MBTI

【16タイプ別】人生における仕事と私生活の切替え P型編

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

人は誰でも家庭では夫や妻、親や子供であり、会社に勤めているならば経営者や従業員など様々な立場でそれぞれの役割を果たしているでしょう。人生において、様々な役割を果たす場合に、個人的な生活と仕事を上手に切り替えて、割り切った態度で望む人もいれば、なかなか切り替えが出来ない人もいます。

ISTP

ISTPは、仕事と私生活を切替えることは可能ですが、敢えてそうする必要はないと考えています。なぜなら、ISTPは、他人を喜ばせる振舞いをするよりも、自分の意志を優先したいと考えているからです。ISTPは大変好奇心旺盛で、今この瞬間を大切にしたいと考えています。そして、目の前に起こる出来事を楽しみながら次々と学んでいきます。ですから、仕事と私生活を切替えることには目が向かないでしょう。

ESTP

ESTPは、必要な場合にのみ私生活と仕事を切替えますが、それ以外では切替えに苦労します。なぜなら、ESTPは、今この時を生きていて、瞬時に行動します。ドラマチックで情熱に溢れた、心躍るような物事を楽しみたいと考えているので、とても開放的です。他人の道徳基準よりも、自分自身の道徳基準に従う方が理にかなっているので、周囲にあわせrて私生活と仕事を切替えることの優先順位は低いでしょう。

ISFP

ISFPは仕事と私生活の切替えに苦労するでしょう。なぜなら、ISFPは、嘘偽りなく周囲の人々に対して心を開きたいからです。また、ISFPは、周囲の人々を喜ばせるためだけに自分の一部を隠すのは不自然に感じることがよくあります。さらに、ISFPは、自分の心に従って人生を送りたいと思っています。自分の内なる感情に誠実に従おうとすると私生活と仕事の切替えを難しくします。

INTP

INTPは、生活のなかで、仕事と私生活を切替えるに苦労することもあります。INTPは、創造力と潜在能力を発揮できる環境を見つけると、時間やエネルギーを際限なく費やし、先入観にとらわれない素晴らしい解決策を見い出します。このように、目の前の問題解決に情熱を傾けるので、仕事と私生活の切替えは難しいかもしれません。

ENTP

ENTPは、私生活と仕事の切替えに苦労することがあります。なぜなら、ENTPは、状況に応じて行動を変えることがそれ程得意ではありません。そして、ENTPは、仕事と私生活を切替える必要をあまり感じていません。そのような切替えよりも、あらゆる機会から物事を最大限に学び、体験することが重要であると考えています。また、ENTPは、他の人を喜ばせるために行動しようとすることも嫌いなので、いつも同じ自然な自分でありたいと思っています。

ESFP

ESFPは、私生活と仕事の切替えに苦労することがよくあります。ESFPは、開放的で表現力が豊かです。そして、他人を喜ばせるためだけに自分を変える必要はないと感じています。ESFPは他人の感情に非常に敏感で、誰かが難題を抱えていたら、真っ先に手を差し伸べて話し合い、進んで気持ちを支えようとします。いつも、正直に周囲の人々に対して心を開いているので、私生活と仕事を切替えるのは難しいかもしれません。

INFP

INFPは、私生活と仕事の切替えは少し難しいかもしれません。なぜなら、INFPは、真の理想主義者で、極悪人や最悪の出来事の中にさえも、常に良いところを見い出し、物事をより良くするための方法を模索するからです。そして、誰に対しても開放的であることを心から快適に感じます。ですから、私生活と仕事を明確に線引きするのではなく心が通じ合った大切な人達との人生を共有したいと願っています。

ENFP

ENFPは、仕事と私生活の切替え際に苦労することがあります。なぜなら、ENFPは、役割に応じて態度を変えることは不誠実だと感じるからです。ENFPは、周囲の人々と飾らない自然な気持ちで過ごすことが何よりも幸せです。必要に迫られて、私生活と仕事を切替える場合がありますが、大切な人を深く傷つけられた時や、自分を守る必要があると感じたとき起こります。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。