、長期的な意味を持たない具体的で細かいことに焦点を当てなければならないときに、最も退屈に感じます。同じことを何度も考えるのは精神的な拷問のように感じられます。INTJは長期的な目標に向かって、常に前進し、着実に仕事をしていきたいと願っています。達成の機会や余地がないと、落ち着かず不満を感じてしまいます。実現したい未来ではなく、目の前の瞬間にすべてのエネルギーを集中させなければならないのは、INTJにとって疲れることです。なぜなら、INTJは、目標を達成し、効率的な世界を構築したいと思うように、精神的にプログラムされています。自分のビジョンを見つけ、それを達成するための自立性と手段を手に入れると、退屈が消えていくのを感じます。

ISFPと退屈

ISFPは、人生の意味と目的意識と情熱を望んでいます。仕事に楽しさを見出し、直接的な利益をもたらす活動に従事したいと考えています。そんなISFPの環境に美しい景色や好きな歌、味わいなどがないと退屈しています。人生における単調な繰り返しを感じ、自分の仕事に意味がないと感じると退屈します。また、ひとつの環境に閉じこめられてしまうと退屈する傾向があります。多くの人間性に欠けた冷たい会話、1日8時間じっと座っていなければならない仕事、これらすべてのことにより、ISFPは、落ち着きがなく、息苦しく感じます。また、大げさな人に対してもうんざりします。

ISTPと退屈

ISTPは、独立と自由を自分の人生の指針にしたいと考えています。他の人々が感情的な魅力と操作を通して支配しようとしているとき退屈だと感じます。相手の言葉に感動するよりも、落ち着かない気持ちになります。どんな種類の小言も気取らない長話もISTPを疲れさせます。また、座ってばかりいる繰り返しの仕事を強制されると失望します。ISTPは自発的でスピード感溢れる解決するためのさまざまな課題を考慮した生活様式で最高に成長します。

ISFJと退屈

ISFJは、親密な友情と美しい環境に満ちた人生を切望しています。ですから、何よりも大切な友人や家族との記念日の儀式が何もない時に退屈していることに気づきます。他人との関係が浅いものであると感じる時に人生は目的に欠けているように感じます。人間味に欠ける冷たい環境は、ISFJのやる気と落ち着きを感じさせます。年月を積み重ねてきた友情や愛情を意味のある儀式によって価値ある思い出に残したいのです。ISFJは、安らぎと帰属感に溢れた環境を望んでいます。ISFJの価値観を無視した生活を送ることによって退屈させられます。

ISTJと退屈

ISTJは、自律性と秩序、平和な生活を大切にします。ですから、目標に合わない無関係なことに集中しなければならないとき、退屈していることに気づきます。例えば、仕事を完了しようとしていて、誰かの個人的な問題で中断された場合、そわそわして落ち着かないと感じるでしょう。ISTJは、内向的なので、あまりにも広範囲な交友を余儀なくされているなら、疲れて孤立していると感じるかもしれません。そんな時は、一人で時間を過ごして、さまざまな趣味や興味に夢中になると良いでしょう。ISTJの退屈は、個人的な努力と関係のないことに集中することを強いる社会的義務から生じます。また、すぐに実用可能な話題が不足している会話でも退屈する傾向があります。

INFPと退屈

個人主義で意味のないことを強制的に考えさせられるとINFPは最も退屈だと感じます。例えば、皿洗いや散歩をしているときの精神状態は自由で快適なのですが、意味のない他人の話をたくさん聞かされると嫌気がさして落ち着きがなくなります。また、創造性を発揮する機会が与えられていないときは退屈する傾向があります。従うべき厳格な規則と手順がある仕事に集中しなければならない場合は、疲れ果ててしまうでしょう。なぜなら、INFPは創造的なアイデアを次々と創造して夢を叶えたいと思っているからです。そのために、新しい可能性を追求し、斬新な解決策を思い描き、個人的な意味を持つ何かを創造したいと思っています。あまりにも現実的で具体的な規則に縛られる日常生活では、直観と創造力が錆び付いてしまう気がします。

INTPと退屈

INTPにとっての退屈とは精神的な刺激が欠如している状態のようです。例えば、克服しようとする知的な挑戦、解決する問題、実現するアイデアが必要です。日常に溢れた個人的な世間話に長く巻き込まれてしまうと拷問のように感じることがあります。また、仕事を従来通りの方法で細かく管理されることは、INTPの能力を完全に無駄にしているように感じます。なぜなら、INTPは可能性を追求し試行錯誤の末に、これまでに解決されたことのない方法で問題を解決させたいと願っているからです。そのために、知識を習得しそれを自分の中に蓄積したいと考えています。繰り返しの多い仕事や日常的な会話に時間を費やしていたのでは新しいアイデアに繋がる貴重な情報を手に入れることも出来ず退屈してしまいます。