MBTI

【MBTI】16タイプ別の頭の使い方について

人間はみんな考え方に違いがあります。考えるときには誰しも必ず脳を使用します。
タイプ別に脳の使い方には違いがあることを研究者は発表しました。ここではその脳の使い方をそれぞれのタイプ別に見ていきましょう。

ISTJの頭の使い方

ISTJは左脳を46%、右脳を54%使用しています。学習した内容を簡単に思い出すことができます。
そのため、過去のことを振り返ることを楽しむことができます。

ESTJの頭の使い方

ESTJは左脳を53%、右脳を47%使用しています。ESTJは左脳を重視した考え方のため、聞く力や見る力などに優れています。
また、ESTJは物事を判断するときには確実な証拠を必要としています。

ISFJの頭の使い方

ISFJは、左脳を42%、右脳を58%使用します。ISFJは専門的分野に強い人が多いです。
記憶力にすぐれており、頭の中の記憶を素早く言葉で表現することが可能です。
ISFJは勉強をするときには見て覚えることができるようなタイプです。
ISTJと似たようなところがあるでしょう。

ESFJの頭の使い方

ESFJは、左脳を51%、右脳を49%使用します。ESFJは非常に効率よく行動を行います。
常に物事を始める際には計画を練り、結果を出すことができます。
効率をよく物事を進める反面、こだわりが強く周りから嫌な顔をされることがよくあります。そのへんは注意をしておいた方が良いでしょう。

ISTPの頭の使い方

ISTPは、左脳で58%、右脳を42%使用します。ISTPは難しいような問題を解くことが得意です。左脳には高度な問題を解く能力があります。また、危機管理能力も優れています。
たとえどんな状況においてもその場に適した判断ができます。

ISFPの頭の使い方

ISFPは、左脳で68%、右脳で32%を使用しています。
ISFPは、音を聞き分ける力が優れています。リスニングテストなどは得意でしょう。どんなに難しいイントネーションであったても正確に聞こえます。
聞く能力が優れている分嫌なことまで聞こえてしまうことがあります。嫌なことですがこれによりISFPは自分の発言にいつも注意をすることができます。どのような言葉遣いをすれば相手が傷つかないのか常に考えています。頭の中でしっかりと考えて入れたいるためいるため、発言には少し時間がかかりますが相手から信頼される場合が多いでしょう。

ESTPの頭の使い方

ESTPは左脳を45%、右脳を55%使用しています。ESTPは物事に対して常に準備をしておくことを大切にしています。事前に色々なことに対しての準備をすることができているため、何かあったときでも焦ることなどはなく、冷静に対応できます。
トラブルに対して完璧な対応が可能です。
しかし、事前準備をしすぎているあまり、静かに座っておかなければならない状況のときにはすこし、退屈してしまいます。もし、すこしでも背伸びなどができる状況であれば気持ちをリフレッシュできるのですると良いでしょう。

ESFPの頭の使い方

ESFPは、左脳を47%、右脳を53%使用します。ESTPと同じく、ESFPは物事に対して準備をしておくことを大切にします。危険な状況においても冷静に乗り切ることができるでしょう。
危険な状況のとき多くの人はパニックに陥ります。冷静な行動が可能はESTPはこの世界において貴重な存在と言えるでしょう。
言葉遣いもESTPと同じ気をつける傾向にあります。

INFPの頭の使い方

INFPは、左脳54%、右脳を46%使用します。
INFPは話を聞く能力に優れています。
人間は誰かが話をしているときに自分が話したくなった場合、遮って発言しがちですが、このタイプは違います。最後まで必要なことを聞き、状況を把握しようとします。
話を聞く天才と言っても過言ではないでしょう。

ENFPの頭の使い方

ENFPは左脳48%、右脳を52%使用します。
ENFPは他人からの評価を大切にしています。
評価によりその日1日の気分が変わることがあるくらいです。
また、ENFPは芸術に惹かれる傾向にあります。脳内が刺激されたと感じ行動が活発になります。
ENFPが集中するには苦労する可能性が高いです。行動前に少しでも練習をしないと長い時間集中することはできません。

INFJの頭の使い方

INFJは、左脳を48%、右脳を52%使用します。INFJは専門的分野についての行動をしているとき、やる気を一定の間保つことができます。他のタイプの人であればやる気はある時とない時の差が激しいでしょう。しかし、INFJはあまり先のことは考えていないため急激に落ち込んだりすることはないです。

ENFJの頭の使い方

ENFJは、左脳を65%、右脳を35%使用します。周りの人たちの行動を見て、計画を立ててトラブルを解決することが得意です。
ENFJはコミュニケーション能力が優れています。そのため、意思決定をする際には周りの人たちの意見をしっかりと聞くことができます。まとめ役に適任と言えるでしょう。

INTPの頭の使い方

INTPは、左脳が51%、右脳を49%使用していいます。
INTP他人の話にあまり耳を傾けません。人の話はほとんど関心がないのです。
そのため話を聞くときには他の人たちよりも細心の注意を払わなければなりません。そうしなければ全く違ったような行動をとり周りからは協調性のない人だと思われます。

ENTPの頭の使い方

ENTPは、左脳で49%、右脳で51%を使用します。ENTPは他の人たちと比べると素晴らしい速さで物事を理解していきます。そして驚きの結果を出すことがよくあります。普通の人であれば質問されたときすぐに答えることができないものであってもENTPは素早く答えれる可能性があります。
脳内の記憶を呼び戻すスピードも人より優れているのです。

INTJの頭の使い方

INTJは、左脳で47%、右脳で53%を使用します。INTJはさまざまな問題に対して適切な回答をすることができます。
そして解決したら凄く幸せな気持ちになります。これがINTJの生きがいといっても過言ではないくらいです。もしも、途中で問題を考えることをやめさせたら精神的におかしくなりそうなことがあります。一人で真剣に考える時間を作るようにしましょう。

ENTJの頭の使い方

ENTJは、左脳63%、右脳を37%を使用します。ENTJ物事に対して効率よく動き、努力をすることが得意です。考える時には左脳をよく使う傾向にあります。意思決定を行う際にはENTJは証拠を重要視します。
物事をまとめたいときには図や表を書く場合が多いです。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。