MBTI

【16タイプ別】それぞれの性格と固定観念

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

MBTIそれぞれの性格タイプには、様々な固定観念があります。その中のいくつかは、確かに正しいのですが、全く間違っているものもあります。MBTIで多くの人々が信じている固定観念が間違いである理由を説明しました。

INFJの固定観念

超能力者のようで掴み所がない

間違っている理由

INFJには強力な直観力があり、普通の無視しがちな隠された事柄を暴き出し、神秘的な意味を解読する技術を持っています。INFJの直観は事実を収集し、無意識のうちに事実からの予測を結論付けます。そして、INFJ自身は、この直観が何処からきているのか理解していません。しかし、INFJが持つ直観は、独特で、感情を強く表現する事は苦手ですが、人の話を親身になって聞く最高の聞き役でもあります。INFJは相手の感情を理解して心から共感します。

ENFJの固定観念

とても感情的でお節介な人

間違っている理由

ENFJは非常に思いやりがあり、人助けが生きがいの人です。また、リーダーシップがあり、集団をまとめて目標を達成します。ただ、他人に同情しすぎる傾向があるので、他人の問題に深入りてしまいます。ですから、強引でお節介に感じる人もいるようです。しかし、ENFJは、自分の行動が他の人々にどのように影響するか冷静に分析して常に理解しています。ですから、他人の感情や気分を把握出来るだけでなく、自由自在にそれらを操ることも可能です。

INFPの固定観念

感受性が強く大人しい人

間違っている理由

INFPは論理よりも人の感情を重視します。敏感に相手の気持ちを感じ取って心から共感し、深く理解しようとします。確かに、人を支配したり威圧することは滅多にありません。ですから、無口で内気に見られる事があります。しかし、INFPは自分のなかに揺るぎない道徳に対する強い意識を持っています。そして、自分の理想や信念が脅かされると、すぐに周囲に合わせることを止めます。そして普段は考えられないぐらい激しく、自らの価値判断を訴えかける強さを秘めています。

ENFPの固定観念

いつも賑やかな社交家

間違っている理由

ENFPは、人づきあいが大好きで、誰かと一緒にいると元気になります。思いやりがあり、困っている人がいると助けたくなります。その一方で、想像力豊かで何よりもひらめきを重視しています。ですから、1人でゆっくり考える時間を必要としています。ENFPは、新しいアイデアを閃いて、それに関して考える1人の時間を仲間達と過ごす時間と同じように楽しんでいます。ENFPは、新しい可能性を学び、探求することを楽しんでいます。

INTJの固定観念

感情を失くしたロボット

間違っている理由

INTJは感情よりも論理を大切にしています。世界全体を理解したいと思っており、独自のアイデアや仕組みを考え、高い目標に向かって邁進します。また、社交的な会話は苦手で、一人でいる事を好みます。しかし、INTJは他人を気遣うことができますし、自分の感情も驚く程きちんと理解出来ます。INTJは、感情よりも論理を好みますが、それはINTJが感情を重視しないというだけで、感情を持っていないということではありません。

ENTJの固定観念

無情な怪物

間違っている理由

ENTJは、無情なほど合理的なことが多いのが特徴で、強い意欲や意志、切れ味の鋭い頭脳を活かして、どんな目標でも達成します。また、個人的な状況、感情、嗜好を非合理的で無関係なものとみなすので、冷酷だと思われがちです。しかし、ENTJは、他人から冷たく見られることを望んでいるわけではありません。また、自分が気にかけている仲間は一生懸命に守ろうとします。さらに、周囲の人から、冷酷で鈍感だと指摘された場合には素直に直そうとします。

INTPの固定観念

偏屈で付き合いにくい人

間違っている理由

INTPは、人との交流が苦手な傾向があります。自分が感じていることを伝えたり、世間話をするのは苦手です。時には、周りから敵対心や警戒感を持たれる場合があります。しかし、INTPは、自分がどのように見られているかを客観的に理解出来ています。もしも、INTPが社会的な交流を避けているのは、自分には必要ないと判断したからです。INTPは感情的なつながりを大切にします。特にINTPが気にかける人々に対しては非常に暖かくすることができます。INTPは、感情を簡単に表現するのは得意ではありませんが、豊かな感情を持っています。

ENTPの固定観念

せっかちで無節操な人

間違っている理由

ENTPは創意工夫に溢れていて、あらゆる可能性を検討します。自分の直観を信頼しており、アイデアを次々と現実のものにします。そんなENTPは、また生まれつきせっかちで、早口で話すので他人が口を挟めない事があります。話自体はうまいのですが、遠慮なく指摘するので無神経な人だと思われる事もあります。しかし、ENTPは、機転が利き、ユーモアのセンスがあるので、社交の場でも活躍します。人から好かれたいという欲求が強く、人の輪の中心にいると心地よく感じます。また、ENTPは、思いやりに溢れていてます。とても大きな器を持っていて愛する人に対しては非常に暖かい心で接します。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。