MBTI

【MBTIタイプ別】上司に向いているかどうか J型編

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

私たちの生活は様々な集団で成り立っています。例えば、家族や友人関係、学校、職場などたくさんの組織の中で生活しています。組織の中には、必ず周囲の人達を引っ張る上司が存在するはずです。上司に向いている人もいれば、部下の時間管理や目標達成など様々な重圧がストレスとなるようなあまり上司に向かない人もいます。MBTIのタイプに基づいて、どのような上司のなるかを紹介します。

INFJが上司にむいているかどうか

命令に従うことに大きな不満を感じるINFJは自分が上司になる方が良いでしょう。なぜなら、INFJは強い自立心と自制心をもっているので、尊敬していない人から命令されると嫌になってしまうからです。ただし、心から尊敬出来る上司からの指示で、好きな仕事が出来るのならば、素晴らしい能力を発揮して全てを完璧に処理するでしょう。同時に、INFJは自分が上司となる機会を大事にしています。INFJは、目先の利益だけではなく、愛と思いやりをもってこの世界を良くしたいと願っており、上司になることはその第一歩であると考えています。

ENFJが上司にむいているかどうか

ENFJはとても有能な上司であり、上司という立場を楽しむことが出来るでしょう。自分の理想や価値観を大切にするENFJは、独自のやり方で行動を管理し目標を設定して、それを達成します。その過程は、他人の指示に従うよりもはるかに楽しいでしょう。また、ENFJは、複数のことを同時に進めるのが得意で、周囲の人々と協力して計画を進めたいと思っています。さらに、人が成長することに大きな満足感を得るでしょう。ですから、部下の能力を伸ばすのがうまく、また相手の良い点を発見するのが上手なので素晴らしい上司となるでしょう。

INTJが上司にむいているかどうか

INTJは自分の上司になった方が快適で、上手く仕事をこなすことが出来るでしょう。なぜなら、INTJは、自分のやる気を引き出す方法を知っているので、物事を成し遂げる際に誰かの助けはそれ程必要としません。論理的に優れていて、型破りな自らの方法やアイデアを成立させます。ただ、INTJは、他人の感情的で無意味な話を延々と聞かされるのは耐えられません。そのため、INTJはチームで働くことはそれ程得意ではありません。ですから、INTJは、他の誰かを支援するよりは、自分自身が完全に独立して仕事が出来る環境の方が快適であると言えるでしょう。

ENTJが上司にむいているかどうか

ENTJは誰かの下で働くよりも自分が上司であることを好みます。なぜなら、ENTJは自分のやる気を自ら引き出し、スケジュール管理して、設定した目標を達成する方法を知っているからです。戦略的に物事を考え、長い時間をかけて集中しながら、強い決意を持って計画の各過程を遂行できる能力があります。ですから、ENTJは自分が主体となって物事を成し遂げる状況を大好きです。誰かの命令に従う必要がない自分が上司であることを楽しむでしょう。

ISTJが上司にむいているかどうか

ISTJは上司になった際には、上手に仕事を処理することが出来るのですが、時には、上司としての重圧がストレスになることもあります。なぜなら、ISTJは自分が知らないことに何しては、躊躇してしまう傾向があります。自分自身が上司となり、ビジネスを運営するためには、多くの場合、予測不可能なことが限りなくなくあります。そのため、誰かの下で働くことによって得られる安心感はISTJにとって快適なものです。そうは言っても、ISTJは、自分の行動には必ず責任を取り、目標に向けて作業する際は、時間とエネルギーを惜しみなく費やし、根気強く正確に完了させます。上司としての能力は充分にあります。ですから、仕事のリスクがどれだけあるかに左右されると言えます。

ESTJが上司にむいているかどうか

ESTJは、強い意志を持っているので、自分が上司になることを楽しむことが出来るでしょう。他の誰かのために働くという義務感は、ESTJにとってかなり気分が悪くなることです。なぜなら、ESTJは、他人から命令されるのではなく、個人的に独立した感覚で物事を処理することをが好きだからです。ただ、ESTJは危険を犯すことや未知の領域に向かうことはそれ程好きではありません。ESTJが上司になる場合には、安定性があり、失敗する際のリスクがないことをあらかじめ分かっていればより楽しくなるでしょう。

ISFJが上司にむいているかどうか

ISFJは、誰かの下で働くことを全く気にしません。上司の指示に従って、物事を成し遂げるために一生懸命働きます。ISFJは、暴言を吐いたり、褒めることを全くしない上司の下で働くのは好きではありませんが、きちんとした敬意を表する上司のために働くことはできます。ISFJは命令に従うことを嫌だと感じることは一切なく、周囲の誰よりも仕事をうまくこなせることに長けています。責任を果たしながら、常に求められている以上のことをし、期待を上回ったり、他人を喜ばせたりするためには何でもします。ISFJが未知の世界に足を踏み入れることを好まないため、信頼できる上司の下で働くことは快適に感じるようです。

ESFJが上司にむいているかどうか

ESFJは、他人の命令に従うのは、イライラする可能性があるため、多くの場合、自分が上司であることを好みます。勿論、上司の下で働く場合でも、部下としての立場で最善を尽くし、他の人を喜ばせたいと思っていますが、尊敬していない人を支援しなければならないために消耗してしまいます。また、他の人のために働くことは、時として、家族の時間を奪うことにもなります。これは、ESFJを悩ませるものです。ESFJは、部下として働く能力は充分にあるのですが、実際には、自分が上司となって、独自のやり方で仕事をしたいと考えています。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。