MBTI

【16タイプ】それぞれの性格タイプと遠距離の関係

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

遠距離で良い関係を続けていくにはどうしたら良いのでしょうか?
距離があることとでコミュニケーションがうまく取れないこともあったり、難しい問題が起きがちだと思います。
遠距離から生まれてしまうファンていな要素などをどのように乗り越えていくことができるのでしょうか?
それぞれのタイプによって考え方も行動も違ってきます。
タイプ別の行動や思いを見ていきましょう。

INFJ

数あるタイプの中でも、遠距離の関係を上手に築いていくことができます。
常に愛する人のそばにいなくてはならないという思いはないので、遠くにいても相手を想う気持ちを持っていられます。
精神的な部分でしっかりと繋がっていれば、長い時間だったり距離が離れてしまっていても問題はありませんね。
そばにいなくては続いていかない関係を結ぶのではなく、精神的な深い部分で繋がることができる人と一緒に生きていこうと思うのです。
遠距離はただ物理的なものでしかないので、本当に大事なものは、距離や時間ではなくお互いの心のつながりになります。

ENFJ

遠距離でも上手に対応のできる人です。
良い関係を築こうと努力もし、その方法もよく考えています。
遠距離恋愛でもお互いの心が離れることがないように、いつもアクションを起こすのです。
気遣いや優しさだけが遠距離の関係をうまく保つことではないと考えています。
時には喧嘩をしたり、お互いのことをよりわかり合うためのアクションが必要になると思っています。
遠距離であっても、会いにいくことを大事にしていて、その情熱が関係をよりよく続けていく方法だと思っています。

INFP

実際に近くにいる時よりの、遠距離の方が良い関係を築くことがあるかもしれません。
近場で簡単に作れる恋人よりも、距離があり離れていても心が繋がっている恋人の方が良い関係と思うのです。
遠方であっても自分が大事に思う人であれば関係はしっかりとしたものになっていくのです。
自分で見つけた相手と関係を大事にして、お互いのプライバシーを大事にしています。
同じ場所に住む続けることだけが全てではないのです。
相手との未来を常に思い描いて暮らしている人です。

ENFP

愛こそが全てと持って生きています。
自分と深い部分で理解し合え、支え合える人を探しています。
運命と感じるような出会いがあった時には、たとえ遠距離恋愛になってしまっても距離は関係ないと思っています。
大事なことはお互いの間にある距離ではなく思いだからです。
距離が恋人との関係を邪魔をすることはありませんが、刺激がなくなってしまうとつまらなさを感じてしまうかもしれませんね。
新しい刺激を求めて、次のステップに進んでいくのです。

INTJ

自分だけの恋の形や、生き方を求めています。
自分の時間は自分だけのものにしたいので、常に恋人が自分のそばにいなくてはいけのと思っていません。
その必要は感じていません。
逆に将来一緒にすごいしたいと思っているので、遠距離でどの程度、心のつながりを持つことができるのか考えているかもしれません。
遠距離で心が離れずに一緒に過ごせるのかを見極めることで、この先の人生のパートナーになれるかを考えているようですね。
一時的な楽しい関係を近くで持つことよりも、離れていても確かな関係を築きたいと思っています。

INTP

いつでも一緒にいる関係を楽しんでいる部分があるのですが、本心は遠く離れていても続けることができる関係を望んでいます。
近くにいて、手軽に関係を築いていくよりも、離れていても誠実な関係を築いていきたいと思っています。
もしかすると離れることでお互いの関係を強いものにしたいと思い、距離を持ったりすることがあるかもしれません。
細かな未来への計画を立てることよりも、現在の状況から未来を感じ取りたいと思ってます。

ENTP

深い関係ができていれば距離が遠い、近いということが問題でないと思っています。
精神的に離れているこてゃできるのですが、手を繋いだり実際に顔を見たりという接触ができないことは不安の材料になるかもしれません。
これを早く解消しないと、遠距離別れの理由になりかねません。
会うことは距離のある恋人たちにとって、とても意味のあることなので時間が許す限り会うことが大事になります。

 

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。