MBTI

【MBTI】16タイプといたずらについて

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

面白いいたずらを自然に次々と思いつくタイプもいれば、いたずらなんて無意味でつまらないと感じるタイプもいます。MBTI性格タイプに基づいて、どんないたずらをするかを紹介します。

INFJ

INFJは、それほどいたずらっぽく見えることはありませんが、そんなことはありません。INFJは、ちょっと誰かを驚かしてみたいという衝動に駆られる時があります。もちろん、INFJのいたずらは、周囲の人々を楽しませようとして行われます。しかし、そのいたずらによるトラブルに巻き込まれることはそれ程気にしません。INFJは、周囲の人々に害を与えるつもりでは全くないのですが、時として周囲を困惑させます。

ENFJ

ENFJは親切で思いやりのあるタイプと見られていますが、いたずら好きな面もあります。ENFJのいたずらは、平凡で何事もない日々が続いていて、周囲の人々もそれを当たり前のように感じて過ごしている時に起こります。ENFJは、平凡な毎日に少し刺激を与えようとしていたずらを思いつきます。ENFJは、周囲の人々が幸せになるようないたずらを楽しんでいます。

INFP

INFPはトラブルは出来るだけ避けたいのですが、実はいたずら好きです。INFPは、あまりに長い時間退屈すると刺激を求めて、状況を変えるためにいたずらをするかもしれません。INFPは、誰かを傷つけたり、他の人がトラブルに巻き込まれたりするようないたずらをするのは好きではありません。ただ、INFPにはかなりの遊び心があるので、限界を超える方法を見つける方法の一つとしていたずらを楽しみます。

ENFP

ENFPは特に退屈したときに、いたずらをする傾向があります。ENFPは、物事が停滞すると、状況を一変させるためにいたずらをします。ENFPのいたずらは多くの場合、全く無害ですが、トラブルや不安を煽ったりすると場合には、一部の人が迷惑に感じるかもしれません。ENFPは停滞が嫌いで、もっと刺激的なものにするためにいたずらをします。

INTJ

INTJはいつも物事に集中して真面目に取り組む印象がありますが、時々いたずらをする可能性があります。INTJは、少しいたずらっぽく感じられる時があるのですが、親しく無い人の前での感情表現は苦手で、自分から積極的に親しくなろうとはせず、一定の距離を保とうとします。ですから、いたずらに多くの時間やエネルギーを浪費することは好みません。ただ、あまりにも退屈するといたずらをするかもしれませんが、自分の立場が危うくなるようなことはしません。

ENTJ

ENTJは、真面目な性格だと思われていますが、それは、ほんの一部でしかありません。ENTJは、多くの場合、様々な側面を持つ非常に複雑な人です。そんなENTJは、停滞した物事を少しだけ揺り動かしたいと思うとき、いたずらをします。ENTJは、自分自身や愛する人を傷つける可能性のあるいたずらはしません。限界を少しだけ超える方法を見つけたいだけなのです。ただし、ENTJの敵に対するいたずらは、少し問題を引き起こす可能性があります。

INTP

INTPは真面目で内向的な性格だと思われていますが、かなりの遊び心があります。INTPは、いたずら好きで、状況を変えることを楽しんでいます。INTPは、周囲の人々がどのようにいたずらに反応するのか、また、限界をどのように超えるのかを見るためにいたずらをします。INTPは自分自身の限界も同じように超えたいと願っています。INTPのいたずらは、何かを学ぶ良い機会となる場合もありますし、単純にいたずらを楽しむための場合もあります。

ENTP

ENTPは少しいたずらっぽいところがあります。ENTPは、停滞が嫌いで、物事を動かす方法を見つけたいと常に思っています。ENTPが退屈または行き詰まったと感じた場合、何らかのいたずらに参加して楽しもうとします。ENTPは、さまざまな理論を学び、考えることに多くの時間を費やしていますが、遊び心に溢れています。ENTPは、複雑なアイデアの学習と理解に強い関心を持っていますが、それと同じようにいたずらが大好きです。

ISTJ

ISTJはいたずら好きではありません。ISTJは、愛する人とやりがいのある経験を積むことを心から楽しんでいますが、問題をわざと起こすのは無意味に思えます。ISTJは、非常に真面目です。特定の方法で物事を行うことに常に集中しており、多くの場合、規則を破るのが好きではありません。これは、ISTJに面白味がないという意味ではなく、いたずらそのものに魅力を感じないのです。

ESTJ

ESTJはいたずらがそれほど好きではありません。ESTJが問題を起こす場合は、いたずらのためでなく、深刻な理由のためであることが多くあります。そんなESTJは、いたずらは子供っぽくて意味がなく感じられます。ESTJは、貴重な時間を使って素敵な生活をすることを望んでいます。ESタイプですから、いたずらのように目に見える報酬などの見返りのないものに時間を割く気にはなれません。

ISFJ

ISFJは、非常に面白い性格なのですが、いたずらはあまりしません。ISFJは、あらゆる種類のトラブルと不和を煽動することは無意味に思えます。ISFJは、物事を台無しにするのではなく、平和と調和がとれた環境を維持したいと願っています。いたずらは、ISFJが一生懸命に努力している調和を混乱させることを意味します。ですから、ISFJにとって、いたずらは、それほどやりがいのあるものではないように思われます。

ESFJ

ESFJは平和な暮らしが維持できるように、周囲の人々を助けたりして、一生懸命に努力しています。そんなESFJは、自分が生活する環境で調和を生み出すことが何よりも重要であり、それを乱されたくありません。このようにESFJは非常に責任があるのですが、時々いたずらをします。相手を傷つけたりするような意図は全くなく、ちょっとした遊び心のあるいたずらで周囲を和ませます。

ISTP

ISTPは、あまりにも退屈で、自分を行動的にするためにいたずらをすることがあります。ISTPは、いたずらをした結果がどうなるのかを知りたいだけなので、相手を困らせたり不快にさせるようないたずらはしません。ISTPは、今この瞬間を楽しむために、面白いアイデアを形にするために、より遊び心のある楽しい方法でいたずらを行います。

ESTP

ESTPは、いたずら好きな側面を持っている可能性があります。ESTPは、あまりにも長い間、物事が停滞して退屈すると、刺激が欲しくなって少しいたずらをします。ESTPは、いたずらの結果がどうなるのかを確認したり、状況を変えてみたいのです。そんなESTPは、相手を気付けないように配慮していたずらを大いに楽しみますが、トラブルメーカーになる可能性もあるので少し注意が必要です。

ISFP

ISFPはややいたずら好きな面を持っています。いたずらによって周囲の状況に変化をもたらすことを楽しんでいます。ISFPのいたずらは、悪意のある方法で行われることはほとんどありません。ISFPは、人々やアイデアとの繋がりに刺激を受けながら、自分自身や新しい視点を再発明したり実験したりして楽しみます。いたずらは、そんなISFPの好奇心を満たす方法のひとつとして行われます。

ESFP

ESFPは楽しくて親しみやすい性格です。そして、時にはいたずらをすることもあります。ESFPは、限界を超えることを楽しんでおり、常に新しいタイプの娯楽を求めています。時々ESFPは、物事を劇的に動かそうとして少しだけ厄介な方法でいたずらをします。ESFPは、状況が停滞することが嫌いです。また、長時間退屈するのを嫌うので、自分自身と周囲の人々を楽しませる方法のひとつとしていたずらをします

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。