MBTI

【MBTI】Se-TeループとESFPについて、それぞれの補助機能はどう作用する?

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

Se-Teループの意味と解決方法

全ての性格タイプは補助機能の使用がうまくいかない場合に補助機能と対立する第三機能を代わりに用いる事で解決しようとします。主機能と第三機能のループは無限に続くので抜け出すのは難しくなります。

Se-Teループのメカニズム

外向的な性格タイプの場合、このループに入ると補助機能が持つ内向的な機能が働かなくなってしまいます。そして、外向的な機能のみに集中します。しかし、これは、それ程悪いことでもありません。いつもはあまり使わない第三機能を無理やり使うことで、直面している課題をとりあえず解決出来るようになるからです。確かに、それは、ESFPが抱えている問題を個々に処理するのに役立ちますが、この期間が長すぎると、不健全になる可能性があります。なぜなら、ESFPがこのループに長い間入って抜け出せなくなると、過度のストレスがかかり、感情的および精神的に疲れ果ててしまうからです。そうなる前に、このようなループから抜け出すことが必要です。

Se-Teループに入るとどうなるか

ESFPがループに入っているときは、内向的機能の使用を無視して、外向的機能のみに焦点を当てます。ESFPは、このループ内にいるとき、外向的感覚と外向的思考を使用します。通常、補助機能である内向感情は、自分の中核となる価値観と経験している感情を大切にしています。感性豊かで、自分の様々な感情の機微を理解するのに役立ちます。これらの補助機能は、自分と外の世界を繋ぐ上で大事な働きをしていなす。しかし、Se-Teループに入ってしまうと、補助機能は脇に置かれます。すると、ESFPの行動は、通常とは大きく異なるようになります。そのため、ESFP本人や周囲の人々にとってかなりストレスになる可能性があります。

補助機能の役割

ESFPは通常、補助機能として内向的感情を利用します。これは、ESFPにとって何が正しくて何が間違っているのかを判断するのに役立ちます。内向的感情は、ESFP自身の内面の感情を評価して、強い自己感覚を与えます。

例えば、ESFPは行動を起こすことで、今この瞬間を生きていると実感するのが好きですが、内向的感情は、自分の選択が心の奥深くにある信念と一致するかどうかを判断するのに役立ちます。ESFPは、現在に焦点を絞って、正しいと感じていることに基づいて行動を起こすことを好むため、無謀なことをする可能性があります。

そんな時に、内向的感情は、ESFPの瞬間的な決定を検討するのに役立ちます。ESFPは、刺激や興奮に基づいて行動を起こす一方で、自分の道徳的観念と信念に基づいた正しいことをしたいと思っています。ですから、内向的感情はESFPにとって重要です。なぜなら、内向的感情は、ESFPが人生で長い時間をかけて道徳的な感覚を身につける上で、大きな助けになるからです。そして、最も大切なものは何かを気付かせてくれます。

しかし、ESFPは、自分が感じたことを心の中の世界で完結させるのではなく、開放的になり、表現したいと考えます。ESFPは物事が停滞したり強制されるのは好きではありません。それよりも、情熱的で興奮に満ちた毎日を送りたいと考えています。そんなESTPにとって、内向的感情は、ESFPが正しい方向に進んでいることを常に確認して、発生する可能性がある間違いを気付かせてくれます。自分の感覚に従って、様々な挑戦をするのは素敵なことですが、トラブルに巻き込まれる可能性もあります。しかし、ESFPの内なる道徳に対する感情は、危機的な状況を回避してくれます。ESFPは補助機能である内向的感情を使用することで、周囲の人々に配慮し、傷つけないようにしているといえます。

Se-TeループでESFPが苦労すること

ESFPがSe-Teループで立ち往生すると、行動を起こすことに集中して、かなり視野が狭くなる可能性があります。ESFPは、自分の行動によってもたらされる影響を考慮せずに、次々に行動しようとします。通常では、補助機能である内向的感情は、ESFPの選択肢に関してもう少し検討させるのに役立ちます。

もし、補助機能を使わなければ、ESFPにとって、最も重要なことを忘れ、道徳的な側面から選択肢を検討するのにとても苦労するでしょう。なぜなら、ESFPは、計画と実行に集中するあまり、周囲の人々にどのような影響を与えるのかをあまり気にしないからです。そして、Se-Teループに入ると、最も論理的であると思われるものに焦点を合わせます。

つまり、情報のみに集中し、周囲の状況を広く見渡すことが出来なくなります。攻撃的で、何があっても物事を成し遂げようと強引になります。しかし、これはいつのESFPではありません。ESFPは、確かに目標を達成したいとは思っていますが、それ程積極的ではありません。Se-Teループは、ESFPの道徳的な感覚を見失わせて、細かい事実にのみ焦点を合わせようとしています。

ESFPループを回避する方法

ESFPは、極端なストレスがかかっている場合、または大きな変化が発生した場合に、このループに入る可能性があります。このループに入ったとしても、最初は問題ありませんが、しばらくすると、このループはESFP本人と周囲の人々を疲弊させる可能性があります。

ESFPのSe-Teループを回避する最良の方法は、内向的な機能に集中することです。ESFPに焦点を当てる最も重要な機能は、内向的感情です。この内向的感情は、ESFPが普段は無意識に使っていますが、自らを顧みて、気分を落ち着かせるために、時間を費やす必要があります。例えば、本を読むこと、一人で音楽を聴くこと、または自然の中で平和な場所に行くと良いでしょう。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。