MBTI

ISFJと他タイプの相性や人間関係

ISFJの人間関係

ISFJは、周りの人の気持ちをしっかり理解することもできるサポータータイプで、周りの人がどのようなニーズを持っているか耳を傾けることが得意です。ISFJは人間関係に敏感であり、自分に携わっている人全員をサポートしたい、協力したいと思っているような世話焼きであることも少なくないでしょう。

ISFJが強い主張をすることはめったにないかもしれませんが、ISFJは周囲の世界を観察し自分に取り込んでいることが多いでしょう。ISFJは現実的なものに対して、忠実であり、個人の経験や価値観に基づいた見解を周りの人に共有します。

恋人や友達としてのISFJ

ISFJが恋人や友達である場合には、ISFJは寛大な心を持っており、親切かつ何かと協力してくれる相手であるでしょう。ISFJは愛する人に対しては忠実で、世話を焼きます。そして、家庭のことに関しては真剣で、問題点に対して迅速に対応できるために、観察力を持っています。

ISFJは伝統的な価値観を持っているために、伝統的なあるべき姿を反映した関係を築いた関係を結びたいと考えています。ISFJは通常慣習的な性別の役割を意識することが多いでしょう。

ISFJは人を助ける上では、自身の価値観よりも恋人や友達のニーズを優先する可能性があるでしょう。ISFJは恋人や友達が何をすべきかという自身の意見を持っていますが、強く要求することはないです。ISFJは根本的に調和を求めていることから、対立を避けます。

ISFJは愛する人に対して献身的であり、忠実であることから、相手に対しても同じような価値観を求めます。そのため、ISFJは他者に対する強い思いやりやその姿勢を評価する思慮深い恋人や友達を求めているでしょう。

両親としてのISFJ

両親としてのISFJは、基本的に献身的であり、伝統的価値観を持っており、責任感も強いです。ISFJはしっかりしており、愛情を注ぐのもうまいですが、子供たちに対しては強い倫理観や社会のルールを厳守するように育てます。

ISFJは子供を危険から守る側面では過保護とも捉えられるようなタイプで、しばしば子供の成長の機会を潰してしまうこともあるでしょう。ISFJは基本的に実用的で優しすぎるために、子供が求めているニーズに対して適切な反応することには優れています。

ISFJと他のタイプの相性

ISFJと相性のいいタイプ

ISFJと最も相性の良いタイプはINTP、ENTP、ESFJ、ISFJの4タイプになります。

これらの4タイプは、情報の捉え方や判断が異なることがあったとしても、根本的な価値観や考え方が結果として近くなります。関係を築いていく中で、最も親密な関係になる可能性が高いタイプと言えるでしょう。

ISFJであれば、ENTPが双対関係になる対極的なタイプですが、情報の捉え方も情報の判断も全く異なるので、ENTPとはすぐに仲良くなるのは難しく、距離を近づけるのに苦労すると考えられます。しかし、壁を越えることができれば相手から学ぶことが最も多く、かなり親密になるでしょう。

ISFJと場合による関係のタイプ

ISFJと場合による関係性になるタイプは、ENFP、INFP、ESTJ、ISTJの4タイプになります。

これらの4タイプは、ISFJが持っている思想や価値観は近いのですが、情報の捉え方や見え方などで根本的に少しずれている4タイプとなります。

共通点が多い分、すぐに仲良くなる可能性も高いですが、異なる価値観があるので、かなり親密になるには一つ壁があるでしょう。異なる価値観を魅力として受け取ることができれば、親密な関係にできるでしょう。

ISFJと補完関係

ISFJと補完関係にあるタイプは、ESTP、ISTP、ENFJ、INFJの4タイプになります。

これらの4タイプは、根本的な自身の考え方や思考、哲学的には反対の立場を取っていることが考えられるタイプになります。共通している部分も多少あり、一定の共通点があるために相手のことを理解する可能性を提示してくれる、自身の視野を広げるきっかけになるタイプといえるでしょう。

対立や衝突もよく起こるかもしれませんが、この4タイプの価値観を学ぶことで、他者理解のきっかけになるでしょう。

ISFJと対立的な関係

ISFJと対立的なタイプは、ESFP、ISFP、ENTJ、INTJの4タイプになります。

これらのタイプは、自身の価値観や思考に対して全くの対極的な立場を取っている可能性が高いタイプです。この4タイプは特にとっつきにくさを感じることでしょう。このような対立関係では、基本的に自分が苦手としている価値観なので、意見が合わないことも多いでしょう。これらの4タイプは、自分とは全く異なる価値観を持っているので、最も学ぶべき相手と言えるでしょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。