MBTI

【16タイプ別】時間浪費についての考え方の違いは?

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ある人は喜んで無駄な時間を過ごすかもしれませんが、大抵の人はそれにイライラしてしまいます。もし誰かが仕事で「努力している間」に「ただ生きているだけの時間」を過ごしても、無駄じゃないと思う人もいるかもしれません。
では個性別に「時間浪費」についてどう感じるかをここに紹介してみましょう。

INFJ

このタイプの人は誠実な行動をしますが、他の人に理解されないことが多いでしょう。でも本人にとって「意味がある」ことだと思っています。
INFJはSNSやチャットで他人と繋がる事で自分の居場所を広げることに生きがいを感じます。他の人から見ると時間を無駄にしているように見えるのかもしれません。

ENFJ

このタイプは時間を無駄にすることを嫌います。特に自分の予定が狂わされるとイライラするでしょう。
ENFJはたいして意味がないことをすると自分を責めてしまいます。時にこのタイプの人は自分の好きな事で時間を使ってみますが、うまくいきません。

ENFP

ENFPは時間の使い方には関心がなく、次々に色々なことを試みてバカげたことも行います。彼らにとっては誰かと一緒に楽しい経験をして「自分たちの正義」が通用する環境にしていくことが大切なのです。
ENFPは誰かに「こうあってほしい」と強要されるのを嫌い、「意味のある」ことを突っぱねてでも自分のしたい事に時間を使います。

INTJ

このタイプは無駄な時間を嫌い、「自分にとって重要」なことを行います。
興味を持つものがあれば自主的にどんどん学び自分のスキルアップにつなげていこうとします。彼らにとって時間を無駄に過ごすのはバカな人がする事です。

ENTJ

ENTJは、役に立たない事は全て却下するタイプです。彼らは効率を重視するので無駄なことにはイライラしてしまいます。このタイプは自分が決めた「大切なこと」のために行動し、スケジュールから遅れることを嫌います。
例えば彼らが休暇を取るときには、あらかじめ休暇明けの仕事を終わらせておきます。
ただこのタイプの人は大切な人と一緒に過ごす時間については「無駄である」とは思いません。

INTP

INTPは「無駄な時間」に自分の中で「時間を費やして」考え込んでしまいます。
このタイプは何時間でも葛藤してしまうので無駄なことをしているようにも見えます。
彼らは「より良くしなければ」と思い込み、自分を追い詰めてしまうため、そこから抜け出すことが難しくなります。

ENTP

ENTPは無駄を嫌い「有意義な時間」が好きです。一見、彼らは生産的なことをしていないように見えますが彼ら自身が何かを学習しているのであれば「有意義な時間」となります。
やりたい事を探し、自分や他人について多くを学ぼうとするのがENTPの特徴です。
スキルアップに時間を費やすのに時間がかかっても苦にはなりません。

ESTJ

このタイプは自分だけでなく他人が「時間を無駄にしている」のを見るすら嫌います。
ESTJは、常にトップにいるために懸命に働きます。効率良く物事を達成するのが最も重要です。また、「エネルギーを充電する」という点でリラックスする時間も大切にします。
もしこのタイプの人に「無駄な時間」を過ごすように言っても逆に難しいのかもしれません。

ISFJ

このタイプは時間を無駄にするのとても嫌います。なぜなら彼らが抱える課題が多いからです。彼らは「自分の大切な人を幸せにしたい」と懸命に働きます。
例えば、休暇明けの仕事を終わらせてから休暇に入るような、安心できる環境づくりを大切にします。

ESFJ

ESFJは「無駄な時間」=「罪悪」だと感じます。このタイプは「大切な人」に何かをしたいと思います。いつも頑張ろうとしますが、思うように仕事が進まないと途端に「無駄なことをしたのか」と不安を覚えます。
それでも「大切な人のため」に踏ん張って多くのものを抱え込んでしまいます。
結果オーバーワークになってしまい、行き詰まってしまうことも少なからずあります。

ISTP

楽しいことをしている時、ISTPは「有意義なことをしている」と思います。
このタイプは非常に刹那的で、誰かに「こうなってほしい」と言われてもその期待に応えません。このタイプの人は目の前にある楽しそうな事わ追求するためちょっと危ういようにも見えます。でも彼らにとっては他の人が言う「有意義なこと」に追われるよりも楽しい事をしていた方がマシなのです。

ESTP

ESTPはびっくりするほど自分にも他人にも時間の使い方について無頓着です。
彼らはのんびりすることを好み、「意味のあること」で予定を埋めなくてはいけないと思いません。やらなければいけないことを先延ばしにし、最後まで手付かずでほったらかしにしてしまうことさえあります。
このタイプの人はダラダラと時間を過ごしてしまうこともかなりあるでしょう。

ISFP

ISFPは何かに熱中することがありますが周りから見ると「意味のあること」をしているとは限りません。
散歩したり、友達とアウトドアを楽しんだりと無駄が多いように見えるかもしれませんが、仕事より周囲の人と楽しむ方が「意味がある」と考えます。

ESFP

ESFPの人は自分のしたいことをひたすら追求し、楽しむタイプなので、時間を浪費する事は気にしません。このタイプは仕事のような「意味のあること」で予定を埋めるよりも友達と楽しく過ごすようなことを優先します。
端から見れば、少し能天気に見えるかもしれませんがそんな事は気にしません。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。