MBTI

【MBTI】精神的な自立をしている性格タイプ

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

他人に依存していても気にしない人もいますが、非常に自立している人もいます。性格タイプに応じて、あなたがどれだけ自立しているかみていきましょう。

INFJ

INFJは間違いなく自立し独立した人であり、自分のことは自分でしようと努めています。しかしまた、他人のニーズを優先順位のリストに載せる傾向があり、他人を気遣い、人々の幸せな姿を見たいと思っています。INFJは多くの場合、自分の世話を他人に依存せず、独立している感覚を維持するために一生懸命努力します。他人に負担をかけたくないので、INFJは多くの場合、自分自身だけに頼るために懸命に働きます。ときどき、頼りにできる人を見つけるかもしれませんが、その人に負担をかけないように頑張ってしまいます。

ENFJ

ENFJは非常に自立した人であり、自分で物事を成し遂げることを好みます。他人に頼るのは好きではなく、助けを求めなければならないときはしばしば負担をかけてしまうように感じます。ENFJは、自分自身のニーズだけでなく、周囲のすべての人のニーズも気にしてしまう傾向がよくありますし、周りの人たちがENFJを頼りにして安心し、愛する人を深く気遣うことを望んでいます。ENFJは勤勉であり、生活の中で他人に頼ることはめったにありません。また単に自立した感覚を持つことを好み、常に自分自身の限界を超えようとしているのです。

INFP

INFPは間違いなく自主性を持つことを楽しんでいますが、他人に物事を頼ることも気にしません。INFPが誰かを信頼するとき、その人と親しくなれることを楽しむことに加え、自分の人生の中に頼れる人がいて、その人も自分を頼ってくれるという考えを気に入っています。ただINFPはすべてを他人に依存することは望んでおらず、自分のニーズに対応できるように努めてもいます。しかし自分の心が想像と思考でいっぱいで、自分のニーズを気にするのを忘れている時があるかもしれません。このような時に自分自身を気遣うことを忘れないように、支えてくれる愛する人がいることはINFPにとって助けになるのです。

ENFP

ENFPは非常に独立した人であり、物事を自分で処理できることを楽しんでいます。間違いなく自立できる人になることを目指しており、それは自分のことができるということに価値を置く人でもあります。自分の周りの可能性を探求することを好むので、人生の自由を楽しみます。また他人へ負担をかけるのを嫌い、甘やかされたくもありません。ただ誰かを信頼する瞬間があるので、その人に物事を頼りにするのはENFPにとって助けになります。ENFPは他者に依存しても安全だと感じる場合もありますが、自立しようと努めているのです。

INTJ

INTJは非常に独立した自立した人であり、自ら行動することに努めています。INTJは物事を他人に依存することを好むのではなく、自分自身のニーズを処理することを好みます。INTJは時々他人を信頼するのに苦労し、自分で物事をやりたいという精神を持っています。多くの時間を費やして自分自身の行動を考えるため、自身を頼ることを好むのです。信頼できず、非生産的であるかもしれないことを理解しているので、他人に依存したくはありません。それは少数の特別な人を信用しないという意味ではなく、物事を依存することを始めたくないだけなのです。

ENTJ

ENTJは、何よりも効率を重視する勤勉な人です。ENTJは非常に自立しており、ほとんどの場合他人に依存することを嫌います。ENTJは、物事を特定の方法で行うことを好み、これを行うには、物事を自分で行う必要があることを認識しています。多くの場合、他人は期待に応えられないので、他人に頼らなければならないとき、ENTJはイライラするかもしれません。ENTJは間違いなく独立することを好み、他人に仕事を任せる必要はないのです。

INTP

INTPは間違いなく独立した人であり、他者に依存するという考えを楽しんでいません。INTPは自立することを望んでいますが、他人に依存している瞬間もあります。これは通常、INTPが自身の内面の思考に焦点を合わせており、自分自身のニーズがおざなりになっている場合にのみ起こります。しばしば自分の考えに気を取られているので、自分のニーズを気にかけてくれている周りの人たちでさえ完全に認識していないかもしれません。INTPは自立することを好みますが、他者に依存する場合もあります。

ENTP

ENTPは間違いなく自立した人であり、他者に依存しなければならないことを嫌います。ENTPは単に自由を楽しんでいるだけなので、他人に頼らなければならないということはすなわち自由が奪われるということになるでしょう。自分たちの可能性を探り、一所にとどまっているのが嫌だと思っています。ENTPは他人に制御されることを好んでいないため、他人に依存しなければならない場合にはうちひしがれてしまうかもしれません。ENTPは自由の感覚を保つことを好み、ほとんどのことを自分で行うことが気になりません。

 

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。