MBTI

【MBTI診断】ISFP型の性格・特徴を解説!ISFP型のキャラや有名人、恋愛や相性は?

MBTI診断とは

MBTIテストとは、性格を16種類に分類するような性格診断テストです。
4つの対照的な性格に基づいて、あなたの特性を導き出すような診断テストになっています。

MBTI診断は16Personalitiesというサイトや辛口性格診断16というサイトなどで、無料で診断することができます。
今回はそのMBTI診断の中でもISFP型の特徴を紹介していきます。

ISFP型の特徴

– 自分の中にある価値観を大事にしている
– 一人でいる時間が必要
– 共感性が高く、思いやりがある
– 人のことを信じ平和を願っている
– 繊細で喜怒哀楽が激しい
– 束縛やルールが苦手

ISFP型は、美しいと感じるもの、美味しいと感じるものといった感じに自身の五感に基づいた価値観を大切にしています。何かを判断する際には、理屈ではなく人がどう思うかなど、思いやりに溢れていることが特徴の1つと言えるでしょう。

ISFP型の最も特徴的なのが、繊細で喜怒哀楽が激しい点で、人の目を気にしすぎて人疲れしてしまうことがあるでしょう。思いやりがあり、本人が原因でトラブルを起こすことなどは少ないですが、少し神経質なところが目立つでしょう。

「感じる」ことに特化しているISFP型ですが、多くの芸術家がこのタイプに属していると言われており、手先の器用さと感受性の鋭さが加わり、芸能関係にセンスがあることが多いです。
多く人と付き合うタイプではなく、狭く深くというタイプです。付き合う人のタイプは、自分の価値観を受け入れてくれることが大切です。

性格としては、控えめで優しいタイプではありますが、束縛やルールなどが苦手なタイプです。
基本的には今この瞬間を大事にしたいと感じているので、計画性がなく、整理整頓が苦手なところが目立ちます。一方で、向上心はあるので、物事を深く突き詰めるのは得意です。

ISFP型は平和主義者なので、人間関係でトラブルを起こすことはレアだと言えるでしょう。
自分のことより他人のことを優先したりするなど、気を使いすぎる側面もあります。
結果として気疲れしてしまう点があるので、注意が必要です。

職人気質としてのISFP型

ISFP型は職人気質に属しています。
この職人気質は、柔軟に物事に対応できる反面、衝動的に物事を始めてしまいます。
何故ならば、何か大きな目的があり行動に移しているわけではなく、職人気質の人にとって今やりたいと思っているからやる、自分がやりたいと感じているからやるといった判断をします。
やると決めたことは、自分のしたいことだからこそ、とことん熱中して打ち込む特性があります。

その一方で、計画性は薄い傾向があります。今を生きるタイプですので、貯蓄というより今に投資する訳ですが、そういった計画性のなさが、時々トラブルを引き起こしたり、自分の首を苦しめることもあります。

そして職人気質に属している人は、目的意識というよりやりたいからやる、という意味で物事に取り組むため、取り組んだ物事に対しては大変タフです。良い意味でも悪い意味でもマイペースということです。マイペースですので、目標達成できなかった場合に、ひどく落ち込むこともないので、それはそれで注意が必要です。

職人気質タイプは、自由奔放なので、ルールや束縛をひどく嫌います。そういった自身の行動を制限されるシーンでは、気が滅入ってしまい、刺激を求めて突飛な行動に出てしまうことがあり、周りを困らせてしまうことがあるでしょう。

ISFP型の割合

ISFP型は世界統計では5~6%と、少しだけ少ない傾向にあります。
国内でも5〜6%と同水準にあります。

ISFP型と予想されるキャラや有名人

– マイケルジャクソン(アーティスト)
– モーツァルト(アーティスト)
– パブロ・ピカソ(アーティスト)
– チョッパー(ONEPIECE)
– リンク(ゼルダの伝説)
– ハリーポッター(ハリーポッター)

ISFP型の適職、オススメの仕事

– 人を楽しませたり、美的センスを問われるような仕事
芸能人、映画監督、写真家、アニメーター、イラストレーター、アーティスト、スタイリスト、カメラマン、俳優、ファッションバイヤーなど
– 共感性を求められるようなや、具体的で直接的に価値を感じられる仕事
生物学者、地質学者、動物学者、介護福祉士、看護師、ソーシャルワーカー、ベビーシッター、薬剤師、保育士、教師、社会福祉士など
– 競争があまりないギラギラとしていない仕事
受付、秘書、添乗員、小売、接客業、ウエディングプランナーなど

ISFP型の恋愛

ISFP型は、感情を敏感に感じ取ることができるタイプで、実は恋愛の主導権を握っている、恋愛上手なタイプでしょう。思いやりもあり、モテる人が多いです。
一方で、優柔不断なところがあるので、結婚や交際開始などのシーンではうまく踏み込めないことがあるでしょう。

ISFP型と相性のいい型、ENTP型

ISFP型と相性のいいタイプはENTP型でしょう。
ISFP型はENTP型のエネルギッシュで抜けてそうなのにしっかりと考えているところに惹かれるでしょう。一方ENTP型はISFP型の繊細でセンスのあるところに一目置いており、惹かれ合うでしょう。

ISFP型と相性の悪い型、ENTJ型

ISFP型と最も相性の悪い型は、ENTJ型と言えるでしょう。
全ての価値観が真反対であることから、初めは良いなと言う点でも長く付き合ううちに、徐々に価値観の違いが原因でヒビが入っていく傾向があるでしょう。
根本的に、計画的なENTJ型と、その場を生きるタイプのISFP型はお互いを理解できないところがあります。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。