MBTI

【16タイプ別】それぞれの性格の二面性について

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISTJ

ISTJはバランスを維持することに優れています。ですから、自分の内部的な二面性を上手に処理する方法を見つけます。ISTJは、非常に集中力があり、何事にも邪魔されることなく目標を達成します。他の性格タイプにおいては、自分の選択を疑ったり、感情と思考が混同されたりするかもしれません。しかし、ISTJは、自分が人生から望むものに向かう道を見つけるのが得意です。ISTJは、目標を理解し、達成するために恐れないようにする能力があります。時として、ISTJは、道徳的信念や効率性への欲求と闘うことがありますが、バランスを維持して葛藤を処理します。

ESTJ

ESTJは非常に熱心で真面目です。目標を達成するために一生懸命に働きます。誰もが自分自身の二面性を体験しますが、ESTJは二面性のバランスを保つことに優れています。ESTJは、より効率に物事を成し遂げることに集中しており、素晴らしい結果を引き寄せます。ESTJの二面性は、他のタイプの場合ほど問題ではありません。ESTJは人生においてが何が大切かを知っていて、そのために必要なことだけを集中して行います。

ISFJ

ISFJは二面性と戦っています。それはISFJが持つ周囲の人々の世話をしたいという願望に結びついています。ISFJは、周囲の人々にとって何が正しいのか、何を望んでいるのかを知って、それを叶えようと努力しています。ISFJは、周囲の人々を助けることに関心があり、相手の感情に注意を向けることに集中していますが、ISFJは、非常に実践的な気質を持っています。ですから、周囲の人々のために具体的にすべきことと、感情的に望むものの間で苦労します。

ESFJ

ESFJは非常に心優しい性格ですが、感情と思考の二面性に苦労しています。例えば、ESFJは、物事が実用的であることを望んでいるが、同時に愛する人を可能な限り助けたいと思っています。ESFJは、他の人々の感情を気にしますが、実用的な選択肢と対立する可能性もあります。ESFJが最も実用的な選択肢を発見したとしても、愛する人を怒らせるかもしれません。ESFJは、多くの場合、他の人の要求と現実的な決定との間で苦労します。

ISTP

ISTPは他の何よりも今この瞬間を楽しむことに重点を置いています。ですから、他の人が直面する二面性に注意を向ける必要がありません。ISTPは、自分を興奮させるものであれば何でも求め、その瞬間に生じる刺激を堪能します。いつでも、新鮮な体験をしたいと望んでおり、等身大の自分自身で人生を掴み取りたいと望んでいます。そのため、ISTPは自分の中の内部的な二面性に葛藤して時間を割くのは無駄だと感じるでしょう。

ESTP

ESTPの二面性は、論理的でありたいという欲望とは対照的な感情との関係に現れます。ESTPは実証的な事実と証拠に従い論理的に物事を解決すると同時に愛する人のために尽くしたいと思っています。ESTPは周囲の人々を喜ばせたいと思っていますが、時々この想いが葛藤を引き起こします。ESTPはこのような状況であってもバランスを見つけるために最善を尽くしますが、それはとても苦労します。

ISFP

ISFPは常に自分の心に従うことを重要視しているので、生活の中で二面性に苦労することはあまりありません。ISFPは、自分の感情の赴くままに現在の生活を送りたいと願っています。ISFPは、自分たちを疑うことに時間を費やしたり、集中したくありません。なぜなら、自分の感情を否定することは、ISFPが信じている人生を阻止するからです。ただし、ISFPは、他の人を喜ばせたいという欲求と、自分自身を喜ばせたいという欲求の間で二面性を感じることがあります。

ESFP

ESFPは、今この瞬間に生きることに集中し、自分たちの生活を楽しみたいという情熱に満ちています。ESFPは、自分自身を喜ばせるものを追い求めて、興奮を覚えます。ESFPは、何があろうと自分の心に従うため、二面性の葛藤が生じることは滅多にないでしょう。ですから、ESFPは、物事を過度に考え過ぎないことによって自分が望む道を自然に見つけられます。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。