MBTI

【MBTI】仲間からのプレッシャーと16タイプ

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

仲間からのプレッシャー
仲間からのプレッシャーに簡単に影響を受けてしまう人もいれば、全く影響を受けない人もいます。MBTI各性格タイプがどのようにプレッシャーを処理するかを次に示します。

ISTJ

ISTJは非常に独立心旺盛なので自分で全てを選択することを好みます。ですから、仲間からプレッシャーをかけられる立場になることを嫌いますが、時にはその犠牲になります。ISTJが職場の仲間からプレッシャーを感じている場合、いつものような成果を出せないかもしれません。ISTJは、自分たちの生活の中で人々を喜ばせるために最善を尽くし、仲間の中で信頼される一員になりたいと思っています。そんな真面目なISTJに対してあまりにも強いプレッシャーを与えると圧倒されて身動きが取れなくなるかもしれません。

ESTJ

ESTJが他の人からプレッシャーを受けることはほとんどありませんが、集団の中で重要な役割を果たしたいと考えています。ですから、誰かがプレッシャーを与えて物事を操作しようとしている時には、しばしば怒りを覚えます。しかし、場合によっては、ESTJは愛する人からのプレッシャーに屈する可能性があります。なぜなら、ESTJは、愛する人を信頼し、世話をするのが大好きだからです。ESTJは、自分たちの生活の中で愛する人達のために一生懸命働いているので、それに対して感謝して欲しいと思っています。

ISFJ

ISFJは、他の人を喜ばせたいという理由から、仲間のプレッシャーと戦います。ISFJは、愛する人々から最も大きなプレッシャーを感じ、強い気持ちを保とうとします。ISFJは、愛する人を幸せにしたいので、それを達成するために何でもするでしょう。ですから、特に恋愛関係では、プレッシャーを感じやすいでしょう。しかし、ISFJは道徳を大切にするので、特定の事柄にプレッシャーを感じると、自分の中で葛藤を引き起こすことがあります。

ESFJ

ESFJは、若いときに仲間からのプレッシャーを感じることがあり、それをやり過ごすのにとても苦労するでしょう。ESFJが他の人々に感動を与えたいと思う時、途方もない努力をするでしょう。また、ESFJが強い自己意識を持っていなければ、仲間からのプレッシャーの犠牲者となるかもしれません。ESFJは、他の人々を幸せにしたいと考えており、この気持ちを利用する人の標的となり、仲間からのプレッシャーを受けるかもしれません。ESFJの中には、年をとるにつれて、周囲の人が誰かにプレッシャーをかけていると不快になり過剰に反応する可能性があります。

ISTP

ISTPは、年齢を重ねるにつれて、仲間からのプレッシャーの犠牲になることはなくなります。ISTPは、他人から物事を強制されることを嫌うので、仲間からのプレッシャーを受けると怒りをあらわにするでしょう。ISTPは、自分自身で選択をしたいですし、同じように他人も自分自身で選択するべきだと考えています。また、ISTPはありのままの自分でいるために、周囲の人々を避けることがよくあります。ISTPは、信頼できる人にのみと時間を過ごしたいのでしょう。

ESTP

ESTPは、他人から好かれたいという気持ちが強いので、若いときは仲間からの期待に応えなければいけないというプレッシャーに苦しみます。特に、ESTPが好きな人を喜ばせたい場合には、失望させたくないというプレッシャーに苦労します。しかし、ESTPは、誰かに依存しないで独立している状態が好きなので、通常は年齢を重ねるにつれて成長します。ESTPも冒険を楽しみ、新しい可能性を探りたいと思っています。ですから、他の人がプレッシャーをかけてきても、それをはねのけて、新しいことに挑戦するようになるでしょう。

ISFP

ISFPは仲間からのプレッシャーを嫌うので、物事を強制されると非常に不機嫌になります。なぜなら、ISFPは、人生で自分自身で物事を選択をしたい、そして、ありのままの自分でいたいと感じているからです。ISFPは、若い頃は自分自身を確立するまでは、仲間からのプレッシャーに苦しむことがあります。しかし、ISFPが、強い自意識と確固たる道徳観の基盤を作り上げれば、仲間からのプレッシャーに屈することはなくなります。

ESFP

ESFPは、他の人に好かれたい気持ちがとても強いので、いつも仲間からのプレッシャーと格闘しています。ESFPは、他の人々を幸せにしたいと強く思っているので、他人からの期待を裏切りたくありません。人生を楽しく、前向きにしたいというESFPの欲求は、仲間からのプレッシャーとの戦いになるかもしれません。特に、ESFPは、愛する人からのプレッシャーを感じやすいようです。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。