MBTI

【MBTIタイプ別】恋愛における懸念事項【Sタイプ編】

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ESFPの場合

自発的に行動し、自由の下に熱狂するESFPは、スリリングで冒険に満ちた関係を切望します。そんなESFPが恐れているのは、恋人が自分の行動を何らかの手段で”抑制”しようとしてくることでしょう。

ESFPが求めているのは、一緒に冒険を楽しんでくれるような相手。ESFPは、安定を希求する落ち着いた相手には退屈してしまうでしょうし、理屈はこねるものの一向に行動には移らない相手とはいられません。外へと繰り出して、一緒に瞬間を楽しんでくれる相手が、ESFPにとっての理想なのです。

ESTPの場合

ESTPは、自由を愛するパーソナリティです。縛られることを嫌うESTPは、なかなか恋愛に本気になることができないでしょう。このESTPの踏ん切りがつきにくい性質は、恋愛においては過小評価される要因となり、相手にESTPへの不信感を植え付ける原因とります。

けれども、ESTPは恋愛によって縛られたくないのです。仮にESTPが相手に本気になったとしても、相手が自分を束縛しないかどうかが心配でたまりません。趣味、情熱、スリル。これらを奪われてしまえばESTPは、水を無くした魚になってしまうのです。

ISFPの場合

ISFPは、それが家族であれ、友情であれ、仕事上の付き合いであれ、全ての関係において「誠実であること」を強く求めます。恋愛関係も例外ではありません。それどころかISFPが「誠実さ」を特に求めるのが、恋人であるといえるでしょう。

強く誠実さを求めるISFPの一番の心配事は、恋人が自分に対して嘘をついてくることです。恋人の正体が、実はナルシストの嘘つきであり、自分はもしかすると騙されているのではないのかと、ISFPは不安に感じています。

ISTPの場合

ISTPは自由と自主性を尊び、スリルを求め、支配されることを望まない存在です。恋愛においても束縛されることは望まず、また落ち着いた関係に帰結することにもあまり興味を示さないため、あまり積極的に恋人を探すようなこともないでしょう。なので同じ趣味を持つ友人から、恋愛へと発展することが多いようです。

そんなISTPが望む関係は、同じ趣味を共有できる関係。一緒にツーリングができたり、一緒に釣りを楽しめたり、ハイキングにもついて来てくれるような恋人でしょう。束縛してくる人物や、ISTPの趣味を敬遠しているような相手とは、ISTPはソリが合いません。

ESFJの場合

ESFJの本質は「奉仕」という言葉に尽きます。相手に尽くし、相手に喜んでもらうことを、ESFJは自分の”喜び”としています。そんなESFJは優しさに溢れていますし、彼らのもとには多くの人が集まります。その中からは、恋愛に発展するような人物も現れるでしょう。

しかし、ESFJは恐れてもいます。自分の優しさが一方的に利用されてはいないだろうか、と。ESFJは善意から相手に尽くしているため、その善意を踏み躙られるような行いをされると、悲しさや怒りを覚えるのです。金品といった報酬までは望んでいないにしても、ESFJは奉仕へのお返しとして、心からの感謝の言葉を与えられることは望んでいます。

ESTJの場合

忠誠心と勤勉さ。この二つを併せ持つESTJは、愛する人のためなら何だって叶えてみせようと努力します。とはいえ、愛情だけでは人は生きていけません。やらなければならない仕事があり、納税の義務があったり等、生活の中には何かと義務が付き纏うものです。

ESTJが恐れているのは、仕事などの”義務”に振り回されて、愛する人々の優先順位が下がっていくことでしょう。仕事はしなければならないが、愛する人のために時間も割きたいし、けれども切羽詰まっている仕事があってその時間が作れない……――というような状況を、ESTJは恐れているのです。

ISFJの場合

温もりを重んじるISFJは恋愛において、一緒に居るとホッとできるような安心感を、相手に強く求めます。いつも変わらない態度でどっしりと構えているような、大樹のような安心感を求めているのです。

なので恋人が情緒不安定であったり、突然奇行に及んだりするような予測不能な人物である場合、その恋人はISFJの不安の種となるでしょう。また、いつも変わらないという安心感を求めるISFJは、唐突に「旅行へ行こう!」と提案してくるような人物も苦手としています。

ISTJの場合

非常にシャイであり、そして思慮深い人物であるISTJは、時に人生を大きく左右しかねない「恋愛」という物を非常に重く、真剣なものとして受け止めています。なので、なかなか一歩を踏み出すことができません。恋愛そのものが、ISTJにとって重大な懸念事項なのです。

心を開いて告白しても、相手に拒絶されてしまったら? 仮に付き合うことになって幸せな日々を掴むことが出来たとしても、ある日些細なことが原因でひどい喧嘩をしてしまい、最悪な最後を迎えてしまったら? ……恋愛に関するISTJの心配事は尽きません。不確実性と予測不可能な事態を嫌うISTJにとって、恋愛ほど大きな障壁も他にないのです。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。